健康生活

静電気が起こりやすい人の改善法と除去グッズの上手な使い方

投稿日:2017年11月16日 更新日:

稲光

筆者は冬になると毎年『しびれる女』『刺激的な女』に変身していましたが、それは1万ボルトの目ヂカラではなく静電気のなせる技でした。

今回は、静電気による痛くて辛い思いとオサラバしたいとお考えの方へ、参考になる内容です。

静電気が起こりやすい人とは?

冬になって空気が乾燥してくると、静電気が発生しやすくなります。『静』電気といいながら、ビシッ!バシッ!とくると1万ボルトほどにもなるのだそうで、結構痛いものです。

しかし、同じ環境にいても何も起こらない人もいます。この違いはなんなのでしょうか?

カラダの水分量の違い

水は電気を通しやすいため、カラダの水分量が少ないと静電気が溜まりやすくなります。人体には水分が60%程度含まれていますが、加齢とともに水分量は低下します。

また、女性は男性に比べると水分量が少なめで、これは体脂肪の多さが影響しているのです。つまり、年を重ねた肥満傾向のある女性は危ないということになります。

着ているものの違い

厚着していると静電気が起きやすくなります。静電気が発生する原因は、衣類の摩擦です。衣類をたくさん重ね着して厚着していると、動く度に静電気が発生してカラダに溜まってしまいます。

筆者のような寒がりの冷え症は、ババシャツやパッチ、レッグウォーマー、靴下の重ね履きなど重装備になりがちなので、静電気を過剰に溜め込むことになるのです。

静電気体質の改善方法は?

静電気を溜めやすい体質の改善はすぐに効果がでるものではないため、静電気を起きにくくすることを合わせて実行したいものです。

水分補給を心掛ける

コーヒーやアルコールは利尿作用があるため、水分補給にはなりません。

また、カフェインが含まれていないハーブティーなら水分補給は行なえますが、沸騰させた水ばかり飲むことになります。水分補給に最適なものは生水ですが、寒くなると飲みづらいものです。

そこでおすすめなのが『生水のお湯割り』、冬場に摂りにくい生水を無理なく補給できます。

ビタミンCとミネラルを補給する

血液が酸化すると静電気が発生しやすくなるそうです。

ビタミンCとミネラルを補給することで、酸化した血液を中和することができます。風邪の予防にもなって一石二鳥ですね。

電解質飲料を補給する

静電気体質の人は、カラダがプラスに帯電しています。電解質飲料を飲んで身体にマイナスイオンを補給することが、静電気対策として有効です。

電解質飲料といっても何のことはない、少量の粗塩を加えた水を飲めばOKです。

皮膚を保湿する

皮膚が乾燥していると帯電しやすくなります。即効性のある対策方法は、ハンドクリームやボディミルク、ヘアオイルなどを付けることです。

また、お風呂に保湿効果のある入浴剤を入れることも効果的です。入浴の際には、脱脂力の穏やかなボディソープを使い、カラダをこすらないようにソフトに洗いましょう。

フリースは重ね着に注意

軽くて温かいうえ洗濯後に乾きやすいフリースは、冬場に重宝する素材です。しかし、ポリエステルでできているフリースは、静電気がとても起きやすい素材なのです。

対策は、重ね着するものの素材に注意することで、帯電しにくい綿素材の衣類を選べば静電気を起きにくくすることができます。

また、保湿素材を用いた保湿インナーを着用することも有効です。

静電気除去グッズの上手な使い方は?

静電気がカラダに溜まっているとカラダによくありません。

特にアレルギー体質の方は、ホコリやダニ、花粉などを引き寄せてしまい症状を悪化させることになります。また、精密機器が壊れる原因にもなるそうです。

おすすめのグッズは?

ブレスレットやネックレスは、筆者の場合あまり効果を感じることができませんでした。

これらのグッズは、『肌に直接付ける』ことと『外気に直接ふれさせる』ことの2点が使い方のコツで、筆者のように厚着しているとダメみたいです。

使って効果があったのは、キーホルダータイプとシートタイプの静電気除去グッズです。

グッズの上手な使い方

静電気は年中無休?

静電気は年中発生しているのですが、湿度が高い夏場は静電気が常時放電されているため、気にならないのです。

しかし、空気が乾燥している冬場には放電が起きにくいため、カラダにどんどん電気が溜まってゆきます。それが電気を通しやすいものに触れた瞬間、一気に放電されることでバシッと来るのです。

常時放電できれば問題なし

つまり、静電気除去グッズをこまめに使用して、夏場のように常時放電している状態に近づければ、静電気で悩まされることはなくなります。

筆者はキーホルダータイプをそばに侍らしてちょくちょく放電するようにしてからは、大きなビシッから開放されています。

また、静電気のバシッが起こりやすい場所の近くにシートタイプを貼り付けておいてまめに触るようにしてからは、車から降りた時やロッカーを開けた時などにバシッと来なくなりました。

たくさん溜め込むからエライ目に遭うわけで、溜め込まければ問題は起きないのです。ストレスと一緒かも?

【放電状態が見えるインジケータ付き】

【磁石でくっつき見た目もカワイイ】

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TRUSCO スパークガードマグネット100 2枚入り TSGM-K100D
価格:1501円(税込、送料別) (2017/11/16時点)

静電気が起こりやすい人の改善法と除去グッズ・まとめ

毎年の『年中行事』は今年で終了

体質改善は一朝一夕にはいかないものの、グッズの活用や生活上の工夫なら今すぐできそうですね。

毎年静電気で困っている人は、この際思い切って対策を講じられることをおすすめします。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【マメ】です。

オオゴトにしないことは、面倒を避ける知恵と言えます。悪い芽は早い内に摘んでおくに越したことはないのです。

※今日はボタモチ、1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

おしりのあせもを治すには?大人におすすめ市販薬と予防対策

暑くなると大人でもあせもになることが結構あります。 首や肘・膝の裏側のほか、下着が密着する胸元や腰周りなどの部位によく発生しますが、実はおしりにもあせもができがちなのです。 おしりのあせもは、できれば …

便秘解消の実体験レポート!おすすめ快便生活の方法は地味

20年越しの筆者の便秘が、やっと解消!よいと聞けばすぐに試した数々の手法は空振りに終わり、一生の付き合いになるのか・・・とあきらめかけていた便秘と遂にオサラバできました。 今回は、筆者の実体験からおす …

トラタニの毛糸のパンツで温活!モコモコ・チクチクせずストレスなし

冷え対策としていろいろな素材の防寒肌着が販売されていますが、子供の頃にはいていた毛糸のパンツの暖かさにはかないません。でもモコモコで着ぶくれしたり、チクチクして痒くなったりすると嫌ですね。 そこでおす …

マスクで耳や顔が痛い!息苦しい時や臭いベタベタの対策は?

昔はマスクをしていると「口裂け女」疑惑を持たれていましたが、今ではインフルエンザ予防や花粉症対策として、すっかり市民権を得たようです。 でも、マスクをすると耳や顔が痛くなるし、息苦しさや臭い、ベタベタ …

スマホ依存症の何が問題?デジタルデトックスって効果あり?

スマホを手放せないという人が増えていて、ひょっとして自分はスマホ依存症かも…と心配になっている方もおられるようです。デジタルデトックスをしてみようかという声もよく聞かれます。 今回は、スマホはそんなに …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら