社会生活

逃げられないストレスから身を守る 負け知らずの予防策とは?

投稿日:

城壁

よくあるストレス対処法は、どこまで行っても対処療法で、後手の策であることは否めません。

対処療法に終始して、根本的対策に手が回らずにいると、いつまでたってもストレスとお友達でいつづけることになります。

そんなことはまっぴらと思うなら、やられてからの手当より、やられずに済ませる予防策を打ってみませんか?

ストレスは戦わない

ストレスへの対応は一筋縄ではいきません。戦ったところで、ダメージを溜めない、あるいは少しでも軽くするのが精一杯、というのがよくあるパターンです。

ここは戦法を変えましょう。「ストレスとは戦わない」と決めてしまいます。

戦いからどうやって降りる?

ストレスと同じリングに上がらない

戦い方を考えるより、戦いそのものを回避することを考えましょう。身体的ストレスの場合なら簡単です。疲れる前に休む、とにかく早く寝るといった対応で、充分に回避できます。

一方、精神的ストレスの場合は、少々やっかいです。まずはストレッサーをつきとめましょう。

とりあえずは思いつくまま、ストレスを感じるシチュエーションを書き出します。

  • Aさんが上司に叱られたら、機嫌が超悪くなる
  • BさんがCさんからの電話を受けたら、八つ当たりされる
  • 連休明けは、Dさんが愚痴っぽくなる

など、ストレス警報発令中の場面を書き出しましょう。

その上で、その場に居合わせずにすませるにはどうすればよいか、を考えるのです。

完全に回避できなくても、「その場にいる時間を短くする」「遭遇する回数を減らす」「味方あるいは中立の人にも居合わせてもらう」など、方法はあるはずです。

ストレスのラリーをやめよう

ストレスを強く受けてしまうのは、ストレッサーとあなたの間でストレスの応酬をしているからです。いってみれば、ストレスのラリーを続けているようなもの。

終わらせる方法は、あなたが球を受けないことです。鋭いスマッシュを打ち込まれても、あなたに当たらなければ痛くも痒くもありません。

相手の攻撃をスルーしてやり過ごす、「ヌカに釘」「のれんに腕押し」「柳に風」の境地を、ぜひともめざしましょう。

正しく自己主張しよう

戦いから降りるということは、言うべきことを言わずに我慢することではありません。そんな状態では、あなたはサンドバッグです。

相手からの攻撃はまともにとりあわず、あなたの言うべきことを喧嘩にならないように主張することが、あなたの取るべき態度となります。

率直でありつつも、相手をやり込めたりしない話し方で、穏やかに自己主張しましょう。コツは、

  • 対等に
  • 誠実に
  • 穏やかに
  • 堂々と

以上の4点を心掛けて話すことです。

運動でカラダを鍛える

カラダを鍛えておけば、疲れにくくなり精神面でも耐久力がついてきます。ストレスをスルーするためにも、心のタフさは必要です。

運動は、ストレス解消という消極的な効果だけでなく、ストレスを受けないための、積極的な効果も期待できるものなのです。

降りることは負けではない

ここで注意しなければならないのは、戦いから降りることを、負けだととらえないことです。

守備範囲を超えた球を取ろうとすれば、エラーやケガをしやすくなります。このエラーやケガが、ストレスで発生する「諸問題」です。

不毛で無益な戦いは避けましょう。これは、オトナの知恵といえるものなのです。

これであなたもストレスフリー

ストレスへの賢い対応法は、ストレスと戦わないことです。

ストレスに白旗を揚げるのではなく、「もうアナタとはお別れします」と三行半を突きつける要領。スマートなオトナの対応を身に付けて、あなたの「心の中の楽園」を守ってください。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【不敗】です。

勝ちに行くのではなく、負けないことを目指すのが勝ち続けるコツです。派手さはなくとも一発屋で終わらないロングセラー、まるでボタモチのようですね。

※今日はボタモチ1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

いじめない・いじめられない子に育つ小学1年生からの社会教育

無事に小学校デビューを果たし、お子さんの行動範囲はずいぶんと広がったのではないでしょうか?一方、親の目の届かないところで、我が子がいじめに巻き込まれたりしないか気に掛かるところです。 お子さんの社会性 …

夏休みの宿題は誰のモノ?親が手伝うと子供をダメにするかも

楽しい夏休み!宿題は多いけど、休みは40日もあるんだからとアグラをかいているうち、気づけば間もなく新学期。結局は親が手伝ってなんとか間に合わせている…。 こんな悪習はもうやめませんか?夏休みの宿題を利 …

日記を続けるコツは気の向くままが正解!もっと楽しく書こう

日記を書くといいことがいっぱいあります。日記を続けるコツは、楽々と楽しく書ける仕掛けをつくること。 お気に入り文具を見つけるヒントから、5年前から日記を書き続けている、筆者の楽ちん事例までをご紹介しま …

瞬読体験会に参加した感想!トレーニングの効果や費用も紹介

速読を越えた瞬読というすごい読書法があると聞き、西宮で開催された体験会に参加しました。読書スピードが最低2倍にならなければ全額返金してくれるということで、相当の自信があるとみえます。 今回は、実際に瞬 …

N国ワン・イシューで立花氏当選!スクランブル放送は実現できる?

N国が参議院(全国比例)で1議席を取りました。公約は「NHKをぶっ壊す」で、具体的にはNHKにスクランブル放送の実施を求めるというものです。選挙の結果は、スマホやPCまで受信料の徴収対象にしようとして …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら