社会生活

勉強より心構えが大切!自力で伸びる子に育つ働きかけとは?

投稿日:2017年4月26日 更新日:

剣道

ドキドキ・ワクワクの入学式から早1ヶ月近くが経ち、新1年生もそろそろ学校に慣れてきたころでしょうか。どのお子さんも勉強が楽しくて、目を輝かせながら学校へ通っていると思います。

しかし、時が過ぎ、高学年になると半分近くの子供たちが、勉強は楽しくないと思うようになるのです。本当に残念なことですね。勉強が楽しくないと学校の楽しさも半減します。今回は、自力で伸びる子に育つ、勉強の心構えについてです。

教わる者としての態度を教える

先生は先生

最近では、学校の先生より難関といわれる学校を卒業したご父兄はたくさんおられます。そのためか、学校の先生をバカにするご父兄が結構おられるようです。

しかし、お子さんの前で先生を呼び捨てにしたり、指導方針をけなしたりするのは止めるべきです。

そのような親の態度を見たお子さんは、先生の言うことを聞かなくなります。先生の言うことを聞かずにいて、学習効果があがることはありません。

お子さんには、教わる者としての態度を教えるべきで、先生の話をきちんと聞くこと、指示を守ることを習慣付けることが必要です。

先生に納得できないなら

もし、先生の指導法などへの疑問があれば、お子さんの前で言うのではなく、直接先生に尋ねてみるべきです。その上でどうしても納得がいかなければ、先生への批判は差し控えた上で、お子さんにご家庭ならではの教育を施せばよいのです。

特に、思想や信条については、我が家独自のものがあってしかるべきなので、「よそはよそ、うちはうち」は、決して理不尽なものではありません。

勉強を怖がらせない

脅しは禁物

お子さんにきちんと勉強させたいがため、「ちゃんとやらないとついていけなくなるよ」などと脅しをかけるご父兄もおられます。また、「先生に怒られるよ」という脅し文句もよく聞かれます。

しかし、これらは上手いやり方とはいえません。勉強は先生に怒られないためにやるものではありませんし、お子さんの手に負えないシロモノでもありません。

安心して勉強できれば伸びる

お子さんにとって、怖い対象と親しむのは難しいことです。学校の勉強や先生は怖いものではないことを教えましょう。

義務教育は、全ての親が自分の子供に受けさせなければならないもので、だれでもきちんと勉強すればできるようにつくられているから心配ない、先生は理由もなく怒ったりはしないから大丈夫ということを、お子さんに伝えましょう。

安心してこそじっくり勉強に取り組むことができ、じっくり取り組めば、自然と伸びていくものなのです。

子供に本当のことを教える

美しい言葉の落とし穴

子供には無限の可能性があると言われていますが、無限なのはあくまでも可能性であることを教えなければなりません。

まだ何者でもないお子さんは、何者にでもなれる可能性があります。しかし、現実には時間と椅子の制限によって、無情にもドアが閉じられてしまうことはよくあることなのです。

夢をつかむためには

お子さんに夢を見せるだけでは片手落ちです。夢が大きければ大きいほど、それに見合う手堅い詰めが必要で、それがなければ夢は夢のままで終わってしまいます。

一郎くんだって、大きな夢を叶えるために、小学校の頃から綿密な計画を立てて実行していました。お子さんの目を将来に向けさせる働き掛けと、毎日の勉強や練習の習慣付けをするのは、家庭での大切な教育といえます。

心構えが勉強の基盤

勉強には精神論より方法論が効果的という考え方もあります。しかし、心構えができていなければ、方法論はうまく機能しません。

親が手伝わなければ宿題をしない、テストの出来が悪いと途端にヤル気をなくすなどといったことは、心構えができていないために起きることです。心構えができている子どもたちは、自分なりに試行錯誤を繰り返しながら、やるべきことをやってゆけるようになります。

剣道においては、心構えができていなければ構えが崩れ、技が決まりません。同じように、勉強でも心構えができていなければ、学んだことが身についてゆかないのです。心構えこそが勉強の基盤なのです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【構え】です。

構えができているということは準備ができているということ。落ちてきたボタモチをしっかりチャッチするためにも必要なものなのです。

※今日はボタモチ1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

護身術で女性が身を守る方法!実技や被害防止対策はどんなもの?

薄着のシーズンになると、チカンなど不届き者が増えます。110年ぶりに刑法が改正され性犯罪が厳罰化されましたが、なんといっても被害に遭わないのが一番です。 今回は、兵庫県警察主催の『女性のための護身術教 …

姑の介護をしたくないなら絶対にしてはいけない5つのこと!

介護は大変なものです。実の親の介護であっても修羅場となることはしばしばで、決してキレイ事ではすまないのです。当然、姑の介護など絶対にイヤ!という方は少なくないでしょう。 今回は、姑の介護をしたくないな …

お彼岸のタブーって?お祝い事やお見舞い、引越しは大丈夫?

お彼岸は、お墓参りなどご先祖さまの供養をする時期とされています。ところでお彼岸には、してはいけないコトや、しないほうがいいコトはあるのでしょうか? 今回は、お彼岸にタブーとされることはあるのか?お祝い …

もしかしてあおり運転しているかも?車間距離以外で違反になるのは?

あおり運転って怖いよね~と他人事だった筆者ですが、先週3日続けて前の車に道を譲られてしまいました。なぜ?ひょっとしてあおり運転を疑われた?…と不安になったので、どのような行為があおり運転になるのかにつ …

ゲートキーパーの役割は聴くこと!養成研修会で学んだ聴き方NGを紹介

IT用語ではないゲートキーパーをご存知でしょうか?言葉の意味は「門番」で、自殺の門をくぐらせないための番人という意味合いです。 今回、ゲートキーパー養成研修会に参加して、聴くことの大切さを教わってきま …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら