エンタメ

霜ばしらは冬季限定の仙台銘菓 お取り寄せ2ヶ月待ちのお味は?

投稿日:2018年2月8日 更新日:

霜ばしらという仙台銘菓をご存知でしょうか?とても手に入りにくいお菓子だと聞いたのでぜひともお取り寄せしようと、昨年11月中旬に注文しました。その後待つこと2ヶ月以上、やっと2月4日に届いたのです。

さて、そのお味は?今回は、幻の仙台銘菓・霜ばしらのレポートです。

霜ばしらは冬季限定のお菓子

まさしく朝日に輝く霜柱のよう

「名は体を表す」といいますが、仙台銘菓・霜ばしらの束ねた絹糸のような光り輝く見た目や、口に入れたときのシャリッとした食感とはかなく消えてしまう口どけ感は、冬の早朝に降りた霜柱のように繊細なものです。

また、10月から4月までの冬季限定商品で、熟練の職人さんがその日の天候に合わせて調整しながら、手を掛けて丁寧に作っています。

缶を開けると白い粉が出現

霜ばしらは青くて丸い缶に収まっています。

缶のフタとプラスティックの中ブタを開けると白い粉が詰められていて、霜ばしらとおぼしきものはどこにも見当たりません。この白い粉は落雁の粉で、霜ばしらはこの粉のなかにうずまっているのです。

落雁の粉は、霜ばしらが壊れたり湿ったりしないようにするためのもので、空き容器などに粉を半量くらい取り出すと、缶の中から霜ばしらが現れます。

シャリしゅわっ・・・不思議な食感

姿を現した霜ばしらは壊れてしまいそうな繊細さ、慎重にそっとつまむと驚くほどの軽さです。

取り出した霜ばしらを口に運ぶと、シャリッと崩れしゅわっと溶けてしまいました。繊維状の飴を束ねて空気を含ませながら、ふんわりとまとめて作られているのでしょうか。

これまで味わったことのない食べ心地とともに、ふわっと軽やかな甘みがお口に広がりました。

残った粉もおいしくいただける

霜ばしらに入っている落雁の粉は餅米の粉と砂糖が混ざったものなので、お菓子作りの材料として活用できます。九重本舗玉澤推奨の食べ方は、乾煎りして砂糖と塩を混ぜて頂くというものです。

筆者は試しに少量のぬるま湯を加えてこねてから丸めて平べったく伸ばし、テフロンのフライパンで焼いてみたところもっちりふわっと仕上がり、黒蜜ときな粉をかけておいしくいただくことができました。

霜ばしらは仙台銘菓

仙台銘菓の霜ばしらは、仙台の老舗和菓子店・九重本舗玉澤で作られています。

創業は延宝3年(1675年)。初代の玉澤伝蔵氏は近江(現在の滋賀県)から仙台藩四代藩主・伊達綱村公に招かれ、ご城下の国分町に「御用御菓子司」として開業したのが始まりです。

明治34年(1901年)には明治天皇に献上したお菓子が『九重』と銘銘され、このときから九重の商号が使われています。最近では、『お伊勢さん菓子博2017』で最高賞の名誉総裁賞を受賞しました。

初代以来14代にわたり300年以上伝統と和菓子の技を受け継ぐ九重本舗玉澤は、宮城を代表する老舗和菓子店として愛され続けているのです。

霜ばしらのお取り寄せ方法は?

amazonや楽天ではみつからない!

最近では、たいていのものが楽天やamazon、Yahoo!ショッピングなどで簡単に手に入るようになってとても便利ですね。

今回もいつものように大手ネットショップから探してみましたが、残念ながら霜ばしらは取り扱われていません。

ないとなればますます欲しくなるのが人情で粘って調べてみたところ、宮城県内なら九重本舗玉澤の各店や仙台空港のほか、三越仙台店などで手に入るようです。

しかし筆者は関西在住、いくらなんでも宮城までは行けない…。

東京にアンテナショップが

東京でなら手に入るのでは?と思って調べてみたところ、池袋にある宮城県のアンテナショップ『宮城ふるさとプラザ』で、霜ばしらを入手できるという情報がみつかりました。

ただし、こちらでは月初めに一度だけ入荷して即完売となるそうで、予約やお取り置きの対応はしてくれないとのこと。つまり行けば必ず手に入るという保証はないわけで、上京して空振りに終わるのは辛すぎる…。

通販サイトが見つかった!

霜ばしらは通販で手に入る!

なんとか通販で手に入らないものかとさらに調べてみると、通販の『仙台名店ドットコム』で購入できることがわかり、即注文したのが昨年11月中旬のこと。

「霜ばしらは大量生産できないお菓子のためご了承ください」とのことで、すでに年内発送不可という状態でした。

年明けに発送時期のお知らせメールが

年が明けた7日、仙台名店ドットコムからメールが届きました。

文面には、現在11月1日までの注文分の発送が完了していて、今月中には11月受注分の発送を完了できる見込みであるとあり、「九重本舗玉澤に催促しているのでいま少しお待ちください」と結ばれていました。

月末にお詫びメールが届く

1月28日に仙台名店ドットコムからメールが届きました。

現在11月7日までの受注分の発送が完了しているが、筆者の注文分は月明けになるという文面で、「九重本舗玉澤に催促しているのでいま少しお待ちいただきますようお願いします」と結ばれていました。

その数日後の2月4日、我が家に霜ばしらが到着したのです。

ネット注文は九重本舗玉澤ホームページでも可能

ネットでの注文は、九重本舗玉澤のホームページでも取り扱っていますし、発送もこちらの方は早いようです。しかしながら、支払いが代引きのみであることと関西への送料が1,080円(現在は1,100円)とお高めでした。

仙台名店ドットコムではクレジットカード払いができるうえ送料が620円(現在は765円)と割安だったため、こちらから注文することにしたのです。

霜ばしらひと缶のお値段はどちらも2,052円(現在は2,160円)で、本体と送料・手数料の比率を考えるあたりが関西人のサガでしょうか。仙台名店ドットコムは、発送時期の見込みについてこまめに連絡をしてくれるなど、対応も丁寧でした。

今後、霜ばしらはいつ届く?

美味しいものは誰かと分かち合いたくなります。そこで、日ごろ何かとお世話になっている知人にお裾分けしたところ「何?これ!」と大変気に入ってくれ、早速注文したそうです。

現在、九重本舗玉澤・仙台名店ドットコムとも4月以降の発送を了承される方からのみ注文を受け付けているとのことで、知人が霜ばしらを入手できるのは、4月以降となりそうです。

霜ばしらは冬季限定の仙台銘菓・・・まとめ

霜ばしらのご注文はお早めに

霜ばしらは、清楚で床しい大和なでしこのようなイメージです。冬の間しか作られず入手ルートも限られているので、「大人買い」は我慢して大切に味わいたいものです。

なお、2018年の販売開始は10月1日となっていて、注文の受付は9月25日からスタートしています。9月26日に発注したところ、10月2日に届きました!何事も早めが肝心ということですね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【待望】です。

なんでもインスタントに出来上がり、欲しいときにすぐ手に入るのがあたりまえという世の中にあって、2ヶ月以上も楽しみに待ち続けること自体、貴重な体験といえるのではないでしょうか。

※今日はボタモチ、1個追加!

-エンタメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

姫路書写の里で高砂染の体験教室!型彫りから染色まで全部やった

姫路書写の里・美術工芸館にて開催中の、「高砂染展」のワークショップとして行われた体験教室「型を彫って糊防染の手ぬぐいを染める」に参加しました。 デザインから型彫り・染色まで全部やれる本格派で、八尾で学 …

兵庫県立美術館で河鍋暁斎展!混雑せず割引きで見る方法と最短アクセス

兵庫県立美術館で開催中の特別展「没後130年 河鍋暁斎 鬼才!Kyosai!」を鑑賞、描けないものはないといわれる暁斎の幅広い画業を堪能できる展示に大満足でした。 海外だけでなく近年は国内でも注目が高 …

はりま一合一会 美酒美食の宴で播磨を丸ごと味わおう!

日本酒の原料、山田錦のふるさと・播磨にある20の酒蔵が勢揃いし、50種以上の新酒や蔵おすすめの日本酒がぞんぶんに楽しめる恒例のイベント「播磨美酒・美食の宴 はりま一合一会」が開催されました。 新酒を存 …

きき酒交流会「SAKE in 広島」は素人もOK!中国5県のお酒が一同に

きき酒交流会「SAKE in 広島」は広島国税局主催のイベントで、2019年は4月21日(日)に開催されました。 5回目の開催となる今回は在留外国人も参加、インターナショナルな雰囲気のなか、中国5県の …

文楽鑑賞教室は初心者におすすめ!2019年6月公演の演目も紹介

文楽を観てみたいけれど難しそうで…という方におすすめしたいのが毎年6月に開催されている「文楽鑑賞教室」です。出演者による分かりやすい解説があって、文楽ははじめてという方も気軽に観ることができます。今回 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら