暮らし

野菜が高いから買えない!乗り切るための対策を紹介

投稿日:2018年11月1日 更新日:

スーパーの野菜売り場に並ぶ野菜の値札を見て、ため息をつく日が続いています。猛暑の後遺症と台風のせいで、野菜の不作が続いているためです。そんな憂鬱な日々を乗り切るためのアイデアを紹介しましょう。お手本は「野菜がないならフルーツをお食べなさい」?

野菜が高いときは外食しよう

高い野菜を見てしおれていてもしかたありません。どの道食費は高くなるのだから、思い切って外食へGo!長崎ちゃんぽんや広島焼きなど、野菜率の高い品を注文して、ぜいたくしましょう。

その他、おいしい野菜料理を出してくれるお店を見つけておくのも手で、岸和田にある泉州野菜がおいしい「旬彩食堂 三粒に種」はおすすめです。メインディッシュが選べるランチ「三種御膳」は、八寸・ご飯・スープ・香の物付きで税込み1,380円。

▼泉州野菜たっぷりの八寸

▼メインはレンコン饅頭をセレクト

野菜が高いときの代替品アイデア

青汁を飲む

青汁にはビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なうえ、価格も安定しています。筆者は青汁の苦みばしった味わいが好きなのですが、飲みづらく感じる方には野菜ジュースやトマトジュースでも。

野菜ジュースは種類がとても多いのですが、フルーツジュースに近いものから青汁に近いものまであります。野菜不足を補うために飲むのなら、やはり野菜率の高いものがおすすめです。

漬物を買う

野菜の高値が続いても、なぜかお漬物の価格は安定しています。店頭で賞味期限が近くなって赤札が貼られているのを見かけたら、速攻買いです。

浅漬けならサラダのようなシャキシャキ感が味わえてなおよし。酸っぱくなったキムチでも料理に使えば、おいしくいただけます。

乾物を食べる

乾物は量が少ないわりに値段が高いように思われますが、干す前のボリュームは相当のものです。切り干し大根や干ししいたけが代表的ですが、煮物に限定せずいろいろな料理に使って頂きたいと思います。

特に切り干し大根は加熱しなくても、水で戻すだけで食べられます。軽く水を絞って胡麻和えや酢の物に使えるので、とても手軽です。

海藻を食べる

乾物の仲間といえるものですが、海藻もおすすめです。海藻はビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な海の野菜で、味噌汁やスープのほか和え物や炒めものなど、使い道はいくらでもあります。

せっかく海に囲まれた国に住んでいるのだから、もっと積極的に海藻をいただきましょう。汁物や和え物のほか、煮物や炒めものにもどうぞ。

豆を食べる

豆も乾物の仲間ですが、ビタミンB群・ミネラル・食物繊維が豊富です。甘く煮るだけでなく、サラダやかき揚げにしたり、ご飯に炊き込んだりしでもおいしくいただけます。

豆はもどすのが面倒と思われがちですが、魔法瓶に入れて熱湯を注ぎ半日置くだけで簡単に戻ります。なお小豆は戻さずに使ってください。

芋を食べる

芋類は炭水化物がたくさん含まれていて、主食にしている国もあるほどです。けれどもビタミン・ミネラル・食物繊も豊富で、特に芋のビタミンCは加熱しても壊れにくい優等生で、量もたっぷりと含まれています。

なお、皮の栄養価は高いため、里芋以外の芋は皮をできるだけむかずにいただきたいものです。

▼野菜の皮はむかないのが正解!

玄米を食べる

主食である米も炭水化物の塊のように思われがちですが、もともとは稲の種子です。栄養が集中している胚芽や外皮を取り除く前の玄米には、ビタミンB群・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれています。

玄米は消化が悪いとか、パサパサしておいしくないと言われていますが、よく吸水させてしっかり炊けば、もっちりソフトにおいしく仕上がります。玄米が無理なら胚芽米や分搗き米、雑穀米をどうぞ。

▼おいしく玄米を炊くには?

意外!ホールで買えば割安に

キャベツや白菜はホールで買うと割安ですが、「ホールなんて使い切れない!」と思われるかもしれません。

実のところ、野菜は切ってしまうと痛みが早いけれど、ホールのままなら意外と日持ちします。キャベツや白菜なら、外から葉をはがして使えば10日は十分持つのです。キャベツも白菜もともに守備範囲が広い野菜なので、毎日食べても飽きることはないでしょう。

究極!自宅で野菜を育てよう

異常気象が恒久化しつつあるので、今後のために…。家庭で野菜を育てかことがある方なら、その大変さをご存知でしょう。手間暇掛けてもなかなか上手に育てることはできません。けれども雑草顔負けのパワーで勝手に育つ野菜もあるのです。それは「ニラ」。

白い可愛い花が咲いたあと種が飛び、いつの間にか増殖しているほどのタフネスさで、虫も寄り付かず枯れることもまずありません。筆者の自宅では、コンクリートとアスファルトの隙間から「ド根性ニラ」が元気に生えています。

もうひとつ、キッチンの窓際でも育つ「豆苗」。茎を切った残りの根っこ部分を水耕栽培すれば、味噌汁の具程度なら十分に育ちます。

野菜が高くて辛いけど

野菜がいつでもあると思うのは間違いかも

野菜の栽培技術や品種改良が進み、昔に比べると安定して供給ができるようになりましたが、やはり自然を相手にしていることに変わりはありません。

天候不順による不作や、天災のため一夜にして壊滅的な被害を受けることもありえるため、いつでも手に入ると考えることは「甘い」のです。

ないときにはないなりに、代替案を考えましょう。ありがたいことに、食べるものは他にもあるのですから。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【丁重】です。

野菜のいただき物が重なったときなど、食べきれずに困ってしまうという話を聞くことがあります。手に入りづらくなってその値打ちを思い出すのではなく、たくさんあるときにも粗末にせず、丁重に扱いたいものです。

※今日はボタモチ、1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サクサク片付け完了!「もったいない」と「思い出」への対処法

前回は、キッチンを例にあげての片付け前の整理についてのお話でした。数・量・サイズ・頻度など、誰が見てもわかりやすい基準にしたがって機械的にさばいていけば、整理は簡単に進むのです。今回はその続き、機械的 …

風呂カビの元凶はエプロンだった!外し方や掃除方法を紹介

カビ取り剤でキレイにしても、しばらくするとまた生えている…お風呂のカビは年中生えますが、やはり梅雨どきが最もやっかいですね。天井や排水溝など、浴室の見えるところは全て制覇したのになぜ?実は普段見ること …

七夕はなぜ7月7日?笹飾りの意味や織姫・彦星の真実とは?

もうすぐ七夕。古いものがどんどん廃れていく中、七夕は、今なお大切に引き継がれている年中行事のひとつです。 今回は、七夕をイベントとしての楽しむための、ネタになるようなお話をご紹介しましょう。 関連

家族葬とは?どこまで呼べばいいのかと必要な費用を解説

最近の葬儀では家族葬が増えているようで、ご近所の葬儀に参列する機会は少なくなりました。家族葬は費用が手頃だし。故人とゆっくりお別れができてよかったという声が聞かれますが、どのようなシステムになっている …

世界猫の日とは?8月8日になった理由や何をするのかも知りたい

「世界猫の日」をご存知ですか?筆者は最近まで知りませんでしたが、8月8日がその日ということで、日本の猫の日とは別モノみたいです。 このところ猫関連のイベントが多いのは「世界猫の日」がらみ?うちにも猫が …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら