健康生活

そのダイエットは無駄かも!健康的な体型をキープするには?

投稿日:

ハンバーガー

ダイエットへの関心は、年代を問わず高いものがあります。本来ダイエットは健康のための食事を指す言葉でしたが、いつのまにか痩せることを指すようになってしまいました。

今回は、無駄なダイエットをせず、健康的な体型をキープする方法をみてゆきます。

そのダイエットは無駄かも?

努力の割にちっとも痩せない…。それは、あなたの頑張りが足りないのではなく、ダイエットの方法が間違っているのかもしれません。

体脂肪を落とさなければダイエットは成功しないのです。効果が少ないと言われているダイエットをあげてみます。

単品ダイエット

リンゴ・バナナ・ゆで卵など…手軽さのせいか、さまざまな単品ダイエットが流行しましたが、どれも例外なく栄養失調になり、お腹は痩せません。

また、代謝が低下して太りやすくなり、リバウンドしやすいダイエットでもあります。

糖質制限ダイエット

糖質制限は、高血糖症の方の治療向けのものです。健康な方が自己流に取り入れると、肝臓に負担がかかり、筋肉量も減ってしまいます。

さらに、東洋医学においては、穀物や芋類は気を養うために必要な食材とされているのです。

汗かきダイエット

汗をかくだけでは体脂肪は落ちません。また、熱中症の危険もあり、これからのシーズンは特に避けて頂きたいものです。

ボクサーは減量のとき、トレーニングで汗を流し、水を飲まずにカラダを絞り込みますが、計量後はすみやかに通常の食事に戻しています。

断食ダイエット

よく「水を飲んでも太る」という話を聞きますが、むくんでいるのでなければありえない話です。

食べなければ確かに痩せます。インフルエンザか何かで3日も絶食状態になれば、たいてい何kgかは痩せているはずです。しかし、数日で元に戻ってしまいますが、これが健康的な姿なのです。

1日1食ダイエット

1日1食だと、どうしてもドカ食いになりがちで、急激に血糖値が上がります。すると、インシュリンの分泌量が増えるため、かえって体脂肪が増えてしまうのです。

ダイエットは健康のためのもの

目標体重◯◯kgを目指しているあなた、その目標数値はどこから出たものですか?ほとんどの場合、目標体重まで落とすと痩せすぎになります。

まずは、あなたの理想体重がどの程度なのかを計算してみましょう。

BMI22が一番健康

BMI(Body mass index)は、身長の二乗に対する体重の比で体格を表す指数です。この数値が男女とも22の時に高血圧・高脂血症・糖尿病などの病気に罹りにくいのだそうです。したがって、BMI=22となる体重が理想となります。

理想的な体重=22×(身長m)×(身長m)

身長1.6mなら約56kgですが、いかがでしょう。痩せる必要がないのにダイエットしていれば、健康を害してしまいます。肥満とされるのはBMI 25以上からなので、身長が1.6mの方なら、やせる必要があるのは体重が64kg以上の場合となります。

重さより中身が重要

体重が多いからといって、必ずしも肥満とは限りません。身体の脂肪が過剰に蓄積した場合を肥満というのであって、筋肉量が多い場合は、体重が多くても肥満とはいえません。

ダイエットが必要かどうかは、ウエスト周りのサイズで判定します。メタボ検診でおなじみのものですが、

  • 男性 85cm以上
  • 女性 90cm以上

の場合、ダイエットが必要とされます。

モデルなどスリムに見える体型の方は、おおむね痩せすぎです。彼女たちは、衣装に体型を合わせなければならないため、カラダをそぎ落としているのですから、くれぐれもマネしないでください。

ダイエットをキープするには

なぜリバウンドするの?

ダイエットしてもリバウンドしてしまうとお悩みなら、不必要なダイエットをしている可能性が高いと考えられます。

カラダは飢餓を何より恐れているので、一定の範囲以上に体重が減らないよう、省エネ対策を講じます。食べたモノを無駄なく脂肪に変えてカラダに備蓄しつつ、少ないエネルギーで活動できるよう代謝を落とすのです。

つまり、ダイエットを繰り返すことによって、痩せにくいカラダに進化していくということです。

特に無理な食事制限を行うと、体温の低下や、代謝に必要なビタミン・ミネラルの不足を招き、ますます「燃えにくいカラダ」になってしまいます。

リバウンドしない方法は?

理想体重を割り出す

まずは、BMIから理想的な体重を割り出しましょう。スリム願望が強い方でもBMIは20程度でとどめてください。

身長が1.6mの方が体重を50kg以下にしようとすれば、リバウンドするのは当たり前なのです。

食事制限は、やりすぎない

主食やお肉・油を摂らないといったような極端な食事制限は、リバウンドの元です。白いご飯を分搗き米や雑穀入りに替えて、しっかり噛んで食べてください。

お肉は脂身の少ない部位を選び、オリーブオイルなどの良質な油も取り入れましょう。旬の野菜をたくさん使ったバランスの良い内容の食事を、腹八分に抑えるだけでリバウンドしにくくなります。

温かいものを食べる

野菜をたくさんというと、サラダを思い浮かべますが、加熱した野菜も取り入れてください。

サラダばかりだとカラダが冷えてしまい、太りやすくなります。

カラダをこまめに動かす

運動習慣を持つことは大切ですが、適度とされる1日30分×週5日の運動を続けることは、なかなか難しいものです。そこで、運動していない時間の消費カロリーを増やすことを考えてみました。

たとえば、エレベーターやエスカレーターに乗らずに階段を使うことは、よくすすめられています。この階段昇降のは、山登りと同じ程度の運動効果が期待できるのです。自宅でテレビを見るときにバランスボールに座るのもいいですね。

スーパーで買い物をする時にカートを使わない、車より自転車や徒歩で移動するなど、暮らしの中でカラダを動かす機会を意識して増やすことが、リバウンドを防止する秘訣です。

意識しないダイエットが成功のコツ

ダイエットのための食事と運動について、日常生活の中でできる、あまりに普通のことばかりを挙げました。筆者自身こんなゆるい方法で、独身時代と変わらない体型を維持しています。

リバウンドしてしまうのは、カラダやココロがダイエットに伴う体重やストレスなどの「変化」を察知して、元に戻そうとするからです。急激なダイエットをすれば「変化」も急激なものとなり、リバウンドも激しいものとなります。

ちょっとした節制を続けることが、ダイエット成功への近道、急がば回れですね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【微差】です。

誰も気づかないほどの小さな変化を重ねてゆけば、ストレスや抵抗を受けることなくこっそりゴールしてしまうことができるのです。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スタンディングデスクの選び方や自作でのお試し方法!重宝なグッズも紹介

スタンディングデスクが注目され、さまざまなタイプが販売されていますが、いざ買おうと思ったときに、まず気になるのはどんなことでしょうか? 今回は買ってしまってから後悔しないために、外せない選び方のポイン …

インフルエンザの感染予防にアルコール!使い方やおすすめは?

毎年流行するインフルエンザ。罹ると消耗するし、仕事や学校を5日以上は休まなければなりません。特に忙しい年末や年度末には、インフルエンザをしっかり予防したいものです。 今回は、インフルエンザ予防に効果的 …

アロマテラピーでハンドマッサージのやり方と精油の選び方のコツ

季節の変わり目になると気候が不安定になり、体調や気分までスッキリしなくなりがちです。そんなときの救世主がアロマテラピー。特にハンドマッサージは手軽にできるので気に入っています。よい香りに包まれながらの …

肝油ドロップは子供にいいの?どんな成分で食べ過ぎの心配は?

子供の頃、夜寝る前に食べる一粒の肝油ドロップが楽しみでした。懐かしい思い出ですが実は今も人気があり、最近では品薄で入手が困難になっているほど。 今回は肝油ドロップの成分や、食べすぎても大丈夫かについて …

甘いものがやめられない!いつ食べると太らない?血糖値は?

甘いものの誘惑には、日々連敗しています。お腹が空いているときでも、食事の後でも、甘いものはいつも、心とお腹を甘美な幸福感で満たしてくれるのです。 でも、体重や血糖値はやっぱり気になりますね。そこで、甘 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら