エンタメ

里山ハイキングの体験会に参加!ガイドの案内で楽しさ倍増

投稿日:2018年4月26日 更新日:

先日、加古川市ウェルネスパーク主催の「眺望を楽しむ里山ハイキング」に参加しました。筆者はこれまで何度か里山や低山に出掛けていますが、ガイド付きの里山歩きは今回が初めて。どんな内容なのかワクワクしながら迎えた当日は絶好の山日和でした。

今回はちびっ子からシニアまで30名ほどの方々と一緒に参加した、里山ハイキングの体験レポートです。

筆者の里山体験レポート

ガイドさんは地元の方々

ハイキングコースとなった神吉山は北山・中山・行者山・小山(それぞれの標高:58m・65m・98m・73m)の総称です。地元自治会が管理している里山で、ガイドしてくださったのは里山会の方々でした。

途中に急な坂があるとのお話しでしたので、里山会が用意してくださっている手作りの杖を拝借することに。「開運の杖」と刻み文字が入った杖に、地元の方々のユーモアと優しさが感じられます。

★拝借した手作りの杖

歩きやすく整備されたコース

コースは枝や草が刈られて大変歩きやすく、ところどころでタケノコやワラビが顔を出していました。

★ワラビがニョキっと…春ですね

★ツツジも咲いていました

道中に自生しているタラヨウは、葉の裏面をとがったものでなぞると線が黒く浮き出します。文字を書いてハガキ代わりにできることから、郵便局の木として定められているそうです。

★筆者も落書きしてみました

道沿いに並んだ西国三十三札所のミニチュア版(?)は、西国三十三箇所になぞらえた石仏を並べお手軽に回れるようにしたもの。素朴なつくりの石仏は表情がとても愛らしく、見ているだけでほっこりした気分になります。

★素朴で愛らしい表情の石仏

神吉山は1877年に官有地となって払い下げられましたが、地元の方々が寄付を募って 1887年に買い戻したそうです。中山の山頂にはこれを記念した碑が建てられています。

★中山記念碑

★ガイドさんの解説に耳を傾ける皆さん

この山にはかなり古くから人が入っていたそうで、弥生時代末期(3世紀)頃のものとみられる古墳跡も残っています。

★行者山の山頂にある古墳跡そばの役行者と不動明王像

★行者山からの眺望

迷子にならないよう要所要所に案内板が立てられています。これが手作り感いっぱいでなかなかいい味を出しています。

★手作りの案内板

ガイドさんの心遣いに感謝

ふれあい里山会の方々には、見晴らしの良いビュースポットでの休憩時に冷たいお茶をふるまっていただきました。

炭焼き小屋で焼いた竹炭を分けてくださったり、ちびっ子にはしゃぼん玉をプレゼントしてくださったりと至れり尽くせりで、100円の参加費が申し訳なく感じられるほどでした。

★頂いた竹炭はシューズキーパーにする予定

駐車場やトイレもあって安心

加古川ウェルネスバークのすぐそばにある神吉山の約2時間・4kmのコースは、初心者やちびっ子・シニアも気軽に参加できるものでした。入り口のすぐそばに駐車場やトイレがあるところもうれしいですね。

ハイキングが終了したのがちょうどお昼前だったので、ウェルネスパーク内にある食堂で加古川名物「かつめし(税込み800円)」をいただきました。ウスターソースではなくデミグラスソースがかかっているのが特徴で、洋皿に盛り付けてお箸でいただくのが流儀だそうです。

★加古川名物・かつめし

里山ハイキングは誰もが楽しめる

ガイド付きだとなお楽しい

黙々と歩きひたすらゴールを目指すのも悪くありませんが、今回のハイキングのように眺望を楽しむことをメインに歩くというのもまたよしです。

ガイドさんの興味深いお話しに耳を傾けながら周囲をじっくり眺めてみると、ひとりだと目を留めることなく素通りしてしまいそうな風景が目に入ってきました。

遠くへ出掛けなくても身近な里山でスローライフな気分を味わうことができます。たくさんのイベントをハードにこなす連休の合間に、ぜひ里山でのスローなひとときを加えていただければと思います。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【足元】です。

すぐ側にあるモノはかえって見えなかったりしますが、意外と身近なところにいいものがあったりします。ずっと前からそこにあるのに、発見できていないものはまだまだあるかもしれません。

※今日はボタモチ、1個追加!


-エンタメ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

チャットモンチーが解散!理由とそのときはいつでその後どうなる?

チャットモンチーはデビュー記念日の11月23日に、オフィシャルサイトで「LAST ALBUM RELEASE IN 2018」という告知を掲載しました。 さらに翌日、橋本絵莉子と福岡晃子が連名で『20 …

手軽にアウトドアするなら車中泊!車やコンロは何がいいの?

アウトドアを体験したいけど、テントとか高そうだし難しそうだし…と躊躇している方へ朗報です。手軽な車中泊はいかがでしょうか? 外せない点さえ押さえれば、専用グッズを買わなくても大丈夫。家にあるものや代用 …

文楽35周年「仮名手本忠臣蔵」全段上演! 四段目まで観た感想を紹介

人形浄瑠璃三大名作のひとつ「仮名手本忠臣蔵」が、大阪の文楽劇場で3公演に分けて全段上演されます。 映画やドラマでは討ち入りがクローズアップされていますが、文楽では討ち入りまでの経緯がメインで、4月公演 …

野鳥を庭に呼べるバードフィーダーの作り方とエサは何がいい?

先日バードウォッチングに出掛けましたがあまり野鳥たちに会うことができず、レストハウスでひと休みすることにしました。ところがコーヒーをすすりながら何気なく窓の外を眺めていると、野鳥たちがにぎやかに飛び交 …

漢字ミュージアムを口コミ!夏休み企画や割引・アクセスも紹介

京都・祇園にある漢字ミュージアムをご存知でしょうか?あの漢検がプロデュースしている漢字博物館兼図書館です。と聞けばお堅いイメージが浮かびますが、これがハマる面白さ!夢中になって遊んでしまいました。 今 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら