健康生活

あかぎれの薬ならコロスキンがおすすめ!早く治る塗り方は?

投稿日:

あかぎれ

秋風が吹き始めると、手荒れやあかぎれが気になります。特にあかぎれは痛いうえ治りにくくて嫌なものですね。

今回はあかぎれ対策としておすすめの「コロスキン」についてお伝えします。

あかぎれの薬ならコロスキン

コロスキンをご存知でしょうか?見た目も臭いも、チューブ入りの接着剤とそっくりで、透明な薬剤を直接あかぎれに塗って使用するものです。

コロスキンは、1943(昭和18)年から販売されている超ロングセラーの家庭薬です。あかぎれ対策として今もコロスキンは愛され続けています。

コロスキンをあかぎれに付けたときには、けっこうしみます。しかし、しみるのはほんの一瞬で、しばらくすると液状の薬剤が乾燥して透明な膜となり、あかぎれを覆います。

この膜は水仕事をしてもはがれにくく、あかぎれをしっかりと保護してくれるのです。 あかぎれが治るころ、コロスキンの膜は自然にはがれ落ち、役目を終えるのです。

【痛いあかぎれの救世主・コロスキン】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【DM便送料込み】【第3類医薬品】コロスキン 11ml
価格:641円(税込、送料無料) (2017/10/5時点)

あかぎれがコロスキンで早く治るのは?

冬場のあかぎれは避けられない?

あかぎれになるのは、手指の乾燥が最大の原因です。皮膚の乾燥が進むとひび割れが生じてあかぎれができます。

水仕事が多い方や、紙を触ることが多い方は特に手指が乾燥しがちで、ちょっとした刺激で皮膚にあかぎれができてしまうのです。

コロスキンで早く治る理由

コロスキンを塗るとあかぎれが早く治るのは、被膜が傷口をバイキンや水、刺激などから保護してくれるからです。

また、皮膚の乾燥はあかぎれを悪化させる原因でもあるため、コロスキンでしっかり傷口をカバーして保湿すれば早く治るのです。

水に濡れてもはがれにくいコロスキンは、一度付けておけば数日はそのままでOKなので、手間がいらないところも魅力です。

傷口は乾かしたほうがいいのでは?

子供の頃に学校でケガをすると。保健室でオキシドールを塗って消毒してから、フーフーと息を吹きかけて乾燥させていませんでしたか?

その記憶からか、ケガは消毒してから乾燥させて治すものと信じている方が多いようです。しかし、最近では患部を清潔にしたあと、消毒せずに保湿して治すという方法が主流となっているのです。

あかぎれでコロスキンの塗り方は?

キチンと塗ればしっかり付く

コロスキンはキチンと塗ればしっかり付いて、簡単にはがれることはありません。すぐにはがれてしまうという場合は、塗り方に問題があると考えられます。

  • まず患部を清潔にする
  • 出血があれば、止まるまで待つ
  • 薄く均一に塗る
  • 傷口から大きくはみ出さない量を塗る
  • 一度塗ったら乾くまでいじらない

というポイントを守って塗れば大丈夫です。

コロスキンを使用するときの注意

コロスキンは、あかぎれができたらすぐに塗るのが早く治すコツです。できてから日にちが経って、傷口が大きくなったり化膿してきたりしているなら、コロスキンを使用するのは見合わせましょう。

また、出血が止まらないうちに塗ると、コロスキンの膜の中で化膿してしまう恐れがあります。その他、目の周囲や顔、粘膜は避けて使用してください。

使用中、うっかり衣類や家具などに付けてしまった場合は、すぐに拭き取りましょう。乾いてしまうと、とても取れにくくなります。

あかぎれの薬ならコロスキンがおすすめ…まとめ

あかぎれにコロスキンは手放せない

あかぎれになったらすぐにコロスキンを塗ればひと安心。また、さかむけになりかけたときにも、コロスキンでガードしておけばひどくならず、いつの間にか治っています。

今までうまく塗れなかった方も、ポイントを守って再チャレンジしていただければと思います。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【守護神】です。

そばにいてくれるなら何があっても大丈夫、という心の平安をもたらしてくれるモノに出会えたなら、とても幸せだなと思います。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スタンディングデスクの選び方や自作でのお試し方法!重宝なグッズも紹介

スタンディングデスクが注目され、さまざまなタイプが販売されていますが、いざ買おうと思ったときに、まず気になるのはどんなことでしょうか? 今回は買ってしまってから後悔しないために、外せない選び方のポイン …

肝油ドロップは子供にいいの?どんな成分で食べ過ぎの心配は?

子供の頃、夜寝る前に食べる一粒の肝油ドロップが楽しみでした。懐かしい思い出ですが実は今も人気があり、最近では品薄で入手が困難になっているほど。 今回は肝油ドロップの成分や、食べすぎても大丈夫かについて …

ぎっくり腰には予兆がある!発症前に気付くべき症状と予防策とは?

9年前にぎっくり腰を患い、あまりの痛さに「二度と御免こうむる!」と決意しながら、先日とうとう再発!二度患って分かったことは、ぎっくり腰には予兆があるということです。二度あることは三度あるといいますが、 …

他人のストレスがあなたにうつる?予防のカギは心の免疫力!

直接的な攻撃を受けたわけでもないのに、ストレスフルな人が入ってきただけで、部屋の空気が悪くなった…こんな体験はありませんか? 実は、ストレスはインフルエンザのように伝染するのです。油断できませんね。今 …

台風で頭痛や肩こりなど体調不良になる原因と簡単な対策は?

毎年台風が来るたびに、頭痛や肩こりをはじめとする体調不良でつらい思いをしておられませんか?筆者も、台風が近づくと鼻が詰まることがよくあります。 今回は、台風シーズンを少しでもラクに過ごせればと考えて、 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら