お金

所得税非課税でも住民税は課税される?後から取り戻す方法はある?

投稿日:2019年6月24日 更新日:

住民税納付書

パートで働いている知人は、先日職場で配られた今年度の「住民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書」をみてびっくり。年収100万円以下なのに、住民税が5,800円掛かっていたからです。パートは100万円以下なら所得税も住民税も掛からないと思っていたのですが、それは甘い考えでした。

今回は、所得税が非課税なのになぜ住民税か課税されるのか、後から取り戻す方法はあるのかについてです。

所得税非課税でなぜ住民税が課税されるの?

所得税と住民税では非課税になる所得額が違う

まずは、所得税と住民税についてついておさらいしておきましょう(「所得割」と「均等割」については、後ほど説明します)。

 

所得税

住民税

内容

その年(1月1日~12月31日)の個人所得に対して課税される

前年の1月1日~12月31日の個人所得に対して課税される「所得割」と、一律負担の「均等割」の合計

税率

所得が高くなるほど税率も高くなる(税率:5%~45%)

所得割:10%
均等割:基本5,000円(自治体によって異なる)

所得税と住民税では、非課税になる所得額が違っています。その理由は、それぞれの「基礎控除額」に以下のような違いがあるためです。

  • 所得税の場合
    65万円+基礎控除38万円の合計103万円以下の年収なら非課税
  • 住民税の場合
    所得控除65万円+基礎控除33万円の合計98万円以下の年収なら非課税

給与年収が162.5万円までの場合、所得控除は65万円となり、基礎控除の33万円と合わせて給与から差し引いた額に対して課税されます。

ここで、住民税の基礎控除は35万円なのでは?と思われたかもしれませんが、所得控除後の年収が35万円以下なら住民税の所得割が非課税になるという限度額で、税額の計算で用いられる基礎控除額は33万円です。

住民税の所得割と均等割とは

住民税では、所得割と均等割の2種類が課税されます。住民税の所得割では、所得控除の65万円を差し引いた収入額が35万円を超えなければ課税されません。

一方均等割の控除額は28万円~35万円と幅があるため、年収が100万円以下であれば所得割は課税されないけれど、均等割は課税されてしまうことがあるのです。

住民税は住む場所によって金額が違う!

年収が100万円以下でも均等割が掛かることも

先に説明した均等割における課税対象額の幅は、住んでいる地域によって決まるのです。知人の年収は97万円ちょっとなのに、均等割が掛かっていました。実は住民税の均等割が掛かる年収には、以下のように地域格差があるのです。

  •  1級地⇒所得35万円(年収100万円)以下
  • 2級地⇒所得32万円(年収97万円)以下、もしくは所得31万5,000円(年収96万5,000円)以下
  • 3級地⇒所得28万円(年収93万円)以下

2級地に住んでいる知人の場合、もし1級地に住んでいたら均等割は掛かりません。所得割は全国一律で年収100万円以下なら非課税ですが、均等割については、住んでいる場所によって課税される年収に違いが表れるのです。

均等割の金額にも地域格差が

平成26年度から令和5年度までの均等割は、原則として市町村税が3,500円・道府県税が1,500円です。

この額を標準として、森林環境税の名目で道府県税に300円から1,200円程度上乗せしている自治体が多いようです。ちなみに筆者と知人が住んでいる兵庫県の道府県税は、2,300円となっています。

県内の級地に関しては幅があるのに均等割の額は県内一律ということについて、知人は「納得できない」と憤っていましたがどうしょうもありません。

均等割が非課税になるケースは?

均等割が非課税になるケースは以下のとおりです。

  1.  生活保護を受けている場合
  2. 寡婦・寡夫、障がい者、未成年者で前年度の所得が125万円以下(給与だけの場合なら給与収入204万4,000円未満)の場合
  3. 前年度の所得が各市町村の条例で定める金額以下の場合

3の部分が先に挙げた地域格差にあたります。級地は、生活保護基準の級地区分が元になって決められており、平たくいえば都市部のほうが生活にお金がたくさん掛かるから、課税対象限度額も高くなっているわけです。

とはいえ、均等割を払いたくないから1級地(兵庫県なら神戸市とその周辺、もしくは姫路市・明石市)に引っ越すというわけにもいきませんね。

後から住民税を取り戻す方法はある?

生命保険控除を活用すればOK

生命保険料控除とは、年間に支払った生命保険料に応じた額を所得金額から控除することができるというものです。住民税は最大7万円まで控除できるので、うまくいけば均等割の課税対象額以下に所得金額を抑えることができるかもしれません。

知人は年収が100万円以下ということで、年末調整をしていませんでしたが、生命保険控除は5年以内であれば後からでも申告できるので、今からでも遅くはありません。

もっと税に関心を持とう

住民税

給与所得者は税に無関心?

給与所得者の場合、税金の支払いは会社が代行してくれます。そのためか、自分が税金をいくら支払っているのかについても無関心という方が多いようです。知人の場合、所得税と住民税を混同して年末調整すらしていないありさまでした。

けれども今回のことで、住民税が消費税と同様に累進課税でないことを知り、かなり驚いていたようです。無関心を決め込んでいると、ロクなことにならないかもしれませんね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【思い込み】です。

自分は大丈夫と思い込んで、しかるべき手を打たないままでいると危険です。「大丈夫」といえる根拠はあるのか、その根拠は本当に有効なのかなど、折を見て点検したいものです。

※今日のボタモチ、1個追加!

-お金
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

副業に開業届は必要?出すタイミングや青色申告のメリットも解説

副業として自分で事業を始めるとき開業届が必要といわれていますが、届けを出さなくても開業はできるようです。けれども開業届け出さないと青色申告ができないため、どのタイミングで届けを出せばよいのかも気になり …

定年後に働くと年金がもらえない?そんなの損!何とかしたい

定年後も働き続けることは、老後の三大不安(お金・健康・孤独)を解決する切り札です。しかし、「定年後は働くと年金がもらえなくなる」という理由で働かないという方もおられます。 今回は、働いたら年金はどうな …

ウォシュレットの耐用年数は?延長保証と修理代とはどっちがお得?

先日26年使い続けたトイレを新調したのですが、業者さんからウォシュレットの10年延長保証を勧められました。ウォシュレットは通常、26年も持たないということで…。 今回はウォシュレットの一般的な耐用年数 …

イオン銀行金利改悪でシルバーが大幅に下落!ゴールドを目指すべき?

イオン銀行の普通預金はこれまで0.10%と、定期預金より高い金利がウリでしたが、この春から改変(改悪?)されることになりました。結果、筆者の預金金利は0.05%と半減してしまうことに…。 けれども、ス …

タンス預金のメリットとデメリットであるリスクの検証をしてみた

マイナンバー以降、目立って増えているのが『タンス預金』。資産家ばかりではなく、高齢者の間でも人気が高まっています。でも、自宅にまとまった現金を置いておくのは無用心ですよね。 今回は、タンス預金を実践し …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら