健康生活

おしりのあせもを治すには?大人におすすめ市販薬と予防対策

投稿日:

桃

暑くなると大人でもあせもになることが結構あります。

首や肘・膝の裏側のほか、下着が密着する胸元や腰周りなどの部位によく発生しますが、実はおしりにもあせもができがちなのです。

おしりのあせもは、できれば病院に行かずに治したいもの。今回は大人のおしりにできたあせもの治し方や、おすすめの市販薬と予防対策についてです。

おしりのあせもを治すには?

あせもの原因とは

あせもは、汗の通り道が塞がって汗が皮膚の表面に出られなくなることで起こります。あせもは、この皮膚の内側に溜まった汗が、水疱になったものなのです。

汗が溜まりやすかったり、かいた汗が乾きにくかったりすると、汗が皮膚の内側にとどまってしまいがちになります。

あせもを治す方法

あせもを治すには、汗をすばやく取り除き、皮膚を蒸れさせないようにすることと、汗の通り道を開くことが大切です。

お風呂で汗を出す

暑い時期のお風呂は汗をかくからと、シャワーや水風呂で済ませるのはよくありません。

ぬるめのお湯に15分くらい浸かって、じっくりカラダの奥まで温めて汗をしっかりと流しましょう。汗腺の通りがよくなって、汗とともに、皮膚の奥に溜まった炎症も押し流されます。

このとき、お湯にあら塩を入れると、温浴効果が高まってさらに効果的です。

こまめに汗を取り除く

日中の対策は、汗をこまめに取り除くことです。

汗でぬれた下着を取り替えることができればベストですが、職場では難しいと思います。お手洗いの度に、おしりの汗を拭き取ることをおすすめします。

ウエットタイプの汗拭きシートを使用し、すぐにお尻をしまわずにしばらく乾かしてから、お手洗いを出ましょう。

このときに使用する汗ふきシートは、成分の優しいものを選ぶことが大切。あせも専用の汗拭きシートも販売されています。

 

おしりのあせもで大人におすすめの市販薬

ドラッグストアに行くと、あせも治療薬の特設コーナーが設けられています。あせもでお悩みの方がたくさんおられるということですね、あせもの薬には、

  • かゆみを抑える作用
  • 炎症を鎮める作用

この2つの働きがあり、かゆみを抑える成分としては、抗ヒスタミン剤や鎮痒剤、局所麻酔剤が処方されています。

炎症を鎮める成分としては、皮膚科では、ステロイド系(ロコイド・キンダベート・リンデロンなど)か、非ステロイド系(コンベック・アズノールなど)が処方されます。

市販のあせも薬でも、ステロイド系のものが販売されていて、手軽に手に入れることができます。こじらせる前に適切な薬を選んで早めに手当すれば、病院に行かずに治すことができるので、ドラッグストアの薬剤師さんに相談してみてはいかがでしょうか?

ステロイド系以外のおすすめ市販薬は、ポリベビーです。赤ちゃん用のお薬ですが、大人も使え、デリケートゾーンにも安心です。

かゆみを鎮める抗ヒスタミン剤のジフェンヒドラミンと、細菌の感染を防ぐ殺菌剤のトリクロロカルバニリド、その他、患部の治りを助けるビタミンA、D2、酸化亜鉛が配合されています。

 

おしりのあせもの予防対策

よい下着を選ぶ

コットン100%のゆったりしたものがおすすめです。ゴムの当たる部分が蒸れやすいので、ゴム無しのものやボクサーパンツなら安心です。

お風呂上がりから朝起きるまでの間の下着としておすすめなのが、女性用のふんどし。締め付け感がなく、ゆったりした履き心地です。

おしりの通気性を保つ

イグサの座布団がおすすめ

職場で事務の仕事をされているなら、椅子に座っている時間が長いと思います。

座りっぱなしのおしりは、汗ばんで蒸れてしまいがち。座布団をイグサのものに変えて、おしりをさわやかに保ってください。

生理中はタンポンを

生理中はいっそう蒸れます。ナプキンの性能はかなり良くなっていますが、やはり蒸れてしまい、あせもになりがちです。夏場だけでもタンポンを使用してみませんか?

日本の女性は9割以上がナプキン派ですが、おそらく『食わず嫌い』なのでは?ぜひ一度試してみてください。

ゆったりとしたボトムを選ぶ

最近はスリムなパンツを愛用している方が多いようです。しかし、カラダにぴったりしたパンツは蒸れやすくなります。

ゆったりしたデザインのボトムは風通しがよくて、汗をかきにくいうえ蒸れにくく、あせも予防に最適です。

また、部屋着はステテコタイプのものがおすすめ。カラフルでかわいいデザインのものが出回っています。

お風呂上がりに予防ケア

日頃のスキンケアであせもを予防しましょう。

夏場の肌は、紫外線や汗によるダメージを受けています。お風呂上がりのスキンケアで、肌のバリア機能を高めれば、あせもを予防することができます。

ユースキンあせもジェルはべたつかずさっぱりした使用感で、有効成分グリチルリチン酸ジカリウムが炎症を起こした肌を改善し、植物エキスが肌にうるおいを与えてくれます。

おしりのあせも 早く治したい

暑くなると、大人でもあせもになってしまいます(おしりにも!)。

でも、大人なら早めのケアやこまめな予防対策で、あせもの悩みをすばやく解消できるのです。暑い夏を涼しい顔で乗り切りたいものですね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【風通し】です。

おしりも人間関係も、風通しがよくないとロクなことにならないものなのですね。

今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏山登山の危険度は高い!遭難の原因と安全対策への心掛け

祝日「山の日」が施行されたこともあり、登山を始めてみようかと考える方が増えています。初心者に向けての登山講習会などもしばしば開催されていて、真新しい装備に身を包んだ方を山でよく見掛けるようになりました …

夏バテ対策は眠るが勝ち!ポイントを押さえれば今夜からぐっすり

暑くて寝苦しい夜を悶々と過ごすのは辛いですよね。翌朝も昨日の疲れを引きずったままなら、夏バテは秒読み段階です。快眠を取り戻すための方法を見てゆきましょう。

素肌美人のこだわり 夏だからこそ外せない3つの意外なこと

寒かった冬が過ぎ、いよいよ桜が咲き始めました。お花見が終わるともう初夏の気配が漂ってきます。ゴールデンウィークにお出かけすると、タンクトップ姿の人を見かけることも。 気温が高くなって汗ばむようになると …

登山初心者のためのトレーニングは通勤途中の階段でOK!

登山のトレーニングは山に登るのが一番です。とはいえ、近場に手頃な山がなければせいぜい月に数回の山行となり、別途トレーニングが必要となります。 今回は山初心者向けに、通勤中にできる登山のための筋力トレー …

手荒れ予防は保湿から!ハンドクリームやワセリンの使い方も

暑い夏が過ぎ、涼しくなってホッしたのも束の間、手荒れが気になるシーズンの到来です。今年こそはキチンとケアして手荒れを防ぎたいですね。 今回は、手荒れを防ぐための保湿のポイントや、ハンドクリームとワセリ …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら