暮らし

大阪天満宮の初詣と合格祈願お守りやすべらない縁起物をご紹介

投稿日:

学問の神様・天神さん(菅原道真公)をお祀りする神社は、全国に一万社以上もあるといわれており、受験生の合格祈願や初詣でも人気の高い神社です。

今回は、天満の天神さんとして親しまれている大阪天満宮と、受験生におすすめの合格守や合格縁起物などをご紹介しましょう。

大阪天満宮の初詣でお守りをいただこう

大阪天満宮の初詣は50万人が参拝

大阪天満宮へ初詣に出掛けました。例年50万人もの人が訪れると聞いていましたが、9時過ぎに到着したところ意外と混んでいなくて驚きました。

しかし、30分もしないうちにどんどん人が増えて、やはり50万人は伊達ではありませんでした。大陸や半島からお越しと思われる方たちもおられ、初詣は国際的になっているようです。

ちょうど新春初神楽奉奏が行われていて、巫女さんの舞姿を見ることができました。

12月25日にお焚き上げしたばかりなのに、もう絵馬がいっぱいです。

大阪天満宮のユニークなお守り

大阪天満宮のお守りはたくさんの種類があり、ご利益は学業成就をはじめ厄除、交通安全、安産、金運などひと通りそろっています。

筆者がいただいたのは「諸芸上達御守」で、才能の開花とさらなる技芸の上達を祈念するものです。仕事でイベントを担当することが多いため、芸達者になれるようにと祈念しました。

大阪天満宮の北門前東側に「天満天神繁昌亭」がありますが、噺家さんもこの御守を頂くのでしょうか?

大阪天満宮の合格祈願は一味違う

大阪天満宮の合格守はこんなに豪華

大阪天満宮のお守りはたくさんの種類があり、ご利益は学業成就をはじめ厄除、交通安全、安産、金運など、ひと通りそろっています。

受験生にはやはり学業成就ですが、大阪天満宮の合格守(ごうかくまもり)は特におすすめです。

この合格守は3,000円を納めますが内容の充実度は特筆モノです。合格之御守・合格祈願絵馬・御神札に加えて登竜門通り抜け参拝のための御本殿参拝券がセットになっています。

登竜門通り抜け参拝って?

大阪天満宮の拝殿と本殿の境目にあるのが登龍門です。

中国の龍門という、滝のような急流を登り切った鯉は龍になるという故事から、立身出世の関門のことを登竜門というのだそうです。

ここを通り抜けて受験突破を祈念するのが登竜門通り抜け参拝で、いくつかの日程が設定されているので、都合の良い日を選んでぜひとも参拝してください。

大阪天満宮参拝後にはすべらない縁起物を

大阪天満宮の北門前にある星合池のそばにある「星合茶屋」では、「すべらんうどん」というユニークなうどんをいただくことができます。

麺に入った切れ目に箸やフォークが引っかかって、食べる時につるっとすべらないという縁起のいいうどんです。

お土産用にも販売されているので、受験生へのプレゼントにいかがですか?

大阪天満宮のご利益に期待

御守の効果はいかに?

初詣でいただいた諸芸上達御守を身に着けて、すべらんうどんを食べてからステージに臨めば、芸がすべることなくイベントは盛況のうちにお開きとなるはず?

その前に企画を通さないことには始まりませんが、お守りや縁起物も事前準備の一貫として必要なものではないでしょうか。新年に新しいお守りをぜひどうぞ。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【縁起】です。

縁起は自分で作ることができます。モノゴトは全て因と縁によって生じる(因縁生起)わけで、良い因縁を作れば結果は自ずと良いものになるのです。

※今日はボタモチ、1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

塩麹・醤油麹や甘酒で簡単にできる日本酒に合うおつまみレシピを紹介

塩麹や醤油麹、甘酒がブレイクしてから、自分で麹を買ってきて手造りする方が増えているようです。ところがたくさんつくりすぎてしまうと、傷まないか気になりますね。実は米麹から作る塩麹・醤油麹・甘酒は、同じく …

人気の柔軟剤 ランドリンは男性のスメハラに効く?試してみた結果を報告!

梅雨が近づくと気になるのが衣類の臭い。キレイに洗濯しても部屋干しだとどうしても乾くまでに時間が掛かり、臭うことになってしまいがちですが、人気の柔軟剤 ランドリンがスメハラ対策になるという耳寄りな情報を …

プリンタインクが出ないのは寿命?試したいおすすめの解決法を紹介

まだ3年しか使っていないEPSONのプリンタが故障?マゼンタインクが出なくなったのです。ヘッドクリーニングを繰り返しても直りませんでしたが、ダメ元で試した方法で劇的に解決したのです。 こんなにあっけな …

おはぎとぼたもちの違いとお彼岸になぜ食べる?簡単な作り方は?

お彼岸にはおはぎやぼたもちが付き物です。でもこのふたつ、ほとんど同じモノに見えますね。 違うのは名前だけなのでしょうか?また、どうしてお彼岸にはおはぎやぼたもちをお供えするのでしょうか?簡単な作り方も …

七夕はなぜ7月7日?笹飾りの意味や織姫・彦星の真実とは?

もうすぐ七夕。古いものがどんどん廃れていく中、七夕は、今なお大切に引き継がれている年中行事のひとつです。 今回は、七夕をイベントとしての楽しむための、ネタになるようなお話をご紹介しましょう。 関連

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら