社会生活

日記を続けるコツは気の向くままが正解!もっと楽しく書こう

投稿日:

友達

日記を書くといいことがいっぱいあります。日記を続けるコツは、楽々と楽しく書ける仕掛けをつくること。

お気に入り文具を見つけるヒントから、5年前から日記を書き続けている、筆者の楽ちん事例までをご紹介しましょう。

文具は気に入ったものを使おう

文房具売り場に行けば、さまざまな日記帳や筆記用具が販売されています。種類が多すぎて、どれにしようか迷うほどです。

ここでは、楽しく気軽に書き続けられることを第一基準に、筆者の独断的チョイスをご紹介します。

ノートは何でもOK

お気に入りのノートが一番

日記を書くノートは、なんでも構いません。高価だったり人気の商品だったりしても、あなたが気に入らなければ却下です。

100円均一や無印などのお手頃な価格のものにも、使いやすいものやデザインの良いものがたくさんあるようです。

また、日記帳である必要もなくて、お仕着せの日付入りのものより無地のノートのほうが、「毎日書かなければ」というプレッシャーから解放され、気ままに使えるでしょう。

目と手になじむものがおすすめ

選ぶポイントは、記入のしやすさとめくりやすさ、そしてあなたの好み。

筆者は、昔から罫線の入ったノートが好きではなく、無地のものやクロッキー用のスケッチブックなどを愛用していました。この数年はドットのものも気に入っています。

装丁はゴツゴツしたハードカバーより、手になじみやすいソフトカバーのほうが、気軽に書き込んで読み返すには向いているように思います。

連用日記で楽しさ倍増

日記が半年以上続いたら、連用日記に挑戦するのもよいかもしれません。手頃な3年日記くらいから始めてみてはどうでしょうか?読み返しの楽しさをもっと味わいたいなら、連用日記がイチオシです。

筆者もかつては、自作の5年日記を付けていたことがあります。利用をやめた理由は、読み返すとおもしろくなって、時間を忘れて読みふけってしまうから。

日記を書いている途中に過去のログが目に入って、書くのを忘れて読み返しを始めてしまうこともあり、日記に取られる時間が増えてしまったためです。つまり、そのくらい連用日記は楽しめるということです。

筆記用具はサラサラと書けるものを

万年筆は上級者向け

日記には万年筆を使うという人もおられます。お気に入りのモノがあればもちろんそれを使うのが一番ですが、日記のために購入するのはあまりおすすめできません。

万年筆は重いうえ、インクのにじみや裏写りなどが心配で、扱いづらいからです。日記には、軽くてサラサラ書けるボールペンがおすすめです。

ボールペンから始めよう

インクの色も豊富で、筆者は味気ない黒ではなく、ダークなグリーンやブルー、セピアなどの、色合いにニュアンスがあるものを使用しています。あなたも、お好みの色を見つけてみてはいかがでしょうか?

クリップタイプの日記帳に止めておけるものなら、日記帳を取り出せばすぐに書き始められ、日記の習慣化に一役買ってくれます。

日記は毎日書かなくてもOK!

筆者は現在、日報形式と自由記述形式の2本立てスタイルで日記を書いています。

一冊にまとめなければならないとか、毎日書かなければならないとか、日記にそんな決まりはありません。

日記のスタイルは自由自在

日報形式は、無印のバーチカルノートに、今日1日にやったことや、これからやりたいこと、その日の体調などを、わりと事務的に書き込みます。一息入れるときなど、気ままなタイミングで書いています。

衣替えの予定や買い物リストといった、主婦的なタスクなども記入しているので、単なるスケジュール帳のようにも見えますが、一番の目的はログ取り。「これからどうするのか」を考えるためのネタ帳として重宝しています。

毎日のノルマにしない

自由記述形式はドットグリッドタイプで日付の入っていない、手帳サイズのノートを使っています。毎日のノルマにはせずに書きたい時にだけ、夜寝る前に書いています。

内容は、オブラートなしで直球のホンネや思いつきなど、暴走するに任せて書いていて、とても人様に見せられるものではありません。

もっと気軽に始めたいなら

これから日記を書いてみようかと思われる方は、

  1. 思いつく都度、手帳にメモしておく
  2. 週末に読み返して、別のノートにまとめる

という2ステップ形式はどうでしょうか?これなら書くことの敷居が低いうえ、書いたものを読み返すことまでを、自動的に連動させることができます。

コツは、1ステップ目のメモ書きを億劫にしないこと。ポケットに入るミニサイズの手帳に筆記用具をくっつけておき、気が向いたときにいつでも取り出せるようにしておくことです。

記録さえ残っていれば、読み返してまとめることはいつでもできますから、気楽にスタートしてみてください。

日記は気の置けない友達のようなもの

日記は人に見せるものではありません。ありのままのあなたをそのまま書けばいいのです。形式も自由自在、何を書こうが、どのように書こうが、途中で休もうが、日記は咎め立てたりしません。

あなたを丸ごと受け入れてくれる気の置けない友達のような存在、それが日記なのです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【継続】です。

昔、英語のラジオ講座で講師が「継続は力なり」と語っていました。これを「毎日続けなければ意味がない」と誤解した40年前の筆者は、早々に離脱。

今は「やめてしまわなければOK、いつでも戻っておいで」ということだと理解しています。

※今日はボタモチ1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

熟年離婚を妻から切り出す理由 夫はそれを理解できない

熟年離婚を切り出すのはほとんどが妻で、夫は寝耳に水というのがよくあるパターンだそうです。また、妻が離婚を決意した理由は、夫のギャンブルや浮気などの分かりやすいものであることは少なく、夫側はますます理解 …

お彼岸のタブーって?お祝い事やお見舞い、引越しは大丈夫?

お彼岸は、お墓参りなどご先祖さまの供養をする時期とされています。ところでお彼岸には、してはいけないコトや、しないほうがいいコトはあるのでしょうか? 今回は、お彼岸にタブーとされることはあるのか?お祝い …

高齢の親が心配!悪徳商法・押し買い被害からどうやって守る?

押し買いというものをご存知でしょうか?押し売りではありません。貴金属が高騰したころから増えている押し買い。実はとっても身近な犯罪なのです。 最初はリサイクル業者の顔を装っていますが、途中から「貴金属を …

30代で終活なんて…もっとほかにやるべきことがあるのでは?

仕事で日々高齢者と関わっていることから、終活についての相談を受けることがよくありますが、なんと30代・独身で終活をしているという人たちが結構いるそうです(就活の間違いではありません)。 30代なんて、 …

こどもの日にしたいことは何? 遊ぶだけではもったいない

こどもの日といえば鯉のぼり。最近は面倒だから揚げないというご家庭が増えていますが、田舎へ行けば、晴れ渡った青空を背景に悠々と泳ぐ大きな鯉のぼりを見ることができます。 それを眺めながらつい口ずさむのが、 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら