健康生活

運動会が嫌いな小学生もいるけど体育が苦手で何が悪い?

投稿日:2017年6月18日 更新日:

運動会の万国旗

体育が苦手なお子さんにとって、運動会は苦痛以外の何モノでもありません。ビリでゴールするところを、全校生とその親が見ているのだから、たまりませんね。

そんなお子さんに、体育が全くダメだった大人からの応援メッセージを贈りたいと思います。

運動会が嫌いな小学生は結構いる

幼少時、虚弱児だった筆者は、しょっちゅう学校を休んでいて、登校しても体育の授業は見学することがしばしばありました。

元々運動神経が鈍かった上、訓練することもなかったためか、泳げない・走れない・鉄棒や球技などとんでもない、といったありさま。運動会は、公開処刑のように感じたものです。

不思議なことにいつもは虚弱なのに、運動会には熱を出すこともなく、登校せざるを得ない状態で、なんて間の悪いカラダなんだろうと恨んだものでした。

体育が苦手で何が悪い!

運動神経は生まれつき?

その上、通っていた小学校は公立なのに、なぜか体育にことさら力を入れていて、筆者のような「ヘタレ」には、とても肩身の狭いところでした。「○○小の恥」とまで言う先生もいて、人間不信になったものです。

正直なところ、体育や音楽、図画工作は、素質が大きく影響します。つまり、上手い子は手を抜いても並以上に上手くでき、ヘタな子は相当頑張っても、なかなか並に届かないという無情の世界なのです。

体育は精神論とセット

不思議なことに、音楽や図画工作が苦手だからといって、先生に厳しく叱られていた同級生はいませんでした。

しかし、体育では、「健全なる精神は健全なる肉体に宿る」「ヤル気になれば誰でもできる」などと、精神論と抱き合わせにして叱咤激励されるのです。

小学生だった筆者は、「自分が虚弱なのは心が不健全だから?」と、凹んだものでした。

また、やたらと勝敗や成績に目くじらを立てるところも嫌で、「1番になれない人の方が多いのに」と白けた気分にもなっていました。

体育が苦手でも問題なし!

何もしていないのに浮上?

ところが、中学・高校へと進むにつれ、特に何もしていないのに、筆者のダメさ加減はだんだんと目立たなくなっていったのです。

成績のほうも筆記試験と「意欲・関心・態度」が加味され、消えてしまいたいほどの情けなさからは脱却しました。

多くの生徒たちが、部活動や勉強にエネルギーを向け、体育に手を抜いていたからでしょうか?

運動会は一時期の悪夢

運動会は体育大会と名称を変えただけではなく、応援合戦や色モノ競技が加わり、体育以外の才能を発揮できる場面が増えました。

障害物競走などに足の速い子は出場しないし、お楽しみ要素も強く成績は問題外。

応援合戦での団旗や横断幕、衣装の作成のほか、音響担当など楽しく参加できる分野もあり、小学校時代の悪夢からは解放されたのです。

体育が苦手でも明日がある

体育嫌いでも運動は楽しめる

現在、筆者は仕事で介護予防体操の指導をしていて、昼休みには時々、職場の仲間とピンポンや軽いエクササイズをして遊んでいます。

年をとっても旅行やドライブ、ハイキングを楽しみたいから、自宅では、エアロバイクやトランポリン、ノルディックウォーキングなどで、足腰が弱らないように頑張っているのです。

健康維持への運動の必要性を痛感してのことですが、純粋にカラダを動かす爽快感を楽しんでもいるのです。

さようなら体育

小学校時代の体育と運動会は、筆者に強烈なマイナス感情を植え付けました。

今でも万国旗を見たり、『天国と地獄』を聞いたりすると、テンションが下がります(子供の運動会では、お弁当は親と一緒に食べなければならなかったので、一応見には行きました)。

しかし、中学・高校と進むにつれて、学校生活の中で体育のウエイトは減り続け、だんだんと体育の金縛りから解放されるようになりました。

運動まで嫌いにならないで

わかったのは体育=運動ではないということ。運動は健康に貢献するためのもので、カラダや心を痛めてまで、勝敗や優劣を競うものではありません。

また、スポーツにはさまざまなものがあり、アーチェリーや乗馬、ボルダリングなどは、体育会系でなくても楽しめます。高校や大学から始める人が多いスポーツは、穴場かもしれません。

仕事に打ち込むためにも、中高年以降も余暇を楽しむためにも、健康が大切です。そして、健康のためにはよい生活習慣が必要で、運動は必須の要素なのです。

お子さんが体育嫌いのまま、全てのスポーツや運動まで嫌いになってしまわないことを、強く願います。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【脱却】です。

ある時点でダメだったからといって、それが決定事項になるとは限りません。時が流れ、場所が変わったなら、全く別の局面が展開することは、大いにありうるのです。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

トランポリンの効果とは? 飛び方や1日5分でOKって本当?

遊園地で子供たちがトランポリンで遊んでいるのを見ると、とても楽しげです。すっかりハマってしまったお子さんから、トランポリンをおねだりされてしまうかも…。 実はこのトランポリン、単なる遊具ではおさまりき …

スタンディングデスクの選び方や自作でのお試し方法!重宝なグッズも紹介

スタンディングデスクが注目され、さまざまなタイプが販売されていますが、いざ買おうと思ったときに、まず気になるのはどんなことでしょうか? 今回は買ってしまってから後悔しないために、外せない選び方のポイン …

花粉症でコンタクトが痛い!メガネ以外にいい対策はないの?

花粉が飛ぶ時期はコンタクト愛用者にとって受難の時です。花粉症の辛さを和らげるにはメガネを掛けるしかないのでしょうか? 今回は、メガネはイヤ…というコンタクトを愛する方々のために、メガネ以外の花粉症対策 …

職場のエアコンが寒い!風の直撃と身体が冷えた時の対策は?

職場のエアコンが寒くて困る… 風が直撃すると身体が冷えて痛くなる… 営業帰りの男性社員は「暑い」からと、さらに温度を下げる… 毎年夏になると、職場のエアコンに悩まされますね。このままでは凍死しそう…そ …

素肌美人のこだわり 夏だからこそ外せない3つの意外なこと

寒かった冬が過ぎ、いよいよ桜が咲き始めました。お花見が終わるともう初夏の気配が漂ってきます。ゴールデンウィークにお出かけすると、タンクトップ姿の人を見かけることも。 気温が高くなって汗ばむようになると …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら