健康生活

素肌美人のこだわり 夏だからこそ外せない3つの意外なこと

投稿日:2017年3月19日 更新日:

夏の海辺

寒かった冬が過ぎ、いよいよ桜が咲き始めました。お花見が終わるともう初夏の気配が漂ってきます。ゴールデンウィークにお出かけすると、タンクトップ姿の人を見かけることも。

気温が高くなって汗ばむようになると、夏のスキンケアが必要となってきます。素肌美人たちはどのような対策をしているのでしょうか?

素肌美人は季節を無視?

「夏だからといって化粧品をいちいち変えたりしない」というのが、一番多かった声。その理由は、アイテムを増やすのが面倒ということだけではありません。

素肌美人は、ご自身のお肌の状態に合わせてお手入れをしているのだそうです。夏だからこそ起こりがちなお肌の変化に対応するため、外せない3つの意外なことを教えてもらいました。

素肌美人のこだわり1 基本は外さない

美肌の基本は年中無休の紫外線対策と保湿。特に、夏場はおろそかになりがちな保湿を大切にされていました。

汗で湿っているのをお肌が潤っているとカン違いしたり、べたつくのがイヤだからと端折ったりして、保湿をサボるということはありえないのだそうです。

素肌美人のこだわり2 冷えへの対策

素肌美人がやっている夏場のスペシャルケアというべきものは、化粧品ではなく冷えへの対策でした。お店や乗り物ではたいていの場合、エアコンが効きすぎています。また、最近は自宅でも熱中症対策としてエアコンを常用するように推奨されています。夏のカラダは冷えているのです。

夏でも使い捨てカイロを利用したり、ショールなどの羽織モノで冷え過ぎないように気をつけたりと、こまめに対応しているとのこと。常温の飲み物で水分補給したり、温かいものを食べたりして、内臓を冷やさないように気を配ってもおられます。

そして素肌美人のイチオシはお風呂。温度はぬるめにしてゆったりと湯船に浸かり、しっかりと汗をかくのが秘訣なのだとか。庭にはびこっているミントをお風呂に入れると、湯上がりがさっぱりしてオススメというアイデアもいただきました。

素肌美人のこだわり3 洗浄剤で洗いすぎない

夏場は臭いも気になります。加齢臭などといううれしくない言葉も飛びかっていて、デオドラント対策としてさまざまなグッズが販売されています。

でも、強力な洗浄剤で皮脂を取りすぎるのは考えものです。皮脂はお肌を守る働きがあり、これが不足するとかえって過剰な皮脂の分泌を招くのだそうです。その結果、部分的なベタつきや吹き出物が生じ、さらに洗浄を重ねるという負のスパイラルに陥ってしまうのだとか。

素肌美人のみなさんは、汗をかいたら洗浄剤に頼らずに水で洗い流すことを心がけていて、外出先でも水で顔の汗を洗い流しているのだそうです。

お風呂でも毎日石鹸を使うのは要所のみで、のんびりお風呂に浸かることで、毛穴の奥までキレイになるというお話でした。確かに血流がよくなり、新陳代謝がアップすれば、老廃物の排泄も促進されます。いらないものがカラダから出ていけば、臭いの原因を元から断つことができるというわけですね。

素肌美人はよく学ぶ人

素肌美人の教えに共通するのは、グッズだけに頼りすぎないということでした。もちろん、いいモノに出会うまでには試行錯誤があったそうですが、納得できるものに出会うまで、妥協せずに探し続けてきたのだとか。

そして、グッズを上手に使いこなしながら、ライフスタイル全体についても、探求を怠らず改善を重ねています。そんな大いなる探究心と好奇心が、素肌美人の若々しさの源泉なのかもしれません。

今日のボタモチ

今日ご紹介したボタモチは、【学び】です。ただ待っているだけではいいモノに出会えません。何が必要なのか、どうすれば手に入るのか、考えて調べるといった学びによって、出会いの扉は開かれるのです。

※ 今日はボタモチ、1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あかぎれの薬ならコロスキンがおすすめ!早く治る塗り方は?

秋風が吹き始めると、手荒れやあかぎれが気になります。特にあかぎれは痛いうえ治りにくくて嫌なものですね。 今回はあかぎれ対策としておすすめの「コロスキン」についてお伝えします。

痩せて人生が変わるシーズ・ラボのメディカルダイエットアワード2018 

この度ご縁があり、メディカルエステ シーズ・ラボの「メディカルダイエットアワード2018」に審査員として参加させていただきました。 ファイナリストの方々を目の当たりにして驚いたのは、皆さんの素晴らしい …

リフレクソロジーとマッサージの違いと足裏反射区への効果は?

自分のカラダを自分でケアできるといいなと思って、英国式リフレクソロジーのワークショップに参加しました。 ワークショップでは、リフレとマッサージの違いや、反射区とツボの違いについて教えてもらえ、実習後は …

夏バテ予防にぜひ食べてほしい 簡単に手に入るおなじみ食材

食欲がないときには、胃腸を休めることが一番です。梅干し入りの雑穀がゆや甘酒などで、やさしく栄養補給を行うことをおすすめします。 でも、冷えと睡眠のケアで自律神経が整って食欲が回復してきたら、通常の食事 …

スマホ依存症の何が問題?デジタルデトックスって効果あり?

スマホを手放せないという人が増えていて、ひょっとして自分はスマホ依存症かも…と心配になっている方もおられるようです。デジタルデトックスをしてみようかという声もよく聞かれます。 今回は、スマホはそんなに …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら