エンタメ

文楽が大阪に帰ってきた!錦秋文楽公演『本朝廿四孝』感想レポート

投稿日:

初春公演の千穐楽以降、コロナで休演が続いていた大阪の文楽が9ヵ月ぶりに帰ってきました。

筆者は11月1日の第三部『本朝廿四孝』を観に行きましたが、乙女心のいじらしさと一途さに参ってしまい、圧巻のラストは迫力満点でした

今回は、大感激の文楽鑑賞レポートです。

文楽劇場でのコロナ対策は?

文楽劇場の安全対策はバッチリ

たくさんの人が集まる劇場に行く際には、コロナ感染への対策が気になるものですが、国立文楽劇場では万全の対策で、感染防止に努めています。

座席予約の段階で客席はスカスカとなっていて、とくに床の前は完全に空席とされていました。

▼安心して鑑賞できたけどちょっと寂しい

安全対策に観客も協力したい

毎回演目にちなんだスタンプが用意されているのですが、今回は無し。不特定多数の人の手が触れることに配慮してのことでした。

ロビーや客席での食事も禁止で、1階の特大かしら(マスク着用)後方と、文楽茶寮だったところに用意された無料休憩所を利用します。

普段とは違っていろいろと制約がありますが、理解と協力をしたいところです。詳しいことは 国立文楽劇場へご来場のお客様へのお願い(動画あり)をご覧ください(かなり楽しめますよ)。

『本朝廿四孝』で恋する乙女のパワーを実感

『本朝廿四孝』は筋書きがけっこう複雑

錦秋文楽公演『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』は、「甲陽軍鑑(こうようぐんかん)」に諏訪湖の霊狐伝説や中国の二十四孝故事などを絡めた複雑な筋書きです。

ザルっといえば、許嫁の武田勝頼が切腹して悲嘆にくれる長尾(上杉)家の八重垣姫が、実は勝頼は簑作という名前で生きていて、勝頼を助けたい一心の姫が武田家の重宝・諏訪法性(すわほっしょう)の兜の霊力を頂いたことで願いが叶うというお話です。

プログラムは事前に見ておきたい

長いお話の一部を上演する文楽では、上演される段だけを観ても意味がイマイチ分かりづらいことがあります。

『本朝廿四孝』では、切腹したはずの勝頼がなぜ簑作となって生きていたのかを知っていないと、話がつながらないかもしれません。

でも、話の要所が手短にまとめられている「床本付プログラム(700円・税込)」を開演前に購入して、鑑賞ガイドに軽く目を通しておけば大丈夫です。

▼プログラムには技芸員の方々の紹介やインタビュー記事も

圧巻のラストに割れんばかりの拍手喝采

しとやかな姫の情熱的なクドキにドキドキ

話の筋は少しばかり複雑ですが、赤い衣装を身に付けた美しい八重垣姫の所作はとてもしとやかで、うっとりと見入ってしまいます。

「十種香の段」では勝頼の絵姿を眺める後ろ姿から、姫の勝頼を思ういじらしい気持ちがひしひしと伝わってくるのです。

そんなしとやかな姫ですが、簑作(実は勝頼)に胸の内を切々と訴える「クドキ」の場面ではすごく情熱的で、ドキドキさせられます。

ラストの迫力あるビジュアルは圧巻

最後の「奥庭狐火の段」での八重垣姫は、赤い衣装から白地に狐火模様の衣装に早変わり。神懸かった姫と白狐とが、妖気漂う乱舞を繰り広げるのです。

圧巻のラストには客席から割れんばかりの拍手が鳴り響きましたが、これまで筆者が観た公演で最も盛大な拍手だったように思います。

令和2年度(第75回)錦秋文楽公演の詳細

公演日

  • 10月31日(土)~11月23日(月・祝)※11月12日(木)は休演

第一部 午前10時30分開演

源平布引滝(げんぺいぬのびきのたき)

  • 矢橋の段
  • 竹生島遊覧の段
  • 九郎助住家の段

第二部 午後2時開演

新版歌祭文(しんぱんうたざいもん)

  • 野崎村の段

釣女(つりおんな)

第三部 午後6時開演

本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)

  • 道行似合の女夫丸 
  • 景勝上使の段
  • 鉄砲渡しの段
  • 十種香の段
  • 奥庭狐火の段

大満足だった9ヵ月ぶりの公演

やっぱり文楽は女役が好き

今年の大阪での文楽公演は、お正月公演以降ずっと休演が続いていましたが、9ヵ月ぶりの復活となった錦秋文楽公演は大変すばらしいものでした。

筆者が文楽公演に通うきっかけとなったのは「お七」でしたが、やはり文楽は女役がいい。

女役の人形は生身の女性よりたおやかさと気品に満ち満ちていて、絶滅したかもしれない大和撫子の姿を見ることができるからかもしれません。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【乙女】です。

男女差がなくなりつつある昨今です。けれども宝塚の男役のような男性が実在しないのと同様、文楽の女役のような乙女も空想の産物で、物語のなかで会うしかないのかも…。

※今日はボタモチ、2個追加!

-エンタメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

浜福鶴の蔵開きで限定酒の試飲や利き酒を!かわいい干支猪口ももらえる

2020年も浜福鶴で蔵開きの会が開かれました。 限定しぼりたての振る舞い酒や有料試飲5種のほか、豪華景品が当たる大抽選会や定員制の利き酒大会など盛りだくさんのイベントが行われ、屋台や地元グルメも味わえ …

立春朝搾りは縁起のよい日本酒版ボジョレー・ヌーボー

2月4日は立春です。春とは名ばかりの寒い時期ですが、確実に春は近づいています。そのひとつが立春の朝に搾ったばかりのお酒・立春朝搾り。 通常は蔵元見学でもしない限りなかなか飲めない搾りたての生原酒を、自 …

霜ばしらは冬季限定の仙台銘菓 お取り寄せ2ヶ月待ちのお味は?

霜ばしらという仙台銘菓をご存知でしょうか?とても手に入りにくいお菓子だと聞いたのでぜひともお取り寄せしようと、昨年11月中旬に注文しました。その後待つこと2ヶ月以上、やっと2月4日に届いたのです。 さ …

文楽と人形浄瑠璃の違いは?大阪と淡路で両方見た感想を紹介

京都のギオンコーナーで、未知の世界だった文楽のサワリを見て、ぜひ通して見てみたくなった筆者。鑑賞できる場所を探していて見つけたのが、大阪の国立文楽劇場と淡路の淡路人形座でした。 今回は、大阪の文楽と淡 …

京都で聞香体験ができる山田松香木店。気分はもう都びと?

日ごろ身近に接する機会があまりなく、少々敷居が高いようにも感じられる聞香。それが京都の山田松(やまだまつ)香木店で気軽に体験できるのです。 今回は5つの香りを聞き分ける(匂いをかぐことを聞くといいます …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら