お金

節約はケチにあらず!ムダをなくしてお金とゆとりを手に入れよう

投稿日:

セキュリティ

節約を頑張りすぎて節約疲れを起こしてしまい、リバウンドでかえってお金がなくなってしまったとか、あるいは夫婦喧嘩になったとか。

夫のあとについて電気を消して回っていたら、夫に「わしの稼ぎが悪いんか?」と言われてつい、「よくお分かりで」と答えてしまった…というのは我が家の話。今回は賢く節約する方法についてです。

節約とケチは大違い

ケチと混同されがちな節約ですが、実は全く別モノ。

  • 節約は、無駄をなくすこと/ケチは、必要なモノまで削ること
  • 節約は、他人のための出費をいとわない/ケチは、他人のための出費を惜しむ
  • 節約は、使うために貯金する/ケチは、貯金自体が目的

つまり、有意義なお金の使い方ができるのが節約で、単にお金を出し惜しみしているだけなのがケチというわけです。

また、筆者の見るところでは、ケチな人はいつも「お金がない」と言っているようですが、節約上手な人の口からは、あまりお金がないという言葉は聞かれないようです。この違いは、「ゴールが見えているかどうか」ではないでしょうか?

節約上手な人にはゴールがはっきり見えていて、それに向かって進んでいる自分も把握できているのでしょう。ケチな人は、ゴール自体が存在しないので、達成感や満足感を得られず、いつまでもお金の不安から逃れられないのだと思います。

目先の節約に追われていませんか?

遠方のスーパーへ出かけ、開店前から長時間並んで特売の卵をゲット!でも、ガソリン代や買い物に掛かった時間・労力に見合う値引きだったかどうか?

他にも、洗濯の回数を減らして節約したつもりが、衣類に汚れやニオイが染み付いて、結局着られなくなったとか。

目先の出費を抑えてみても、トータルでみれば結局損をしていたという事例です。これでは骨折り損のくたびれ儲けですね。お金そのものだけでなく、時間や労力といったものの「資産価値」まで考えた節約であれば、節約疲れとは無縁でいられるはずです。

実は大きい、節約の効果

チリはいくら積もってもチリですが、小さな節約が積み重なると、バカにはできない効果が得られます。

最近では大手企業でも昇給5000円は難しいようですが、ひと月に5000円節約できたなら…いかがでしょう、収入が増えたのと同じことになりますね。

昇給に頑張りがすぐに反映されるとは限りませんが、節約なら頑張った分だけ確実にお金が残っていきます。俄然やる気がわいてきませんか?

ザルの穴をふさぐのが節約

「節約なんて細かいことは嫌い!稼ぎを増やす方が絶対に早い」かつて筆者はそう考えていました。本業のほかにアルバイトをして収入を増やしていた頃です。

確かに収入は増えました。しかし、なぜか支出も増えてゆき、ゆとりある生活には至りませんでした。結局、カラダを壊して虻蜂取らずとなってしまったのです。

無駄づかいのクセが抜けないまま収入を増やしても、増えた分無駄づかいしてしまうだけ。ザルの穴をふさぐ前にザルを大きくしてしまうと、穴もいっしょに大きくなってしまうということですね。節約ができるようになってから収入アップを目指す、この手順を間違わないようにすることが大切です。

活かして使おう!節約で浮いたお金

せっかく節約で浮かせたお金。どこへ消えたかわからないということにならないように、しっかり分けて管理すべきです。

筆者のスマホ変更で浮いた6000円は、6000円分の価値を実感できないままうやむやに消えていました。そこで、ネット銀行に新しく口座を開設して入金することにしたのです。

できれば、手をつけずに積み立ててゆけたらベストですが、変則的な出費の際に出動させて、赤字転落をくいとめる守護神口座にしてもいいと思います。なんといっても、節約は「使うため」のものなのですから。

節約で自前のホームセキュリティを

金銭管理の基本は、収入>支出を維持することです。収入がいくら多くても、支出が上回っているなら、安心とゆとりのある生活は送れません。

また、チリツモ効果で大きくまとまったお金は、あなたの勝負どころで頼もしい助っ人となってくれるはずです。「何かあっても大丈夫」という安心とゆとりは、お金で手に入れることができる、いわば自前のホームセキュリティのようなものだと言えるのです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【備え】です。備えあれば憂いなしと昔から言うではないですか。お供えは仏壇に、備えは我が家に、これで万事うまくいくはず。

※今日はボタモチ1個追加!

-お金
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

副業でサラリーマンにおすすめは?いくら稼げる?確定申告は?

「残業規制や給与カットなどで月収が減ってしまった」「老後に備えて貯蓄を増やしたい」などの理由で、副業を考えるサラリーマンが増えているようです。 そこで今回は、サラリーマンがチャレンジできるおすすめの副 …

教育費を抑えるコツと安上がり戦略!習い事・塾が落とし穴

ますますひとりっ子が増えています。きょうだいが多ければいいというものでもないけれど、もし、子育て費用が心配でふたりめのお子さんをあきらめているのなら残念です。 今回は、筆者が実践した教育費を抑えるコツ …

積立金

厚生年金と国民年金の統合で積立金の行方は?サラリーマンは損するの?

厚生年金と国民年金の統合が取り沙汰され、サラリーマン家庭からは、積立金が消えてしまうのでは?高い保険料を払ってきたのに許せない!という声があがっているようです。 そこで今回は、厚生年金と国民年金の統合 …

ふるさと納税の自己負担2,000円で全額控除を受ける目安は?

ふるさと納税で節税できると聞いてやってみたところ、自己負担金が2000円を越えてしまったという声がよく聞かれます。ふるさと納税で控除される金額は、所得との兼ね合いで変わってくるからです。 控除される金 …

生命保険に入る意味は本当にある?必要な人といらない人は誰?

筆者は「ノストラダムスの大予言」を信じて終身保険を解約したクチで、その後掛け捨ての共済オンリーですませていました。ところが現在の保障は60歳で打ち止めになるため、今後のことを考えてFP(ファイナンシャ …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら