健康生活

野菜ジュースはサラダの代わりになる?栄養や選び方も知りたい

投稿日:

野菜をしっかり摂ることは健康維持のうえで大切なこと…と分かっているのですが、どうしても不足しがちです。そんなときふと思うのは、野菜ジューを飲めば大丈夫かも?ということ。

そこで今回は野菜ジュースの2大巨頭を比較したうえで、栄養面でサラダの代わりになるのかどうかの検証や、野菜ジュースの選び方などについてレポートします。

野菜ジュースの2大巨頭を比較検証

「1日分の野菜」と「野菜一日 これ一本」を比較

野菜不足が気になるとき、野菜ジュースで代用できれば助かります。そこで、野菜ジュースの2大巨頭である伊藤園 の「1日分の野菜」と、カゴメの「野菜一日 これ一本」を比較してみることにしました。

いずれも1日分の野菜を30種・350g分を使用しているとのことですが、まずは主な栄養素を表にまとめましたのでご覧ください。ともに紙パック入り200mlの製品です。

 

伊藤園

「1日分の野菜」

カゴメ

「野菜一日 これ一本」

エネルギー(kcal)

71

63

糖質(g)

14.1

12.7

食物繊維(g)

0.9~3.1

1.0~2.8

ナトリウム(mg)

16~22

49~110

カルシウム(mg)

135

47

鉄(mg)

0.2~1.6

0.2~1.4

マグネシウム(mg)

45

31

ビタミンA(μg)

490~1370

370~1400

ビタミンC(mg)

60~155

「1日分の野菜」は管理栄養士推奨

「1日分の野菜」は「毎日きっちり栄養バランス」がキャッチフレーズで砂糖・食塩・香料不使用、管理栄養士が推奨しているそうです。

使用されている野菜のトップににんじんが挙げられていて、実際に飲んでみるとやはりにんじんの味が強く感じられます。

レモン以外の果汁は含まれていませんが、にんじんのやさしい甘味のおかげで飲みやすい味に仕上がっています。

カゴメの「野菜一日 これ一本」と比べると、カルシウムとビタミンCがかなり多く含まれていますが、これは海藻カルシウムとビタミンCの添加によるもののようです。

「野菜一日 これ一本」は無添加が売り

カゴメの「野菜一日 これ一本」は「無添加の野菜」をうたった商品で、香料・保存料・栄養強化剤・食塩・砂糖不使用です。

使用されている野菜のトップはトマトで、実際に飲んでみてもトマトの味が強く味わいはスッキリしています。

栄養表示をみると、伊藤園の「1日分の野菜」と比べてナトリウムが多くふくまれているうえ塩味も感じられますが、食塩は不使用です。

野菜ジュースはサラダの代わりになる?

ビタミンCは期待できない

サラダのように生で野菜をいただくサラダや自家製の野菜ジュースとは違い、市販の野菜ジュースは製造過程で栄養が失われてしまいます。特に加熱や酸化に弱いビタミンCはほとんど消し飛んでしまうのです。

野菜ジュースで「ビタミンC含有をうたっている製品のビタミンCは、原料由来ではなく後から添加したものです。

食物繊維も生より少ない

野菜ジュースでは、食物繊維のうち不溶性のものは口当たりをよくするため取り除かれることがほとんどです。したがって、野菜ジュースは食物繊維も生野菜より少なくなっています。

また、他の栄養素についても加工の過程で失われるなどして、生の野菜より少なくなってしまう傾向が高いようです。

つまり、野菜ジュースを飲むことで1日分の野菜350gに含まれる栄養が補えるというわけではなく、サラダの代わりにすることには無理があります。

野菜ジュースの選び方は?

使用原料から味がわかる

野菜ジュースのパッケージには、栄養表示や使われている野菜の名前が記載されています。

原材料名は多く含まれるものから順に記載されていて、人参がトップの伊藤園「1日分の野菜」は人参の味が、トマトがトップのカゴメ「野菜一日 これ一本」はトマトの味です。このように好みの味を選ぶうえでも、表示が役立ちます。

栄養表示で内容を確認しよう

野菜ジュースと銘打っていても、表示をよくみると果汁が半分くらい入っているものもあります。また、栄養素や食塩などが添加されているかどうかも、栄養表示をみれば把握できます。

もし無添加の野菜100%ジュースだと勘違いして、そうでない商品を飲んでいるなら問題です。今一度、表示をしっかり確認してみることをおすすめします。

野菜ジュースはサラダの代わりにはならない

代用は無理だけど補いとしてならOK

流通や製造技術の向上により野菜ジュースの品質も高くなっていますが、新鮮な旬の野菜にはかないません。とはいえ、野菜不足の補いとしてなら野菜ジュースを利用する価値はあり、清涼飲料水から野菜ジュースに乗り換えることは大いにおすすめできますよ。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【換える】です。

悪いものやめたり減らしたりするだけでも、マイナス要素が減るため効果はあります。けれども悪いものを良いものに換えると、マイナスが減ったうえにプラス要素が加わるので、さらに効果的です。

※今日はボタモチ、1個追加!

-健康生活
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

登山に適した自宅での筋トレ!通勤電車でこっそりできるものも

登山の基本トレーニングとしては、ワンゲル部でもやっている「荷物を背負っての階段昇降」がおすすめです。 これに筋トレを加えるとさらに効果を高められるのですが、ジム通いは、時間がなかったり面倒だったりして …

夏バテにぬか漬け!初めてでも失敗しない作り方とおすすめ野菜

夏はぬか漬けがおいしい季節です。ぬか漬けはおいしいだけでなく、夏に不足しがちな栄養がたっぷりで、夏バテ対策にとてもおすすめ。 今回は、自他共認めるズボラな筆者でもできた、初めてでも失敗しない作り方と、 …

汗がベタベタするのはなぜ?疲れやかゆいのをなんとかしたい

汗をかくとベタベタして気持ち悪い…若い頃は汗だくになってもこんなことなかったのに、やはり年のせい?なんとかならないの?今回はそんなお悩みへの回答です。 関連

リフレクソロジーとマッサージの違いと足裏反射区への効果は?

自分のカラダを自分でケアできるといいなと思って、英国式リフレクソロジーのワークショップに参加しました。 ワークショップでは、リフレとマッサージの違いや、反射区とツボの違いについて教えてもらえ、実習後は …

和式トイレで便秘解消?正しい使い方と洋式トイレでの対応法も

便秘でお悩みの方の間で、「和式トイレなら出る」という噂が流れているようです。最近では、洋式トイレで和式に近い姿勢をとれるグッズも販売されています。 今回は和式トイレの便秘解消効果とキレイに使う方法、ト …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら