社会生活

いじめない・いじめられない子に育つ小学1年生からの社会教育

投稿日:

子供たち

無事に小学校デビューを果たし、お子さんの行動範囲はずいぶんと広がったのではないでしょうか?一方、親の目の届かないところで、我が子がいじめに巻き込まれたりしないか気に掛かるところです。

お子さんの社会性を育み、だれとでも良い関係を作れるようになれば、いじめの心配はなくなります。今回は社会性の育て方についてです。

社会性とはどんなもの?

社会性は勉強より大切

社会性は、勉強の成績よりもっと大切なものです。社会性が乏しいと、能力が高くて努力をしているにもかかわらず、なぜか人生がうまくいかなかったりするのです。

社会性は、社会で生きていくために必須のもので、他者との関係性として現れてきます。

社会性は時間を掛けて育ってゆくものであり、人格形成に大きな影響を及ぼすため、できるだけ早いうちから、社会性を伸ばすための働きかけを始めることをおすすめします。

また、社会性は、主張せず周りが丸く収まるようにすることではありませんし、皆にいい顔をする八方美人でもありません、字面は似ていますが、社交性とも別モノで、社交性が低くても、社会性の高い人はたくさんいます。

小学生にとっての社会性とは

社会性について、小学1年生に説明するなら、お互い助け合いながら生きているということと、皆が守るべきルールがあるということでしょうか。

社会性の具体的なスキルとしては、人の話を聴く・規則を守る・責任ある行動をする・助けを求める・人のために行動する・自分の感情を見守るといった、他者と良い関係性を築くためのものです。

これらは社会性を高めるためのトレーニングとしても有効なものでもあります。

社会性がないとどうなるの?

小学1年生では、まだ黙って人の話を聞くことさえ難しいと思います。

  • 言いたいことを言い合ってケンカが始まる
  • 規則を守らない子への非難が集中する
  • 無責任な行動で周りに迷惑を掛ける
  • 助けて欲しいのに泣いているだけ

などのように、まだ自己中心的な言動が多く見られます。

自分以外の他者へ目が向かないことが原因ですが、こんなことをしていれば、だんだんと友達はいなくなってしまうのです。急がば回れ、自分だけのことを考えていると、結局後で自分が困ることになってしまいます。

とはいえ、いい年をして、似たようなことをしている大人もたくさんいます。社会性は、一生かけて身につけていくものだからです。

社会性を育てるには?

必要なのは、広い視野と豊かな情操と小さな勇気です。これらは毎日の暮らしの中で、少しずつ養われてゆきます。

視野を広げる

まず、世の中には規則と言うものがあって、それはみんなが守るべきものだということを教えましょう。そして、みんなで助け合って生きているということも理解させなければなりません。

そのためには、小学生1年生といえども、家を一歩出れば社会の一員であることを自覚させることが大切なのです。その場にいる他の人たちのことを考えた言動をとることは、社会性を養うために良い訓練となります。

電車の中で騒がないことや、レジでは並んで待つことなど、日常生活の中でいくらでもチャンスはありますね。また、困っている人に声をかけるなど、親が手本を示すことも大切です。

豊かな情操を育む

情操というと難しい解釈をされがちですが、真・善・美に価値を見出す感性と、心を深く見つめる目だというのが筆者の解釈です。

感情から気持ちへシフト

小学1年生であっても、相手の感情は理解できるはずです。相手の立場や事情を理解することは難しくても、相手が怒っている、悲しんでいるということはわかるものです。

それがわかればこそ、なぜ怒っているんだろう、悲しんでいるんだろうと考えることができるようになります。

他人の気持ちがわかるには

情操教育といっても、お稽古に通う必要はありません。そんなことよりも、お子さんの話をしっかりと聞いてあげることが大切です。

このときに注意すべきことは、意見や忠告はいったん横に置いて、まずはお子さんの気持ちを汲んであげることです。自分の気持ちを共有してもらえた体験が、他人の気持ちを考えようとするために必要となります。

心豊かなひとときを

動物や植物を育てる、絵や工作などを楽しむ、本を読む、海や山で自然の息吹を感じるといったこともおすすめです。

もしお子さんが望めば、あなたも一緒に楽しんでみてはどうでしょうか?こんな時間を持てるのは、せいぜい小学校低学年までの期間限定、忙しいからとおざなりにするのはもったいないことです。

少しばかりの勇気を育む

まだ自己の確立ができていな小学1年生でも、小さな勇気を育てることはできます。勇気が育てば自己の確立も進んでゆき、社会性も育ってゆきます。

世の中や他者を信じる勇気

世の中や他者を信じるには勇気が必要です。この勇気は、一番身近な親を信じられてこそ持つことができます。

まだ何もわからないように見える子供であっても、親のことは良く見ています。すぐにバレるような嘘で子供をごまかしたり、親ができもしないことを子供に押し付けたりしていては、子供が親を信じるようにはなりません。

もちろん親だって発展途上ですから、失敗したりうっかりしたりということはしょっちゅうでしょう。そんなときは、素直に失敗したことを認め、今度はちゃんとやるという正直さと素直さを示せばよいのです。

自分を信じる勇気

自信は、親が自分を信じてくれているという実感から育まれるものです。自分を信じるといっても、「自分はなんとかやっていけると思う」という程度のもので充分。

これは、体験に裏打ちされて強化されるものですが、最初の一歩を後押しするのは、親が自分を信じてくれているという実感です。

小さいころは、親と自分との境界線はあいまいなため、親が思っている自分の姿が自己イメージに与える影響はとても大きくなります。

親が自分にOKを出している、だから自分はOKだといった感じの流れで、失敗してもOKという親の大らかな態度が、お子さん自身の自己イメージを良きものとしていくのです。

社会性が我が子を守る

社会性が育っていれば、どこででも誰とでもよい関係性を築くことができます。近い将来、お子さんが怒涛の思春期を迎えても、身につけた社会性を駆使してうまく乗り切ってくれるでしょう。

お子さんの生きる社会が広がれば広がるほど、親がしてやれることは少なくなってゆきます。まだ、お子さんが半分手の中にいる今のうちに、あとあと役に立つ種をまいてあげたいものですね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【示し】です。

子供は親の言うことは聞かなくても、親のすることはよく見ていて真似をします。子育ての奥義は、真似されても困らない姿を子供に示すことなのです。

※今日はボタモチ1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

敬老の日には何をするの?何歳から?何もしないのはアリ?

以前、筆者の所属する事業所で敬老会の開催を告知した際、「自分は対象者じゃないから興味ない」と言う声が大変多くありました(会員の多くは70歳以上なのに…)。 当日は閑古鳥かもと思っていたら、なんと定員超 …

新幹線で無差別殺傷事件が!万一に備えて対処法と自衛策を伝授

9日午後10時前、東京発新大阪行き「のぞみ265号」の車内で、3人の乗客が殺傷されるという痛ましい事件が発生しました。日本の安全神話は完全に崩壊したようで、近年車内での暴力事件は頻発しています。 今回 …

上級救命講習の内容とは?受講に必要な費用や有効期限も紹介

あなたが心肺停止状態になったとき、救急車が来るまでの間に周りの人がどのような行動をとるかによって、あなたの運命は決まります。もし誰かがあなたに心肺蘇生法を行い、AEDを作動させてくれたなら、再び目を覚 …

日記が続かないのはなぜ?書くことに意味や効果はあるの?

日記が続かないという声がよく聞かれます。元旦に一念発起して書き始めたものの、気づけばすっかりご無沙汰になっている今日この頃かもしれません。 今回は、日記を続けるコツや簡単な書き方、日記を書くといいこと …

鈍感さで周囲にストレスを与えている迷惑な人への対処法とは?

鈍感な人からの迷惑を被っているなら、黙って我慢している必要はありません。もちろん、煮ても焼いても食えない相手を変えようなどという、難行苦行に取り組もうなんてこともしません。 あなた自身をどうやって守る …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら