社会生活

本番に強くなる方法 練習不足でもあがってしまっても大丈夫!

投稿日:2017年4月27日 更新日:

緊張

本番に強くなるには、充分な練習を積みあげ準備万端で臨むこと…真っ当なお答えです。でも、それができれば何の苦労もありません。本番は稽古不足を待ってはくれず、無情にもゴングは鳴り響き、リングに上がるしかないのです。

ここで、もし70の実力を110%出せれば、100の実力を70%出すより高いパフォーマンスを発揮できると思いませんか?今回は本番に強くなるための方法です。

本番に実力を出せないのはなぜ?

原因がわかれば対策を講じることができます。まずは、なぜ本番に実力を出せないのかをみてゆきましょう。

勝負は水物だから

例えば大学受験、模試では常にトップの成績を収め、「お前が受からなければ受かるヤツはいない」と皆に言われていたA君がまさかの不合格。片やいつもE判定で「お前が受かったら奇跡」と皆に言われていたB君がまさかの合格。

こういうことはよくあることで、勝負は水物と言われるゆえんでしょう。やってみなければわからないというのが、勝負事なのです。

ゆくえのわからない結果について、あれこれ考えても仕方がないということですね。エネルギーは、目前の対象に注ぎましょう。

プレッシャーとの闘い

本番では対象との戦い以前に、プレッシャーとの闘いに敗れてしまうケースがままあり、プレッシャーに負けてしまっては戦う前に結果は見えています。しかし、プレッシャーがまるでないという人は、ほとんどいません。

プレッシャーを感じるということは、アドレナリンが放出されて臨戦態勢が整ったという合図。勝負を前にすれば、多かれ少なかれ誰もが感じるものなのです。プレッシャーを敵に回さず、味方に付けることが勝利への第一歩です。

MAXを意識しすぎる

スポーツなどにおいて「本番で実力を100%発揮できれば勝てる」という指導がよく行われています。しかし、これを裏返せば、100%実力を発揮できなければ負けるということ。

100%を意識しすぎると、かえって肩に力が入りすぎてうまくいかなかったりするのです。

自分を意識しすぎる

勝負は自分との闘いとも言われています。道を極めたような方々は、自分との闘いを生涯続けておられるようです。しかし、普通の人が本番でこれをやるのはおすすめできません。

ぶっちゃけてしまえば、テスト・試合・発表会などでは、対象との比較で勝敗が決まります。合格基準点やライバル、観客の期待よりも、ちょっとだけ抜きん出ていれば勝てるのです。本番において意識すべきものは、自分ではなく勝負の対象なのです。

失敗を恐れすぎる

瞬間的な一発勝負で勝敗が決まるものについては、一瞬の失敗が命取りになってしまうことは避けられません。失敗を巻き返したり薄めたりする時間がないからです。

しかし、ほとんどの勝負は、ある程度の時間を掛けて行われるもので、仮にスタートでしくじったとしても、途中でいくらでも挽回は可能です。あるいは、そこを捨ててほかのところで得点を稼ぐこともできます。

失敗をなくそうとするより、失敗を予め織り込んでおくほうが現実的です。失敗を引きずって自滅することだけは避けたいものです。

本番に強くなる方法とは?

例えば、入試での出題が、過去問をはるかに凌ぐ難易度だった場合。「こんなに難しいなんて、もうダメ」と思うか、「こんな問題、解けるヤツは誰もいない」と思うか。こんな些細なことで、結果は大きく違ってくるのです。

そんなおめでたいことで大丈夫なのか?と思われるかもしれませんが、どちらの判断も、大した根拠に基づくものではありません。それなら、どちらを採っても構わないはずで、わざわざ自分を追い込むような考え方を採る必要はないと思いませんか?

本番に実力を出せない理由から、対策を抽出してみると、

  • 結果は誰にもわからない、だから気にしても仕方がない
  • プレッシャーは臨戦態勢完了の合図、さあ始めよう
  • 100%だなんて欲張らず、行けるところまで行こう
  • 相手も緊張しているし万全ではないはず、大丈夫だ
  • 終わりよければ全て良し、最後まであきらめずに頑張ろう

こんな脱力系の考え方をすれば、いわゆる自然体とか等身大とかいう状態になります。

あがってしまった自分や万全でない自分をどうにかしようとするエネルギーを、勝負ドコロに向けることができたなら、110%の出力は可能でしょう。

考え方ひとつで出力アップ!

筆者は、真面目な努力は報われるべきだと考えています。しかし、世の中を見渡してみると必ずしもそうではないようです。それはジャッジされる勝負ドコロに向けるべき出力が、あちこちに分散してしまっているからだと思うのです。

「本番に強くなる方法」を参考に出力全開で勝負ドコロを切り抜けて、稔りの多い人生を送っていただければ幸いです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【出力】です。

実力は出力してナンボのものです。隠していては誰も気づいてくれません。出力効率を高めて、どんどん日の目を見せてあげましょう。

※今日はボタモチ1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サラリーマンの副業でバレない方法や仕事は?バレたらどうなるの?

先細りの経済状況下、将来に不安を感じるサラリーマンが増えていることから副業への関心が高まっています。国も副業を奨励していますが、今なお副業禁止という会社も少なくありません。 そこで気になるのは、副業し …

新婚のお盆の過ごし方は?やっぱり夫の実家に帰省しないとダメ?

新婚のお盆休みは夫婦で気ままに過ごしたいものですが、それはやめた方が無難かも…。ここは頑張って、夫の実家に帰省しておくことが無難です。 今回は、それでもやっぱり行きたくないという方にむけて行かなくてす …

新型コロナで会社を休んだら休業補償される?パートでも大丈夫?

新型コロナウイルスの影響で、会社を休まざるを得なくなっている人が増えています。一部の人には賃金が補償されるようですが、正社員でなかったり子供がいなかったりするとどうなるのでしょうか。 今回は、どんな場 …

塾へ行かない方が学力はつく?自学自習で丈夫な頭を育てよう

塾の費用が高く付いて、アタマとフトコロが痛い…という声が多く聞かれます。小さいうちはまだ知れていますが、進級・進学とともにどんどん費用も上がってゆきます。 また、塾へ行き始めると、そのまま最後まで塾の …

お墓は何のためにあるの?誰のためのもの?本当にいらないの?

お盆やお彼岸にお墓参りをしたときに、お墓の話題が出ることがあります。 お墓の取得や維持には、かなりのお金や手間が必要となるため、最近ではお墓のいらない散骨や樹木葬、さらには0葬などに関心が高まっている …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら