グルメ・スポット

神戸のUCCコーヒー博物館で焙煎体験!テイスティングや見学の感想も

投稿日:

神戸・ポートアイランドにあるUCCコーヒー博物館は、日本で唯一のコーヒー専門博物館です。五感を使ってコーヒーの奥深さを実感できる展示や企画好評で、大人から子供まで楽しめる施設となっています。先日、以前から気になっていた焙煎体験に参加することができました。今回は、UCCコーヒー博物館の焙煎体験のほか、テイスティングや見学の感想です。

神戸のUCCコーヒー博物館で焙煎体験

焙煎体験は予約が必要

コーヒーに凝り始めると、コーヒー豆の種類だけでなく焙煎の加減や鮮度によって変わる味わいの違いが気になるものです。そして、自分でも焙煎してみたいと思うようになるのですが、UCCコーヒー博物館はその希望を叶えてくれます。

焙煎体験は1日1回・定員12名で開催されますが、他のセミナーやイベントなどで開催されない場合もあります。参加には予約が必要で、UCCコーヒー博物館のホームページから申し込めます。なお、空きがあれば予約なしでも参加が可能です。

焙煎体験は小学生からOK

焙煎体験は、担当のお姉さんが丁寧に指導してくれます。対象は小学生からとなっており、料金は大人も子供もひとり1,000円(税込み)です。

参加当日、館内のミュージアムショップで料金を支払うと、手袋やうちわが入った専用のキットが手渡されます。これを持って定刻の5分前までに体験ルームへ行けば、自分だけのオリジナルコーヒーを作ることができるのです。

好きな豆を選んで焙煎できる

焙煎体験では、「モカ」「キリマンジャロ」「ブラジル」「コロンビア」「マンデリン」の5種類の生豆から好きなひとつを選ぶことができます。

酸味のあるコーヒーが好きな方は「モカ」か「キリマンジャロ」、個性的な味わいをお好みなら「マンデリン」がおすすめということで、筆者はバランスの取れた味わいが魅力のコロンビアにしました。

焙煎の道具は意外とシンプル

焙煎に使用する道具は、金網でできた胡麻炒りの親分のようなものでした。以前別の焙煎イベントで使われていたのも、やはり胡麻炒りに使う「焙烙(ほうろく)」でしたが、金網のほうが焙煎の進み具合がよく見えるため、作業を的確に進められるようです。

焙煎時間は15分ほど

この道具に生豆を入れてフタをクリップで止めたら、まんべんなく熱が回るようにガス火の上で揺り動かします。10分ほどで1回パチパチと豆がはぜますが、飲み頃のシティローストまでさらに5分ほど焙煎を続けます。

2回目のパチパチからは焦げやすいので慎重に…。頃合いをみて火から下ろしザルに上げ、うちわであおいで冷ませばできあがりです。

豆はそのまま、または抽出方法に合わせて挽いたものを、オリジナルの袋に詰めて持ち帰ります。なお、焙煎直後のコーヒー豆はあまりおいしくなくとのことで、豆のままなら2~3日、粉なら1日寝かせることがポイントです。

▼焙煎前の生コーヒー豆

▼焙煎したてのコーヒー豆

▼自宅でもやってみたいなら

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ハンドロースター(手網)
価格:2916円(税込、送料別) (2019/5/10時点)

楽天で購入

テイスティングは無料で体験できる

入館時に渡されるチケットと交換で、テイスティングができます。提供されるコーヒーは月替わりとなっていて、4月は挽きの違いを確かめるというコンセプトでセレクトされたものです。

同じ豆を使い同じ抽出法で淹れても、挽きの粗さで味が大きく異なることが理解できるようになっています。画像右側のコーヒーは見た目以上に味も薄く、抽出法に合った挽き具合を選ぶことの大切さが実感できました。

▼ペーパードリップには中細挽きがベスト

気軽に楽しめるUCCコーヒー博物館の見学コース

本格的な内容を分かりやすく見せる工夫が随所に

コーヒーの歴史・文化から、栽培方法や鑑定・焙煎・抽出などまでがよくわかる見学コースですが、五感で体感できるためお子さんでも充分に楽しめる構成となっています。展示品は本格的なものばかりで、特にさまざまな時代の抽出器具には目を奪われました。

とはいえ、抽出は基本的に湯を粉に通過させる「透過」と、粉をお湯に浸す「浸漬」に大別されるということを改めて実感。器具別の味の違いやおいしい入れ方も紹介されていたので、ドリップ式以外の方法も試してみたくなりました。

コーヒー博士認定クイズで1年間入館無料になるかも

見学の最後にチャレンジできるクイズがあり、5問すべてを正解すると「コーヒー大博士」に認定され1年間入館となります。筆者もチャレンジしてみましたが、あと一歩及びませんでした。

全問正解を逃しても顔写真入りの「コーヒー博士認定証」などがもらえるので、お子様も楽しくチャレンジできます。

UCCコーヒー博物館は駅近でお手頃価格

UCCコーヒー博物館は、ポートライナー「南公園駅」の西出口からすぐのところにあります。入館料は高校生以上が300円、65歳以上が150円、中学生以下は無料と大変お手頃で、さらにポートライナー1日乗車券があれば20%オフとなります。

1日乗車券はポートピアホテルでの飲食などでも割引特典が受けられるので、ぜひ有効に活用してください。

神戸のUCCコーヒー博物館で大人も子供も楽しもう!

行けばもっとコーヒーが好きになる博物館

家族が減ってから、自宅では1回使い切りのドリップパックかコーヒーバッグを利用していましたが、UCCコーヒー博物館の展示を見ているうちに、ノーマルなレギュラーコーヒーを復活させたくなりました。

UCCコーヒー博物館は、世界最大の旅行口コミサイト・トリップアドバイザーが認定する「工場見学&社会科見学ランキング2018」で日本全国TOP20にランキングしています。

コーヒーが大好きという方でなくても充分に楽しめますが、見学や体験をきっかけにコーヒーがもっと好きになると思いますよ。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【復活】です。

自分で焙煎したコーヒー豆を使って、久々にじっくりとコーヒーをいれてみました。味以上に香りが素晴らしく、自宅のリビングがコーヒーショップのように…。これを機に、レギュラーコーヒーを復活させてみようかなと思います。

※今日はボタモチ、2個追加!

 

-グルメ・スポット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

黄桜の伏水蔵見学と蔵出し清酒きき比べツアーは花まる企画

JR西日本が毎年季節ごとに開催しているイベント、ちょこっと関西歴史たび、2018年春の特別企画は「水と酒のまち 京都 伏見」です。そのなかの特別プラン『黄桜見学施設の特別アテンダントと蔵出し清酒きき比 …

灘の酒蔵探訪2018で蔵元巡り!蔵開きや巡回バスとアクセスも紹介

灘の酒蔵探訪が開催中です。記念すべき第20回目となる今年は、これまでの西郷・御影郷・魚崎郷に加え、西宮郷・今津郷も参加。初の灘五郷全域での開催となりました。 今回は、11月3日に開催された櫻正宗の蔵開 …

日本酒の種類の見分け方とは?酒蔵で教えてもらった方法を紹介

日本酒のメーカー(蔵)は全国に1,400近く、銘柄は1万ほどもあるといわれています。こんなにたくさんある日本酒ですが、種類を見分ける方法はとてもシンプルなのです。 今回は、西宮の酒蔵「白鷹」さんで教わ …

第14回阪急蔵元まつりで利き酒師との酒談義や女性が醸すお酒を楽しむ

阪急うめだ本店恒例の「阪急蔵元まつり」。毎回大人気のイベントで、第14回は「女性が醸す酒」がクローズアップされ、8蔵が特集ステージに登場しています。 今回は、人気企画「酒談義」にも参加でき、楽しいひと …

白鹿クラシックスでランチと灘の酒を!ショップやアクセスも紹介

白鹿クラシックスは、灘五郷の蔵元である白鹿が直営するレストラン&ショップです。レストランでは蔵元ならではの酒粕や日本酒を使った和食と灘の酒で、ちょっとぜいたくなひとときを過ごせます。 もう少 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら