暮らし

恵方巻のルーツは関西にあり?仕掛人はある凄腕マーケター

投稿日:2017年12月28日 更新日:

恵方巻

いつの頃からか、2月の節分には多くの人が恵方巻きを丸かぶりするようになりました。しかし、昭和の頃、恵方巻きは今ほどには幅を利かせてなかったような気がするのですが・・・。

今回は、恵方巻きのルーツやいつ頃から流行り始めたのか、などを探ってみたいと思います。

恵方巻きのルーツは関西の商家

大坂・船場が発祥?

恵方巻きは関西がルーツと言われています。江戸時代の終わり頃には、大坂・船場の商人たちが厄落としと縁起担ぎのため、2月の節分に恵方を向いて太巻きを丸かぶりしていたそうです。

また、大坂の花街で旦那衆が楽しむ芸者遊びが発祥という説もあります。

いずれにしてもまだこの頃には「恵方巻き」ではなく「丸かぶり寿司」や「太巻き寿司」と呼ばれていたそうで、具材は七福になぞらえて7種類入れるのが定番でした。

切らずに丸かぶりで食べるのは、運気を一気に頂くという意味合いからなのだそうです。鏡餅を切らずに割って食べるのと同じく、「切る」のは縁起が悪いからということなのでしょうか。

でも、正直言って巻き寿司の海苔を噛み切るのは一苦労なのですが・・・。

中興の祖も大阪人

時代は下り戦後以降、大阪の寿司・海苔業界が販売促進を目論んで、船場のローカル行事だった「節分の丸かぶり寿司」を伝統行事として復活させようと活動しました。

その一環で飛行機をチャーターしてビラを撒いたりもしたそうで、努力が稔り少しずつ広がりを見せていったということです。

一説によると、独立前の「元祖たこ昌」創業者も販促に尽力したのだとか・・・。商魂逞しい大阪人の面目躍如といったところでしょうか。

平成以降のブレイクはセブンイレブンの功績

今ではどこのコンビニでも恵方巻を販売しています。

しかしそもそもの始まりは、1989年に広島のセブンイレブン(オーナーは大阪出身だったらしい)が、縁起物として節分の丸かぶり寿司を販売して好評を博したことだったそうです。

その後、1998年の全国展開に当たって、丸かぶり寿司の商品名を「恵方巻」としました。恵方巻の名付け親はセブンイレブンだったのです。

その後、恵方巻の人気は高まる一方で、贅沢な海鮮巻きをはじめ、あれもこれもと試せるハーフサイズ、ついにはロールケーキまで、さまざまなバリエーションの恵方巻が販売されています。

恵方巻きは海苔の在庫一掃が目的だった?

コトの起こりは売れ残った海苔

そもそも大坂で節分に海苔巻きを食べる習慣が始まった理由は、よくわかっていません。

ところで新海苔が出回り始めるのは12月で、この頃になると新モノ好きの日本人は去年の海苔には見向きもしなくなります。

古海苔は値下げしてもさっぱり売れなくなってしまい、どこの海苔屋さんも在庫がはけずに困っていました。

縁起物として大ブレイク

この問題を解決したのが大坂の某凄腕マーケター。「節分に太巻きを食べると縁起がいい」と、大々的なキャンペーンを繰り広げ空前の大ブレイクを実現、一切値下げすることなく在庫を一掃させたのです。

縁起物に飛びつく日本人の特性に目を付け、在庫を値下げせずに売り切る恵方巻は秀逸なアイデアといえるでしょう。

・・・というのは筆者の勝手な妄想ですが、回転寿司を編み出したのも大阪人、充分にありそうな話だと思いませんか?

☆恵方巻パーティーで大受け必至!

まとめ

恵方巻は黙って食べよう

子供たちがいた頃は、「恵方ってどっちね?」「だいたいでええんちゃう?」などと、賑やかしくしゃべりながら恵方巻を食べていました。

本当は黙って食べなければいけないということを知ったのはかなり後で、後の祭りとはこのこと?

子供たちがいなくなってから、ハーフを2種類調達し、なんとなく恵方を向いてひとり黙って食べています。因みに2018年の恵方は南南東です。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【その気】です。

「やる気」より「その気」といいますが、縁起物が効くのは「その気」にさせてくれるからではないでしょうか?縁起物には乗ったほうがおトクということですね。

※今日はボタ餅、1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

amayuba

甘湯葉とゆばとの違いとは?戻し方のコツや簡単な食べ方も紹介

甘湯葉という食材をご存知でしょうか? 京都の知人から「おいしいのでぜひ」と紹介されたのが始まりでしたが、普通のゆばより見た目に色が濃くて厚みがあるだけでなく、味も濃厚で食べ応えがあります。 今回は、甘 …

Office Premium とOffice 365の違いとは?期間終了後に更新しないとどうなる?

1年前に買ったパソコンについていた「Office Premium プラス Office 365サービス」。1年間無料でOffice 365サービスが受けられるということですが、間もなくその無料期間が終 …

eo光1ギガキャンペーンに乗ってみたら大変なことになった話

eo光の100Mが少々遅く感じられるようになったので乗り換え先を検討していたところ、eo光から1ギガグレードアップキャンペーンのDMが届いたのです。 現在のコースに309円(税込み)プラスするだけで1 …

持ち家は断捨離できない?売れないし賃貸もムリなら空き家まっしぐら

外壁屋根塗装をして美しくよみがえった我が家ですが、離れて住む子どもたちからは「いらない」と言われています。筆者が住まなくなったあとの我が家は、売れなかったり賃貸にも出せなかったりすると、空き家になるし …

スパイスティーはおいしくて身体にいい!効能やおすすめティーも紹介

ひんやりしてくると、身体が温まるスパイスティーが恋しくなります。ところが、愛用のシナモンジンジャーティーが2年前に廃番となってしまいました。代用品を探してみたけれど、かつての愛用品に比べるとおいしくな …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら