健康生活

老眼で読書がつらい!老眼鏡を掛けたら度数が進むって本当?

投稿日:2017年5月13日 更新日:

メガネをかけた犬

人間50年、あっという間の夢幻のようでありながら、カラダのあちこちで現実を感じるこの頃です。中でも老眼は、リアルに老いを感じさせるもので、読書好きで視力自慢の筆者は、かなり凹みました。

今回は、そんな筆者が老眼を受け入れ、共存するに至った軌跡です。

ショック!老眼で読書がつらい

まさか老眼?

  • 最近読むのが遅くなった
  • 本を読んでいて疲れるだなんて
  • 読みたい本がたまってきた

まさか、そんなことが我が身に起ころうとは、夢々思いもしませんでした。50を目前にした頃のこと、文庫本の字を、時々読みづらく感じるようになってきたのです。

過去の栄光

筆者は視力検査表の全てを判読できることが自慢でした。また、1日中本を読んだり、細かい作業を続けたりしても、疲れるようなこともありませんでした。

視野も広いのか「なぜその位置からここが見えるの?」と驚かれたり、電車で通過する駅名を読み取れたりする、ハイスペックな筆者の視力。

「わたしに見えないものは未来だけ」という、よくわからない自慢をしていたものです。それが、なぜ?

なんのことはない、単なる老眼で珍しくも何ともないものなのですが、かなり落ち込みました。

老眼鏡を掛けたら度数が進む?

とりあえず老眼鏡は買ったけど

とりあえ度数0.75の、できるだけ軽い老眼鏡を入手したものの、「老眼鏡を掛けたら度数が進む」と聞いていたので、なるべく使わないで様子を見ることにしました。

確実に進行する老眼

初期の頃は、日和見的というか「老眼が治ったのではないか?」と思える程よく見える時もあれば、なんだか今日はぼやけて見えるという時もありました。体調や部屋の明るさなどに左右されていたのでしょう。

そのうち、午後3時を過ぎるとテキメンに見えづらくなり、数字やメールアドレスを見誤りそうになるなど、仕事に支障が現れはじめました。

老眼で疲れ目や肩こりも併発

不調は見えづらさだけではすまない

そうしているうちに、眉間のシワが深くなってきました。目の疲れ具合もひどくなり、頭が重くて辛い時も。ドライアイが重症化したように感じられたのもその頃です。

その上、肩こりまでするようになり、不調は目だけにとどまらず、どんどん拡大してゆくではありませんか。

ついに白旗

筆者は元々肩こりのしないタチだったため、これはマズイ…ということでついに降参、無理しないで老眼鏡を掛けることにしました。

メガネというもの自体に慣れていなかったため、鼻当てのあたるところが気持ち悪くて困りましたが、だんだんと我慢できるようになってきました。

無理しないで老眼鏡を使おう

見えにくいときには、無理しないで老眼鏡を使うようになってから、疲れ目や肩こりは解消しました。また、老眼になる前のように仕事がスムーズに進み、頭やカラダの疲労感もなくなりました。

ドライアイは市販の目薬ではなく、眼科で処方されたものを使い始めてから劇的に改善、目のかすみも気にならなくなり快調です。

目が疲れてしまう前に一息いれるなど、老眼によるマイナスを埋め合わせると同時に、目を労る習慣も身につきました。

老眼鏡でQOLの向上を

その後2年が過ぎましたが、度数は進んでいないようです。相変わらず普段は0.75の出来合いの老眼鏡、細かい作業のときだけ誂えた老眼鏡を使用しています。

老眼は老化現象のひとつで、避けられないものです。しかし、進行を遅らせたり、なるべく生活に支障が出ないようにコントロールしたりすることは可能です。

老眼鏡は便利な道具の一つと考えて、賢く利用するのが正解だと考えます。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【受容】です。

老眼は自然なことです。今までの激務に耐えてくれた自分の目に感謝し、今後はもう少し労るから、これからもよろしくというふうに思えたらいいですね。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏の疲れの原因は靴かも?足に合う選び方や楽になる工夫を紹介

夏は疲れやすい季節です。でも、暑いから仕方がないと諦めるのはまだ早いかもしれません。 その疲れ、実は靴のせいかもしれないのです。せっかくのレジャーやお出かけを、疲れて台無しにしないないためにも、靴選び …

子供の夜尿症は治療が必要?原因は病気?正しい対応法が知りたい

小さいお子さんに夜尿症(おねしょ)は付き物ですが、小学生になっても続いていたら、少し心配になります。 高学年になると宿泊授業などでお泊りすることもあるし、そろそろ治療した方がよいのか、放っておいた方が …

インフルエンザは紅茶で予防!効果的な飲み方やタイミングも紹介

普段はコーヒー党の筆者ですが、寒くなると紅茶が恋しくなります。紅茶を飲むと身体がポカポカと温まり、喉のイガイガもスッキリしますが、なんとインフルエンザの予防にも効果を発揮するというのです。今回は、イン …

ラフターヨガ体験記!効果はある?宗教?の疑問をすっきり解消

ラフターヨガ(笑いヨガ)が話題ですが、ネットで見てもよくわからなかった『何をするのか』『効果はあるのか』『宗教ではないのか』といった疑問を解消すべく、体験会に参加してみました。今回はそのレポートです。 …

ストレスに鈍感なのはよいことではない?それって失感情症かも

神経が太いのか鈍感なのか?いつも脳天気な人を見て「あんなふうになれたら楽なのに」と思ったことはなりませんか? でも、鈍感さにはいろいろあって、実は崖っぷち状態という鈍感さもあります。自分の感情に気づか …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら