健康生活

職場のエアコンが寒い!風の直撃と身体が冷えた時の対策は?

投稿日:2017年7月9日 更新日:

ペンギン

職場のエアコンが寒くて困る…

風が直撃すると身体が冷えて痛くなる…

営業帰りの男性社員は「暑い」からと、さらに温度を下げる…

毎年夏になると、職場のエアコンに悩まされますね。このままでは凍死しそう…そこで、今回は職場のエアコン対策を考えてみることにします。

職場のエアコンが寒い!なんとかしたい

外回りから帰った男性社員は確かに暑そうです。ご疲れ様とは思いますが、エアコンの温度をさらに下げるのはやめてほしい。

ここでエアコンバトルが勃発しますが、なかなか決着がつきません。まずは、あなたの寒さを解消する方法を考えましょう。

まずは着込んで武装!

寒さから身を守るために一番簡単で効果的なのが『着込む』こと。冬場の寒さ対策を思い出して、それを実行すればいいのですが、注意したいのは下着。

ヒートテックなどを着込めば確かに暖かいけれど、通勤途中で汗だくになる恐れがあり、汗をかいた状態で冷房が効いたところにいると、とてつもなく冷えてしまいます。

着込むのは、着脱可能なものにしたいものです。フリースのパーカーやダウンのひざ掛けなど、片付けた冬物を引っ張り出して、完全武装しましょう。

腹巻きも有効です。蒸れにくく吸湿性に優れた夏仕様のものなら、汗をかいても安心です。

ピンポイントで温める

貼るタイプのカイロを活用しましょう。おすすめはお腹と腰をサンドイッチするように貼る方法。内臓を温めることで身体全体が温まり、手足の冷えも和らぎます。

首の後ろや背中にも貼れば、血行が良くなり冷えから来る肩こりや背中のこわばり、頭痛を和らげてくれます。

小型ヒーターを投入

小型ヒーターをこっそり足元に置けば、寒さ対策はバッチリです。

冷えすぎるほどエアコンを効かせている職場なら、省エネにさほど力を入れていないと判断できるので。あなたのヒーターに目くじらを立てることはないでしょう。

しかし、ここまでやるのはちょっと…と思われる方には、湯たんぽをおすすめします。給湯室でお湯をもらって足元に置けば、かなり寒さを凌ぐことができます。

温かい飲み物でほっこり温まる

ホットドリンクで身体の中から温めましょう。

生姜とシナモン入りの紅茶がおすすめです。普通に市販されているティーパックの紅茶に、パウダータイプの生姜とシナモンを加えるだけでOK。

甘いのがお好きな方は、黒糖をどうぞ。白砂糖は身体を冷やすので避けたいものです。

お汁粉もいいですね。さらし餡(粉末の乾燥こしあん)に黒糖と塩、砕いた葛粉を混ぜたものに、熱湯を注げばできあがりです。小豆と葛粉の温めパワーが効きますよ。

コーヒーはホットでも身体を冷やすので、冷えが気になるときは控えめにしましょう。

エアコンの風が直撃!逃れる方法は?

エアコンの温度以上に冷えるのが風の直撃。職場の席替えは意外と難しく、別の対策を考えなければなりません。

おすすめはエアコンに取り付ける風よけやサーキュレーターで風を散らすこと。職場の理解が得られたらぜひ導入したいものです。

風よけやサーキュレーターが挫折した場合には、吹き出し口にクリアファイルをテープで貼るだけでもかなり違います。

パーティションの利用もおすすめです。もっと手軽にしたいなら、適当なサイズに切ったプラ板を、デスクやファイルケースなどにテープで固定して、衝立を自作するのもOKです。

もし職場のエアコンが天井型でなく、家庭によくあるタイプのものなら、ルーバーをあっちに向けるだけで風が来なくなります。うまくいけばラッキーですね。

エアコンでの身体の冷えは温めて対策

職場での防衛も虚しく、身体が冷えてしまったなら、お家に帰ってから解凍しましょう。

一番のおすすめはお風呂。湯船にじっくり浸かって身体の芯から温まれば、コリや冷えとともにストレスもほぐれてゆきます。

入浴剤は、温め効果の高い塩系がいいでしょう。香りのいいモノだとリラックス効果もいっそう高まります。

>>クナイプバスソルト

注意したいのがお風呂上がり、クーラーの風に当たって涼むのはいけません。

汗が引くまでは、バスローブやプールで使うラップタオルにくるまって、扇風機にあたりながらゆったりと過ごしたいものです。パジャマを着るのは汗が引いてからにしましょう。

また、昼休みやお使いなど、職場の外に出られる機会は逃さず活用して、こまめに身体を冷えから守ってください。

職場のエアコン対策・まとめ

エアコンの冷えは軽視できない!

節電とかクールビズとかが掛け声だけに終わっている職場の場合、あなたを冷えから守るのはあなた自身です。

エアコンの冷えのダメージは夏だけでは終わらず、あなたの健康を奪ってゆくものです。この夏こそ、職場のエアコンの悩みを解消してくださいね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは、【防衛】です。

敵の攻撃から身を守るためには武装が必要です。この夏は難攻不落の要塞と化し、秋まで持ちこたえましょう。

※今日はボタモチ1個追加!

-健康生活
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

登山の初心者向けアイテムを紹介!スマホの賢い使い方も

「山の日」が祝日となってから、人々の登山への関心が高まっているようで、初心者向けの登山講習会などは大賑わいとなっています。それにともなって山岳遭難の捜索救助活動件数も増えており、山の安全対策への取り組 …

マウスで手首が痛い!疲れない持ち方や選び方など対策を紹介

パソコンの操作でマウスを長時間握りしめていると、手首が痛くなることはありませんか?無理のある体勢を続けていると痛くなるのは腰や肩だけではなく、手首も凝り固まって痛みを感じるようになるのです。 今回は、 …

そのダイエットは無駄かも!健康的な体型をキープするには?

ダイエットへの関心は、年代を問わず高いものがあります。本来ダイエットは健康のための食事を指す言葉でしたが、いつのまにか痩せることを指すようになってしまいました。 今回は、無駄なダイエットをせず、健康的 …

睡眠時無呼吸症候群で子供の症状や検査方法は?治療で治せるの?

睡眠時無呼吸症候群は突然死の原因にもなる怖い病気ですが、なんとなく中年の太った人がなるように思っていませんか?実は、お子さんの間にも睡眠時無呼吸症候群は広がっているのです。 お子さんのいびきや口呼吸、 …

塩分不足でこんな症状が!熱中症やめまいは減塩が原因かも?

塩分の取りすぎが健康に良くないことは、よく知られています。しかし、いきずぎた減塩は熱中症だけでなく、さまざまな症状を引き起こす原因となるのです。 今回は、特に夏場に気をつけたい、塩分不足についてです。 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせ

お問い合わせはこちら