健康生活

汗がベタベタするのはなぜ?疲れやかゆいのをなんとかしたい

投稿日:

汗

汗をかくとベタベタして気持ち悪い…若い頃は汗だくになってもこんなことなかったのに、やはり年のせい?なんとかならないの?今回はそんなお悩みへの回答です。

汗がベタベタするのはなぜ?

べたつく汗は質が悪い!

汗はただの水ではありません。塩分をはじめ、尿酸やアンモニア、ミネラルなどが含まれていて、ベタベタの汗には、これらの成分が多く含まれています。

一方、サラサラの汗はほとんどが水分です。この違いは、汗腺の働きの良し悪しで決まるのです。

汗の材料は血液

汗は汗腺によって血液から作られまず。汗腺は血液から血球以外の血漿(けっしょう)をくみ取ったあと、血漿に含まれているミネラル分を血管に戻します。

この機能を『汗腺の再吸収』といい、この働きが良くないと、塩分や尿酸、アンモニア、ミネラルなどがたくさんまじった、ベタベタの汗になってしまいます。

汗がベタベタだと疲れる

ベタつく汗をかくと疲れるのは?

ベタベタの汗は、かゆみの元になるだけでなく、蒸発しにくいため体温が下がりにくいのです。

このため、さらに多くの汗をかくようになるのですが、汗腺の再吸収機能が追いつかず、よけいにベタベタの汗となってしまうという悪循環になります。

たくさんの汗を作るためには、たくさんの血液が使わるので、ベタベタの汗をたくさんかいた後は、ぐったりと疲れてしまうのです。

汗の質が悪くなるのは加齢のせい

汗の出る量は加齢とともに減ってゆき、減ってゆく順番は、下半身→上半身の後面→上半身の前面→頭部となっています。年とともに顔や頭ばかりに集中して汗をかくようになるのは、全身でかくべき量の汗を、頭部でまとめて引き受けなければならないためです。狭い箇所から大量にかく汗は、ベタベタしがちになります。

汗の質が悪くなるのは汗をかかないから

汗腺はカラダ全体に分布していて、その数は約500万個といわれています。しかし、全ての汗腺が働いているわけではなく、実際の働いているのは約半分です。

人間のカラダの機能は、『出番が減るとサボる』というクセがあります。運動しないと足腰が弱るのと同じですね。

汗がベタベタしてかゆい!

ベタベタした汗をかくと、汗とともに分泌された塩分や尿酸、アンモニアなどの物質によって皮膚が刺激され、かゆくなってしまいます。

また、汗はアルカリ性なので、本来弱酸性である皮膚をアルカリ性に傾けてしまうのです。このため、雑菌が繁殖して炎症を起こし、あせもになることもあります。

ベタベタ汗をなんとかしたい!

ベタベタ汗には水洗いが一番

最速で解決したいなら、汗をかいたらすぐに水で洗い流すのが一番ですが、なかなかそうはいきません。次なる策は、おしぼりやウエットティッシュで汗を拭き取ることです。

汗を乾いたタオルで拭き取ると、皮膚の表面に汗の成分が残り、ベタつきは解消できません。面倒でもおしぼりやウエットティッシュを使って、すっきりと拭き取ることが大切です。

涼感グッズも投入!

汗を取り除くことができない場合、ベタベタ汗の不快感がストレスになって、さらにベタベタ汗をかいてしまいがち。

こんなときには、気分をスッキリさせるために、清涼感を感じられるグッズを投入しましょう。『クールコア』や『ひんやりシャツシャワーストロングミント』がおすすめです。

特に『ひんやりシャツシャワーストロングミント』を胸の中央部にスプレーすると、吸い込む空気までひんやり感じられ、抜群の涼感が得られます。

疲れやかゆみは汗の品質改善で解消

積極的に汗をかこう

疲れやかゆみなどの、汗が原因となるトラブルを防ぐために、汗をかかないようにしようとするのは、よい方法ではありません。

熱中症や夏バテの予防にも、しっかりと汗をかくことが必要なのです。汗をかかないようにするのではなく、むしろ積極的に汗をかくことを心がければ、ベタベタ汗をサラサラ汗に変えることができます。

暑いときこそ熱いコトを

毎日の生活習慣としてイチオシなのは、入浴の際にしっかり湯船につかること。暑いからと言ってシャワーや水風呂ですませることはおすすめできません。たまにはサウナや岩盤浴で、じっくりと汗をかきたいものです。

また、適度な運動も必要です。熱中症に充分気をつけて、ムリのない範囲で行いましょう。

クーラーを避けることは難しいものですが、しっかり汗をかくことで汗腺の機能を復活させることができます。汗をしっかりとかく生活習慣で、汗の品質改善を行ってください。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【稼働】です。

Beに先立つのはDo!やるべきことをやるのが存在の証明になると思うから、今日もせっせと稼働中。

*今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

老眼のせいで読書ができない!本当の原因は他にあるのかも?

老眼のせいで本が読めなくなった…読書好きにとっては死活問題です。でも、本が読めなくなったのは、本当に老眼のせいだけなの?他に打つ手はないの? 今回は、読書の楽しみを取り戻すため、本が読めなくなった真の …

登山に適した自宅での筋トレ!通勤電車でこっそりできるものも

登山の基本トレーニングとしては、ワンゲル部でもやっている「荷物を背負っての階段昇降」がおすすめです。 これに筋トレを加えるとさらに効果を高められるのですが、ジム通いは、時間がなかったり面倒だったりして …

トラタニの毛糸のパンツで温活!モコモコ・チクチクせずストレスなし

冷え対策としていろいろな素材の防寒肌着が販売されていますが、子供の頃にはいていた毛糸のパンツの暖かさにはかないません。でもモコモコで着ぶくれしたり、チクチクして痒くなったりすると嫌ですね。 そこでおす …

脳ドックで認知症を発見できる?検査方法や値段と受診の注意も紹介

認知症関連のイベントなどで、認知症リスクを発見できるらしいと聞いて気になっていた脳ドック。とはいえ料金の高さがネックで腰が引けていたところ、市から助成を受けられることになり受診がかないました。 今回は …

子供の夜尿症は治療が必要?原因は病気?正しい対応法が知りたい

小さいお子さんに夜尿症(おねしょ)は付き物ですが、小学生になっても続いていたら、少し心配になります。 高学年になると宿泊授業などでお泊りすることもあるし、そろそろ治療した方がよいのか、放っておいた方が …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら