健康生活

夏バテ予防にストレッチが効果あり!100均のボールで楽々OK

投稿日:

猫のストレッチ

連日の暑さにぐったり…そろそろ夏バテが心配ですね。夏バテ防止に運動が効くと言われていますが、この暑いのに運動はゴメンだというのがホンネでしょう。

今回は、夏バテ予防に効果的なストレッチ、それも100均のフィットネスボールで簡単にできるものをご紹介します。やり方は、記事を1回読めばすぐに覚えられますよ。

夏バテ予防にストレッチがおすすめ

夏の運動には注意が必要

夏バテ予防に運動がいいことはよく知られています。しかし、運動習慣がなかった方が、夏の暑い時期に運動を始めるには注意が必要です。

日頃から運動を続けている方でさえ、少しペースを落としたり、日中を避けたりしておられるのですから。

ストレッチならムリなくできる

そこでおすすめしたいのが、室内でゆるゆると行えるストレッチ。

汗をかいたり息が上がったりしないので、運動習慣がなかった方でもムリなく始めることができます。

夏バテ予防へのストレッチの効果

夏バテ予防のカギは自律神経

夏バテの原因はさまざまありますが、自律神経の不調が大きな要因となっています。

暑い戸外と寒く感じるほど冷やされた室内との温度差や、湿度が高いため汗をかいても体温がうまく下がらないこと。

加えて、暑さによるストレスや疲労によって、自律神経のバランスが崩れてしまいがちになるのです。

自律神経が乱れると?

ストレッチには、自律神経のバランスを整える作用があります。

自律神経には「交感神経」と「副交感神経」があり、この2つがバランスよく働くことで、日中元気に活動できたり、夜にしっかりと眠れたりするのです。

自律神経が乱れた状態では、交感神経が過剰に優位になっていて、副交感神経がうまく働くことができないでいるのです。

ストレッチで夏バテ予防ができる理由

ストレッチで身体をほぐしてリラックスすると、交感神経の緊張がゆるんできます。その結果、副交感神経とのバランスが整ってくるのです。

ぬるめの温度の湯船にゆったりとつかった後でストレッチを行うと、より効果的。このとき、暑いシャワーだと交感神経が優位になってしまい、ストレッチの効果は少なくなってしまうので、注意が必要です。

ストレッチは100均のボールで簡単にできる

ストレッチは意外と難しい

ネットを見れば、ストレッチのやり方はいくらでも紹介されています。しかし、ストレッチを正しく行うことは意外と難しいものです。

暑いときはにあまり難しいことをやりたくありませんし、いちいち動画を見るのも面倒…。効果的なストレッチも、実際にやらなければ意味がありません。

まずはカラダを乗せるだけでOK

そこでご紹介したいのが、100均で売られているフィットネスボールにカラダを乗せるだけでOKのストレッチ。ボールをあてがって身体を預けるだけでいいので、誰にでもすぐにできますよ。

あまりの簡単さに拍子抜けされるかもしれませんが、やれば効果が実感できるはずです。

ポイントは、ボールに入れる空気の量。ボールを床に落としても弾まず、軽く転がしてもすぐに止まる程度の『ベコベコ』状態が最適です。ボールの元の直径が18cmなら、手で軽く押したときに12~13cmになるくらいが目安です。

ストレッチを行うタイミングは、夜寝る前がおすすめで、食事の後は1時間くらい開けてください。意識的に呼吸の速度をゆるめ、ゆったりとした気持ちで行うと、いっそう効果的です。

首のストレッチ

仰向けに寝て、首の下にボールを当てがいます。

そのまま頭の重みで首の前が伸びてゆくように、力を抜きましょう。口も『ポカ~ン』と開けます。そのまま1分ほどリラックスします。

腰のストレッチ1

腰の下にボールを当てがいます。そのまま手足を伸ばして体重をボールに預けます。

ダラ~ンと脱力して1分程度リラックスします。

腰のストレッチ2

ボールを尾骨のあたりに当てがいます。そのまま膝を抱えるように身体を丸め、1分程度キープします。

手で膝を強く抱え込むのではなく、脚の重みで自然に膝が身体に近づくようにしましょう。

次はちょっとだけ動いてみよう

続いて少しだけ身体を動かしてみましょう。呼吸と同じく動作も力を抜いてゆっくりと行います。

また、ストレッチの強度も痛くない程度にとどめてください。

腰をずらすストレッチ

腰のストレッチ2のポジションから、腰を揺らすようにして左右に平行移動させます。ボールから落ちない程度の小さな動きで充分です。

不安定なようなら、両手のひらを腰の横あたりで床に置いて支えます。1分程度続けましょう。

鼠径部のストレッチ

続いて脚を天井にむけて上げます。そのまま脚の重みで左右に開脚しましょう。

ムリに脚を大きく開こうとするのではなく、鼠径部を伸ばすことに意識を向けます。

ゆっくりとワイパーが動くようなイメージで脚の開閉を繰り返します。1分程度行ってください。

夏バテ予防にストレッチが効果あり・まとめ

カラダをほぐして夏バテ予防

夏バテ予防に最適な運動はストレッチです。

ほんの5~6分のストレッチを行うだけで自律神経のバランスが整い、翌朝の目覚めの良さを実感できると思います。

フィットネスボールはどこの100均ショップにも、たいてい置いてあります。お近くの100均ショップへ走り、ぜひ今夜からでもボールストレッチを始めてみられてはいかがでしょうか?

今日のボタモチ

今日のボタモチは【似而非(えせ)】です。

バテそうになってダレている状態は、リラックスとは別モノです。力が入らないのと力を抜いているのとも別モノ。

パッと見が似ているのでだまされそうになってしまいます。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トラタニの毛糸のパンツで温活!モコモコ・チクチクせずストレスなし

冷え対策としていろいろな素材の防寒肌着が販売されていますが、子供の頃にはいていた毛糸のパンツの暖かさにはかないません。でもモコモコで着ぶくれしたり、チクチクして痒くなったりすると嫌ですね。 そこでおす …

夏なのに二の腕が冷えるなら内臓を温めて筋トレをしよう!

二の腕が冷えて痛い…こんなに暑くてたまらないのに、なぜ?と思いますよね。もし手先や足先は冷えていないなら、それは内臓が冷えているからかもしれません。 内臓が冷えてしまうと、夏バテだけで終わらず秋バテに …

野菜ジュースはサラダの代わりになる?栄養や選び方も知りたい

野菜をしっかり摂ることは健康維持のうえで大切なこと…と分かっているのですが、どうしても不足しがちです。そんなときふと思うのは、野菜ジューを飲めば大丈夫かも?ということ。 そこで今回は野菜ジュースの2大 …

里山ハイキングで安くそろう服装や持ち物のおすすめは?

健康と体力アップのために山歩きはおすすめですが、山デビューするほどには体力に自信がないという方もおられます。そんな方にチャレンジしていただきたいのが、里山ハイキング。民家から近いうえ歩きやすいように道 …

リフレクソロジーとマッサージの違いと足裏反射区への効果は?

自分のカラダを自分でケアできるといいなと思って、英国式リフレクソロジーのワークショップに参加しました。 ワークショップでは、リフレとマッサージの違いや、反射区とツボの違いについて教えてもらえ、実習後は …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら