健康生活

夏なのに二の腕が冷えるなら内臓を温めて筋トレをしよう!

投稿日:2017年8月15日 更新日:

気になる二の腕

二の腕が冷えて痛い…こんなに暑くてたまらないのに、なぜ?と思いますよね。もし手先や足先は冷えていないなら、それは内臓が冷えているからかもしれません。

内臓が冷えてしまうと、夏バテだけで終わらず秋バテにまで引きずることに…今回は、二の腕の冷えを根本的に解消するための方法です。

夏なのに二の腕が冷えるのなぜ?

冷えているのは二の腕だけではないかも

人間のカラダは、生命の維持のために大切な、脳や内臓を優先するようにできています。

雪山で遭難した時など、最優先で脳や内臓に血を集めるため、手足の末梢が壊死することがよくあります。このようなことは、交感神経によって手足の血管を収縮させることで引き起こされるのです。

手先や指先はさほど冷えていないのに、二の腕が冷えているという状態なら、内臓に血が充分に集まらずに、カラダの芯から冷えてしまっている可能性があります。

内臓が冷えると大変!

内臓が冷えると代謝が悪くなり太りやすくなるだけでなく、消化不良や便秘・下痢、免疫力の低下などを引き起こします。

早めに対処しなければ、夏バテや秋バテまっしぐらとなり、長期にわたって体調不良を引きずることになってしまうのです。

二の腕が冷えるなら内臓を温めよう

内臓が冷えたままでは二の腕も冷えたままとなります。対策は、内臓をしっかりと温めることから始めましょう。

内臓は食事で温めよう

まずは温かいものを

暑い時期にはどうしても冷たいものを摂りがちになります。特に冷たくて甘いもの、例えばジュースやかき氷などは、内臓を強力に冷やしてしまうので、控えたいものです。

温かい食べ物や飲み物を意識して摂りましょう。水分補給の際も、冷やした水ではなく常温の水をおすすめします。

熱に変わるタンパク質は必須

暑さで胃腸が弱ると食が進まなくなりますが、消化の良いタンパク質を努めて補給したいものです。ササミや卵、豆腐を使った一品を食卓へどうぞ。

温め食材をチャージ

大根や人参などの根菜やニラ・ネギなどのニオイ系野菜、ニンニク・ショウガ・シナモンなどのスパイスを使った一品を積極的に食べて、カラダを温めましょう。

外からも温める

腹巻きやカイロで、外側からもお腹周辺を温めましょう。夏用の蒸れにくい腹巻きをすれば快適です。

【蒸れずに爽やか、シルクの腹巻き】

カイロを貼るポイントは、胃の辺りに加え、おヘソの下と仙骨周辺の『サンドイッチ貼り』をすれば、効果的に内臓を温めてくれます。

ストレッチで自律神経を整えよう

本来なら優先的に保温すべき内臓が冷えているなら、自律神経が乱れている可能性があります。

ストレッチで自律神経を整えて内臓の冷えが和らげば、二の腕の冷えも解消してゆくでしょう。

運動で血流促進&筋肉量アップ!

運動すると血流がよくなり、部分的な冷えが解消されます。

また、男性に比べて女性が冷えやすい理由のひとつは、筋肉量が少ないこと。運動して筋肉量が増えると、冷えにくくなるだけでなく、ボディーラインも引きしまり、熱中症に罹りにくくなるなど、いいことがいっぱいあります。

足の筋肉を使うと効率よく運動効果が得られるので、大股でのウォーキングや自転車、階段昇降運動をおすすめします。

二の腕の冷えには筋トレが効く

二の腕の肘側(上腕三頭筋)には筋肉がつきにくいようです。同じ上腕部にある上腕二頭筋(ポパイの力こぶの部分)には、意外と筋肉がついているもので、冷えもあまり感じられません。

上腕二頭筋は、カバンを持ったり、子供を抱っこしたり、家事をしたりなど、日常生活での動作で無意識に鍛えられているのに対し、上腕三頭筋はほとんど使われません。

痩せている人でもこの辺りは『タルタル』していることが多いようで、冷えるだけでなく、後ろ姿が老けて見える原因にもなります。

ここを鍛えるには、フレンチプレスが簡単で効果的、椅子に座って行うと姿勢が安定します。

【フレンチプレス】

  1. 両手でペットボトルを持って頭上にまっすぐ上に伸ばす
  2. 肘の位置を固定したまま、腕を後ろにゆっくりと下ろす
  3. しっかりと下ろせたら、今度は頭上に上げていく
  4. 反動を付けずに、20回繰り返す

腕を上げ下ろしする時には上腕三頭筋を意識し、腕を下ろすときには伸びていることを、上げるときには縮んでいることを確認しながら行うのがポイントです。

目線を正面に向け、カラダが前後しないように体幹を固定します。

肘の位置を動かさないことが肝心で、前に下がったり横に広がったりしてしまうと、上腕二頭筋のトレーニングになってしまうので注意が必要です。

ペットボトルは500mlからはじめ、慣れてきたら1L~2Lへと負荷を大きくしてゆくとよいでしょう。

夏なのに二の腕が冷えるなら…まとめ

二の腕の冷えを放置するのはNG!

二の腕が冷えていると、脂肪がつきやすくなるそうです。

今回ご紹介した対策で、秋風が吹き始める前に冷えを解消すれば、冬の寒さも軽く感じられるようになるでしょう。

また、二の腕のタルタルが目立つのは、半袖やノースリーブのシーズンだけではありません。

セーターやスーツを着ても、意外と目につくものなので、二の腕の冷え対策は頑張るだけの価値がありますよ

今日のボタモチ

今日のボタモチは【盲点】です。

問題が発生した場所へ対策を施しても、思うような効果が得られないなら、原因は他のところにあると考えて、探してみましょう。

今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

テレビや雑誌の健康情報は信用できる?どれを選ぶといいの?

健康に対する関心は高く、TVなどで△△に良いと紹介された○○が、スーパーの店頭から消えるような現象も起きています。 あふれる健康情報に、おぼれそうになっているようにも感じられつつも、やはり試さずにはい …

夏バテ予防にストレッチが効果あり!100均のボールで楽々OK

連日の暑さにぐったり…そろそろ夏バテが心配ですね。夏バテ防止に運動が効くと言われていますが、この暑いのに運動はゴメンだというのがホンネでしょう。 今回は、夏バテ予防に効果的なストレッチ、それも100均 …

子供の夜尿症は治療が必要?原因は病気?正しい対応法が知りたい

小さいお子さんに夜尿症(おねしょ)は付き物ですが、小学生になっても続いていたら、少し心配になります。 高学年になると宿泊授業などでお泊りすることもあるし、そろそろ治療した方がよいのか、放っておいた方が …

野菜ジュースはサラダの代わりになる?栄養や選び方も知りたい

野菜をしっかり摂ることは健康維持のうえで大切なこと…と分かっているのですが、どうしても不足しがちです。そんなときふと思うのは、野菜ジューを飲めば大丈夫かも?ということ。 そこで今回は野菜ジュースの2大 …

脳ドックで認知症を発見できる?検査方法や値段と受診の注意も紹介

認知症関連のイベントなどで、認知症リスクを発見できるらしいと聞いて気になっていた脳ドック。とはいえ料金の高さがネックで腰が引けていたところ、市から助成を受けられることになり受診がかないました。 今回は …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら