暮らし

浴衣が暑いときの対策!涼しい楽な着方の工夫と帯や小物を紹介

投稿日:

浴衣

夏の暑い日、浴衣姿はとても涼しげです。

しかし、実際にはかなり暑く、汗だくになっている人も結構見かけます。また、普段から着慣れていないためか、浴衣を着るとかなり苦しい思いをするものです。

今回は、浴衣の暑い・苦しいを解決して涼しい顔で着こなす方法をご紹介しましょう。

浴衣が暑いときの対策は?

素材で暑さはかなり違う

最近の浴衣は、ポリエステル製が増えています。手入れが簡単で価格もお手頃、斬新なデザインも多く、いいことずくめに見えますが、暑いのが欠点です。

涼しく浴衣を着たいなら、昔からの綿や麻が断然おすすめです。

暑さは浴衣のせいだけではない?

浴衣が暑い理由は、浴衣の素材だけのせいではありません。

むしろ、着慣れない浴衣を着て緊張することや、着崩れ防止のための補正による暑さや苦しさ、履きなれない下駄で足が痛くなることなど、浴衣以外の要因のほうが暑さの原因となっているのです。

できるだけ負担の軽い浴衣の着方を工夫すれば、涼しく過ごすことができます。

浴衣の涼しい着方とは?

二部式浴衣を選ぼう

二部式浴衣とは、上下がセパレートになっている浴衣です。自分ひとりで着ることができるので、もし、着ている途中で着崩れてしまったとしても、簡単に直すことができます。

着崩れを気にせずにすむので、タオルを巻いての補正もほとんどいりません。洗濯も手軽にでき、アイロン掛けも簡単なので、普段から気軽に着ることができる点も魅力。

浴衣を普段着感覚で着ることができれば、一番の暑さ対策となります。

兵児帯は涼しくて楽

浴衣で暑いのが帯。キチンと帯を結ぶには、補正や伊達〆、帯枕などが必要となり、帯自体の重さや厚みも加わって、ますます胴回りが暑苦しくなってしまいます。

帯芯が入っていない兵児帯なら、帯板1枚でOK。軽くて涼しいうえ、自宅で洗うこともできます。

リボン結びにして下に垂らした部分2本を持ち上げて、帯にかぶせるように上側から差し込むだけで結べます。帯板はメッシュのものを使えばさらに涼しく過ごせます。

肌着は浴衣用でなくてもOK

「浴衣は素肌に着るのが粋」という声もありますが、自宅で湯上がりに着るのでなければ、やはり肌着は付けたいもの。

和装の肌着がなくても、普段着ているキャミソールやフレアパンツで代用できます。ブラジャーは付けないほうがキレイに着こなせますが、ノーブラでは不安という方にはスポーツブラがおすすめです。

グラマーな方は、和装ブラジャーをすればスッキリと着こなせ、着崩れの防止にもなります

浴衣を楽に着るための小物

下駄を履くなら予行演習を

下駄を履いていて、足が痛くなったという経験がある方は多くおられるようです。

筆者も若かりし頃に真新しい下駄を履いて出掛けたところ、鼻緒がすれて足の皮が赤むけてしまい、とても痛い思いをしたことがあります。

下駄を履く予定なら、予行演習が必要でしょう。痛くなりそうな足の箇所に予めバンドエイドを貼っておけば、痛い思いをせずにすみます。

履物はサンダルでもOK

バンドエイドでガードしても、やはり下駄は歩きにくいものです。花火大会やお祭りでは結構な距離を歩きますし、地道や石畳、河川敷はなおさら歩き辛いものです。

日頃から履きなれているサンダルがあれば、ぜひそれを履いて出かけることをおすすめします。ただし、下駄を履いた人に足を踏まれるとかなり痛い目に遭いますが…。

安全対策としてか?最近はスニーカーを浴衣に合わせる人も多いようなので、チャレンジしてみられてはいかがでしょうか。

手ぬぐいを半襟に

浴衣を着て出掛ける先は、たいてい屋外の人混みです。いくら涼しい着こなしをしていても、はやり汗をかくのは避けられません。

浴衣に手ぬぐいで半襟をつけておけば、汗をよく吸ってくれ、快適に過ごせます。手ぬぐいを細長く4つ折りにして首に掛けて安全ピンで止めるだけでOK。手ぬぐいはユニークなデザインのものが多くて、値段もお手頃です。

同じ浴衣でも半襟を変えればイメージが変わり、浴衣上級者に見えるかも?

汗止めベルトを使うなら

舞妓さんのお化粧が崩れない秘密として話題の汗止めベルト。市販品もありますが、手持ちの腰紐に結び目を2つつけて、左右の乳頭の5センチ上に当たるように締め付けるだけも良いようです。

「メイクが崩れない」「脇汗が減った」など『効果あり』という声が多く寄せられていますが、実際にやってみると結構苦しいし、胸から下の部分からの汗は増えてしまうみたいです。

汗止めベルトを使用するなら、ぜひ予行演習を行ってからにしましょう。出先で気分が悪くなってしまっては困りますからね。

浴衣が暑いときの対策・まとめ

暑い時の涼しげな姿は粋

夏の暑い日に、浴衣を涼しげに着こなした人がいると、タンクトップに半パン姿で汗だくになっているおじさんでさえ、しばし暑さを忘れたように見とれてしまっています。

浴衣姿を粋に決めるコツは、何よりも涼しげに着こなすことです。

もし京都にお越しの予定なら、下鴨神社のみたらし祭【7月22日(土)~30日(日)】へぜひ!女子はもちろんのこと男子の浴衣姿もサマになっていて、見るからに涼しげでいいですよ。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【脱力】です。

力んでいると、本人はもとより周りの人もなんだか暑苦しく感じませんか?暑さを凌ぐには、余計な力を抜いてリラックスするといいようです。

※今日はボタモチ1個追加!

-暮らし
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

粕汁のおすすめ具材は皮くじら!酒粕の量や美味しい作り方も紹介

寒くなると、関西人は粕汁が恋しくなります。具材は地域や家庭によってさまざまですが、ぜひともおすすめしたいのが皮くじらです。 今回は、播州でメジャーな皮くじらを使った粕汁の美味しい作り方をご紹介。これま …

猫は大人気のペット!飼いやすくて留守がちのお宅でも大丈夫

我が家には、この秋で12歳になる猫(サバトラ・女子)がいます。下の子が拾ってきたコです。 今回は、ペットとして猫の人気が高まっている理由や、楽な飼い方など、猫と暮らした実体験をもとに語ってみたいと思い …

夫の洗濯物の手ごわい臭いも解消できる、洗濯と収納のコツ!

キレイに洗ったはずなのに、なんだか臭う・・・がっかりしますね。特に衣替えで取り出した夫の衣類、明らかにクサイ!春なのにゲンナリです。そんなお悩みを解消できる、ちょっとしたコツをご紹介しましょう。

野菜の皮は捨てないで!おいしい食べ方ともっと手抜きの料理法

野菜の皮には栄養がいっぱい含まれているので、皮をむかずに食べるのが一番です。でも、料理によっては皮をむいたほうがよいこともあるでしょう。 今回は、そんなときにぴったりな野菜の皮のおいしい食べ方と、おま …

お墓がいらないなら遺骨の処分は?散骨や樹木葬は自分でできる?

お墓がいらないという人が増えていますが、お墓なしで遺骨の処分はどのようにするのでしょうか。遺骨の処分を間違えると逮捕されることもあるため、正しいやり方を知っておく必要があります。 また、散骨や樹木葬は …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

人気記事

まだデータがありません。

カテゴリー

お問い合わせはこちら