暮らし

ゆず茶の煮ない作り方!飲み物以外の利用法や保存法も

投稿日:

ゆず

寒くなると、冷えや風邪対策としてゆず茶の人気が高まります。最近ではスーパーにもたくさんの商品が並んでいますが、無添加で好きな味にできる自家製に勝るものはありません。

今回は、煮ないで作るゆず茶と、飲み物以外の利用法についてです。

ゆず茶の煮ない作り方

ゆず茶のレシピはたくさん紹介されていますが、その多くはジャムのように煮て作るものです。

筆者はゆずのほろ苦さが大好きなのですが、煮てしまうとその風味が薄れてしまいます。

また、市販品にはゲル化剤などが添加されていて、そんなもの入れなくてもできるのになぁとも思うのです。

そのようなわけで、筆者はゆず茶を煮ない方法で自作しています。

煮ないで作るゆず茶

【材料】

ゆず:適宜
砂糖:ゆずの重さの8割程度

 

【作り方】

  1. ゆずを薄く刻む
  2. 全体に砂糖をまぶす
  3. ゆずがちょうど入る程度のビンに詰める
  4. 砂糖(分量外)をふりかけて表面をおおう
  5. 冷凍庫に一晩入れる
  6. 翌朝取り出して、室温に置く

煮ない作り方は合理的

10日ほど放置すればできあがりです。タネを入れることで、ゲル化剤を使わなくてもトロリと仕上がります。

煮ないで作るとガス代が不要のうえ、加熱しないのでビタミンCも壊れずに済むという、実に合理的な方法です。

ゆず茶の飲み物以外の利用法

ゆず茶というくらいだから、本来は飲むためのものです。お湯割りのほか、炭酸水で割ったり紅茶にいれたりしてもおいしくいただけますが、料理にも使えます。

マーマレード代わりに

煮ていないのでマーマレードとはいえませんが、ヨーグルトに入れたりパンに付けたりとマーマレードのように使えます。

柚子味噌に

柚子味噌は手間が掛かると思っておられる方、そんなことはありません。好みの味噌にゆず茶と酢を加えて混ぜるだけでOKです。

酢の物にも

ゆず茶を酢や二杯酢でのばして和え衣にします。戻した切り干し大根や、刻んで軽く塩もみした野菜にかけてどうぞ。

蒸したササミやスモークサーモンを加えれば酒の肴にもなります。

☆切り干し大根も自家製で

スペアリブ煮込み

スペアリブを焼き付けて醤油・酒・ゆず茶を加えて煮込みます。

鳥の手羽や鰤のアラでもできますが、鰤のアラの場合は焼き付けずに下茹でしてからどうぞ。

ゆず茶の保存法

できあがったゆず茶は冷蔵庫で保管しますが、火を通していないので早めに食べきってください。

長期間保存したい場合は、冷凍庫にいれておきます。作る時に食べきりサイズのビンを使用すると、使い勝手がよいでしょう。

なお、一般の煮て作ったゆず茶や市販のゆず茶も、冷凍すれば長期保存が可能です。凍ってもカチカチにならないので、使う分だけ取り出して後はまた戻しておけば、長持ちします。

ゆず茶の煮ない作り方…まとめ

煮ないで作るのが本家流

ゆず茶の本家・韓国は日本よりかなり寒いそうです。そんな寒冷地で健康管理に長く愛用されてきたゆず茶は、信用できると思います。

韓国ではゆず茶は本来煮ないで作るものなのだそうで、筆者の一見手抜きにしか見えない作り方は大正解?いずれにしても、煮ないで作る方が簡単なので、おすすめです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【本家】です。

徳川家の本家は松平家でなので家康は分家ですが、徳川家の元祖です。その後の将軍は本家ばかりではなく、吉宗や家斉・家茂・慶喜は分家筋です。

後の3名は最後の方だからいいとして吉宗は8代目なので、徳川家は中間辺りで本家ではなくなった?どなたか詳しい方、教えていだだければ幸いです。

※今日はボタモチ、1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

お掃除は段取りが決め手!まずは片付けから始めよう その1

お掃除が苦手という人の多くは、片付けも苦手なようです。 モノが散らかった状態でお掃除を始めようしても、まず挫折します。何よりも先に、片付けから始めるのが勝利への道です。

コロコロ掃除のストレスを全部解消できる!超おすすめ品を紹介

コロコロ(粘着カーペットクリーナー)は手軽にお掃除できる便利グッズです。 けれども、テープを剥がすときやカットするときに手間取ったり、収納ケースが使いにくかったりしてイライラすることはありませんか? …

プリンタインクが出ないのは寿命?試したいおすすめの解決法を紹介

まだ3年しか使っていないEPSONのプリンタが故障?マゼンタインクが出なくなったのです。ヘッドクリーニングを繰り返しても直りませんでしたが、ダメ元で試した方法で劇的に解決したのです。 こんなにあっけな …

野菜の皮は捨てないで!おいしい食べ方ともっと手抜きの料理法

野菜の皮には栄養がいっぱい含まれているので、皮をむかずに食べるのが一番です。でも、料理によっては皮をむいたほうがよいこともあるでしょう。 今回は、そんなときにぴったりな野菜の皮のおいしい食べ方と、おま …

eo光1ギガキャンペーンに乗ってみたら大変なことになった話

eo光の100Mが少々遅く感じられるようになったので乗り換え先を検討していたところ、eo光から1ギガグレードアップキャンペーンのDMが届いたのです。 現在のコースに309円(税込み)プラスするだけで1 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら