エンタメ

龍谷ミュージアム「水木しげる展」原画やグッズで水木ワールドを堪能

投稿日:

龍谷ミュージアムで開催中の「水木しげる 魂の漫画展」は、すでに来場者が2万人を越えている人気の展示です。生涯現役だった漫画家・水木しげる氏が、魂を込めて描き続けた作品の生原稿や原画のほか、少年期の貴重なスケッチなど未公開作品を含む約300点が展示されています。

今回は実際に展示を鑑賞しての感想や、グッズ・カフェ情報などをご紹介しましょう。

水木ワールド全開の展示

ゲゲゲの鬼太郎は超ロングセラー

言うまでもありませんが、水木しげる氏は半世紀以上の人気を保っている超ロングセラー「ゲゲゲの鬼太郎」の作者です。

「ゲゲゲの鬼太郎」は1954年に紙芝居として発表された後、貸本・少年誌・TVアニメ・映画・ドラマ・ミュージカルなど、さまざまな表現形式を取って展開されてきました。

展示では初出を含む貴重な原画や生原稿を見ることができます。水木氏独特の緻密な背景描写は、原画で見るといっそう「何か」出てきそうな雰囲気を醸しています。

画才あふれる少年期の作品も

展示では少年期からの作品も紹介されていて、10代後半に描かれた作品は、すでに絵がストーリーを物語っているように見えました。

特に30×400cmの大作「昆虫繪巻物」は、ユニークなデフォルメと美しい色彩で虫たちが生き生きと描かれており、ぜひとも鑑賞していただきたい作品です。

戦記物作品はリアルな体験から

水木氏は、太平洋戦争で激戦地・ラバウルに出征し、左腕を失いました。そこで味わった理不尽さと幾度とない死への覚悟、そして現地の人たちとの交流が、漫画「総員玉砕せよ!」や、著作「トペトロとの50年―ラバウル従軍後記」に記されています。

地獄と天国を同じラバウルの地で見た体験は、目に見えない世界や命の煌きを作品に描き出す探求心や洞察力の、強い源になっていたのではと思います。

水木氏直筆の「あの世の絵」も特別展示

水木しげる氏は、鳥取県の境港で幼少期を過ごしました。その頃、のんのんばあ(実家のお手伝いさんだったおばあさん)に連れられて見た「地獄極楽絵図」に魅せられてしまったそうです。

龍谷ミュージアムでは、水木氏の一生を決めた?「地獄極楽絵図」の複製パネルや、仏教世界にまつわる水木氏の直筆原画、「常世国」「阿弥陀の浄土」「八大地獄の光景」「決死の渡海 補陀落浄土」が特別展示されています。

これらの限定品は展示会場のラストで地味に紹介されているため、見落とさないようにご注意ください。

ユニークな妖怪グッズがいっぱい

地下1階のエントランスに設けられたグッズ売り場には、ここでしか手に入らないオリジナルグッズのほか、図録や関連書籍などがたくさん販売されています。

品目は定番のクリアファイルやトートバッグをはじめ、マグカップや文具、Tシャツ、妖怪キャラクターの人形など。巨大な目玉おやじが当たるくじなどもあり、ファンにはたまらない品揃えです。

▼妖怪占いができる飴ちゃん

ミュージアム1階にはカフェも

龍谷ミュージアム1階の堀川通りに面した入口横には、ミュージアムカフェショップがあります。お目当てだった「黒ごまパンと京野菜のホットサンド」は残念ながら品切れだったので、「お野菜たっぷりの和風パスタ」をいただきました。

▼鑑賞後のひと息に

ショップは「京都くろちく」が運営していて、ミュージアムのオリジナルグッズ以外に和雑貨もあります。

なお、2017年度秋季の特別展「地獄絵ワンダーランド」、筆者は見逃してしまったうえ、図録も完売となっていました。ところがなんと、ミュージアムカフェショップにはまだあったのです!欲しかったのに買えなかった方、今ならまだ間に合うかも?

「水木しげる 魂の漫画展」の詳細

  • 会場:龍谷大学 龍谷ミュージアム
  • 日時:2018/9/22(土)~11/25(日)10:00~17:00 ※最終入館受付は16:30まで
  • 住所:京都市下京区堀川通正面下る(西本願寺前)
  • アクセス:駐車場がないため公共の交通機関をご利用ください
    • JR・近鉄・地下鉄烏丸線「京都駅」から徒歩約12分
    • 地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩約10分
    • 京都市バス9・28・75系統「西本願寺前」下車、徒歩約2分
    • 料金:一般1,200円高校・大学生800円・小中学生400円

10月31日(水)スタートした「水木ナイト」は、11月22日(木)までの毎週水曜日と木曜日に19:00まで開館時間が延長されるというものです。

また、11月19日(月)には臨時開館が決定しており、先着200名に本展の非売品ポスターがプレゼントされます。

ハッタリではなかった「『魂』の漫画展」

漫画ファンでなくても見てほしい展示

2016年に93歳で亡くなった水木しげる氏は、そのユニークな生き方から漫画ファン以外の方からの人気も集めてきました。氏のモットーだった「幸せの七ヵ条」の第五条には、「才能と収入は別、努力は人を裏切ると心得よ」とあります。

好きの力を信じ、自分の楽しさを追求しようと呼び掛けてきた水木氏ですが、この第五条で単なる「自分ファースト」主義ではないことがわかります。この覚悟なしの「自分ファースト」は単なる自己チューで、かえって不幸になってしまうのでは?

かといって、水木氏は家族を顧みず好きなことに邁進したわけではなく、このあたりのバランス感覚が「達人」の奥義なのかもしれません。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【達人】です。

その道の達人には誰もがなれるわけではありませんが、自分の人生限定での達人であれば、誰でもなれるチャンスがあります。これがあるべき自分ファーストで、達人になるための総仕上げが終活ではないかと思うのです。

※今日はボタモチ、2個追加!

-エンタメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

文楽と人形浄瑠璃の違いは?大阪と淡路で両方見た感想を紹介

京都のギオンコーナーで、未知の世界だった文楽のサワリを見て、ぜひ通して見てみたくなった筆者。鑑賞できる場所を探していて見つけたのが、大阪の国立文楽劇場と淡路の淡路人形座でした。 今回は、大阪の文楽と淡 …

大阪市立美術館のルーヴル美術館展の混雑状況は?面白企画や感想も

大阪市立美術館で開催中のルーヴル美術館展は、肖像を切り口にルーヴル全8部門から、古代エジプトから19世紀ヨーロッパまで約110点もの傑作が展示されています。 肖像絵画や彫刻は、作品に依頼人や芸術家の思 …

ギオンコーナーの演目と所要時間は?割引やアクセスも紹介

ギオンコーナーは京都・祇園にある施設で、京舞をはじめ華道や茶道など日本の伝統芸能を鑑賞できるスポットです。海外からの観光客に大人気の名所で、筆者が訪れたときも観客のほとんどが外国人でした。 今回は、ネ …

江戸の戯画展で世界初のきん魚づくしを鑑賞!アクセスや鑑賞のコツも

特別展「江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで」が大阪市立美術館でスタート。初日の17日に出掛けて、目玉のきん魚づくしを鑑賞してきました。今回はそのレポートと、大阪市立美術館へのアクセスや楽しく鑑 …

フォレストアドベンチャーで野生回帰!内容や服装と注意点も紹介

高いところが大好きな筆者が、以前から気になっていたフォレストアドベンチャー。森林をそのまま活用した空中アスレチックといえば分かりやすいでしょうか。先日やっと訪れることができましたが、こんなに楽しいもの …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら