暮らし

お墓がいらないなら遺骨の処分は?散骨や樹木葬は自分でできる?

投稿日:2018年8月30日 更新日:

お墓がいらないという人が増えていますが、お墓なしで遺骨の処分はどのようにするのでしょうか。遺骨の処分を間違えると逮捕されることもあるため、正しいやり方を知っておく必要があります。

また、散骨や樹木葬は自分でもできるようなので、今回はお墓がいらないという方のための遺骨供養方法についてです。

お墓はいらないけど遺骨の処分は必要

「お墓に納骨」が常識ではなくなった

すでにあるお墓が手に余り、墓じまいを考える人が増えている昨今。新たにお墓を作るなんてナンセンスだ、という声が上がるのは当然でしょう。

無宗教だったり無神論を信奉していたり方も多く、お墓を作らないという選択をするケースが増えています。そもそも、遺骨は必ずお墓に納めなければならないというわけでもありません。

さらには、婚家や夫のお墓には入りたくない、という切実な声もあり、遺骨をどうするかという問題が生じてきます。「火葬がすめばお墓に納骨」は、常識ではなくなりつつあるのです。

遺骨をなくすことはできる?

そもそも遺骨がなければ処分に頭を悩ませる必要はありません。一般的な火葬では遺骨が残りますが「焼き切り」呼ばれる方法なら残るのは「遺灰」となり、火葬場の供養塔や提携先の寺院などに埋葬してくれるそうです。

とはいえ、「焼き切り」が可能かどうかは焼却炉の能力に左右されるそうで、対応できる火葬場は限られているようです。

遺骨の処分、間違うと逮捕される?

納骨できないなら置いておく?

遺骨が残り納骨もできない場合、とりあえず自宅に置いておくことになります。ずっと置いたままにできるならそれもひとつの方法ですが、たいていそうはいかなくなるものです。

いつかは処分しなければならず、自宅に置いておくことは単なる問題の先延ばしにしか過ぎません。

自宅に埋めるのはNG

お墓や火葬・埋葬については法律で定められた方法があり、違反すると逮捕されることもあります。

遺体をそのまま埋めてしまうと、当然遺棄罪になりますが、火葬後の遺骨であっても墓地や霊園として定められたところ以外に埋めることはできません。自宅の庭にこっそり・・・などということは、おやめください。

散骨や樹木葬は自分でできる?

散骨や樹木葬で遺骨を供養

ご自身の供養方法として、散骨を希望される方が増えています。映画「あなたへ」でも、高倉健扮する主人公が奥さんの希望を叶えて長崎の海に散骨するシーンがありました。

本来は供養方法のひとつとして選択されていた散骨ですが、納骨できない遺骨の処分方法としても人気を集めているようです。また、樹木葬もお墓を持たない方の納骨方法として人気が高まっています。

遺骨はそのままでは散骨できない

散骨するためには、遺骨を粉砕して2mm以下の粉状に加工することが必須で、どこから見ても人骨に見えない状態にしなければなりません。

この加工を行うための免許や資格は不要ですが、一般の人が自分で行うことはなかなか大変そうです。粉骨加工を請け負ってくれる業者さんにお願いすることをおすすめします。

散骨できる場所は限られている

粉状にした遺骨であっても、好きなところに散骨できるわけではありません。一部の市区町村では条例で散骨を禁止しています。

また、河川や浄水施設付近では破棄物処理法違反を問われたり、漁業権がある場所や観光施設などでは、損害賠償や慰謝料を請求されたりすることもあります。

散骨が可能な場所で現実的なものとしては、私有地か沖合の公海があげられます。海に散骨する場合は環境や周辺地域への配慮が必要なので、私有地への散骨が安全です。

自宅での散骨にも注意が必要

私有地内であれば散骨は可能ですが、認められているのは粉骨をまくことです。粉骨を土に埋めたり、まいてから土を被せたりすると、散骨ではなく埋葬したことになってしまいます。

微妙な違いですが、墓地・埋葬などに関する法律では、墓地や霊園以外のところに埋葬することが禁じられていため、うっかり「埋めて」しまうと罪になります。くれぐれもご注意ください。

樹木葬も埋めなければOK

最近人気が高まっている樹木葬は、墓石ではなく樹木をシンボルとするお墓の一種ですが、永代供養のため継承者は不要です。

霊園などを利用せず自宅の庭に植えた故人が好きだった樹木や、故人が愛でていた樹木などに遺骨を供養できればいいですね。

一般の樹木葬では、普通の遺骨を埋葬しますが、自宅の庭で行う場合、粉骨であっても埋めると法に触れてしまいます。自宅で樹木葬をする場合は、樹木周辺に散骨すれば大丈夫です。

お墓がいらないなら遺骨の処分方法を決めないと

お墓なしでの供養は遺骨の扱いが決め手

お墓はいらないと決めたなら、遺骨の扱いについてきちんと決めておかなければ、かえって遺族に迷惑が掛かります。

遺骨の供養として人気が高い散骨では、遺骨を粉状に加工することがポイントで、ここだけ業者にお願いすれば散骨自体は自分で行うことも可能です。

また、無用なトラブルを避けるために、散骨場所にはくれぐれも注意していただければと思います。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【裏目】です。

簡単にすませたいと選択した方法がかえって面倒だったりすることは、ままあります。自分で最後まで面倒を見切れないことなら、なおさら慎重に考えたいものです。

※今日はボタモチ、1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

防災センターの防災体験で震度7を体感!消火器やAEDの使用法も

先日の大阪北部地震を受けて、本格的に地震対策を考え始めた筆者。ところが防災ブック「東京防災」を読み進むうち、実際に大きな地震が来たときマニュアルどおりに動けるのか?と不安に…。 そこで、防災体験ができ …

持ち家は断捨離できない?売れないし賃貸もムリなら空き家まっしぐら

外壁屋根塗装をして美しくよみがえった我が家ですが、離れて住む子どもたちからは「いらない」と言われています。筆者が住まなくなったあとの我が家は、売れなかったり賃貸にも出せなかったりすると、空き家になるし …

手ぬぐいの気軽な使い方と簡単なカバンの作り方を紹介

使い勝手の良さと守備範囲の広さに加え、デザインのユニークさに惹かれて手ぬぐいを愛用している筆者。最初の1枚は、ヱビスビールのおまけでもらったものでした。 特に意識してコレクションしたわけでもないけれど …

家族葬でありがちなトラブルは?香典や弔問はする?しない?

家族葬は、明朗会計で納得のいく葬儀ができると人気が高まっているようです。一方、声を掛けなかった方から「なぜ知らせてくれなかったの?」と苦情を言われたという声も聞かれます。また、香典や弔問はどうすればい …

お盆とお彼岸の違いがわからない!どちらもお墓参りの日では?

秋のお彼岸にお墓参りをするとき、ふと思いませんか?「ついひと月ほど前、お盆でお参りしたばかりだけど・・・」と。 そういえばお盆とお彼岸の違いって何だろう?お墓参りするだけなら、どちらか一方で構わないの …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら