社会生活

熟年離婚を妻から切り出す理由 夫はそれを理解できない

投稿日:

熟年離婚を切り出すのはほとんどが妻で、夫は寝耳に水というのがよくあるパターンだそうです。また、妻が離婚を決意した理由は、夫のギャンブルや浮気などの分かりやすいものであることは少なく、夫側はますます理解に苦しむのだとか。

妻が熟年離婚を決意する、ギャンブルや浮気以外の理由とは何なのでしょうか?これを知っておけば、熟年クライシスを未然に防ぐことができるかもしれません。

熟年離婚は妻から切り出す

熟年離婚は増加の一途

結婚後25年以上過ぎてから危機を迎える熟年夫婦が増えていて、夫が定年を迎えて以降の高齢期での離婚も珍しいことではなくなりました。

熟年離婚の増加率はこの10年で2倍近くなっていて、離婚を切り出すのは圧倒的に妻からが多いのが現実です。

妻に離婚を告げられたときほとんどの夫にとっては寝耳に水で、なぜ妻が離婚を望んでいるのかさっぱりわかりません。

夫は寝耳に水

熟年離婚を切り出す妻は、これまで夫と夫婦喧嘩をすることはあまりなかったというケースが多いようです。

夫にすれば、自分への不満がないからこれまで妻は何も言わなかったと理解しているのでしょう。だからこそ突然妻から切り出された離婚を受け入れ難いものと感じるのです。

しかし、妻は夫への不満がなかったのではなく、「夫には何を言っても無駄」と諦めたから何も言わなかったのです。

遠慮なく喧嘩できる夫婦は、意外と仲が良いもの。夫婦喧嘩さえできない妻と夫の間には、マリアナ海溝より暗くて深い溝が横たわっているのです。

しかし夫はそんなことは露知らず、今日まで過ごしてきました。

熟年離婚を決めた妻の理由

性格の不一致

多くの場合で離婚の理由として挙げられる「性格の不一致」ですが、かなり漠然としています。それに、いきなり性格の不一致が発生するようなことはなく、夫にすれば「何を今更」というのが本音でしょう。

しかし、妻からすれば不満や我慢は消えるものではなく、長年積もり積もって心の中で岩盤のようにゆるぎないものとなっているのです。

こんな妻の胸のうちを夫が納得できるはずもなく、妻がなぜ離婚を切り出したのかを理解することはできません。

主婦を定年したいから

夫が定年になり家でゴロゴロしていても、妻は相変わらず主婦をやめられません。

子育てが終わったときに、妻たちの多くは気持ちのうえで一度目のリタイアを迎えますが、このときに気付くのが「夫の世話は子供のついで」だったということ。

しかし、夫が働いている間は引き続き主婦を続けます。そして、夫が定年を迎えたとき、自分だけ主婦を続けなければならない理由はなくなるのです。

嫁を廃業したいから

長男の妻の場合には、嫁の務めも大変です。

舅・姑をはじめ義理のきょうだいやその他の親戚との付き合いと冠婚葬祭に加え、仏壇や墓があれば法事などの段取りから切り盛りまで全て嫁の仕事です。ここに介護問題が勃発すれば、アラートは激しく点滅します。

夫との関係が良好であっても気が重いのがこれら一連の作業です。夫との関係に未来が見えない状態で、夫の一族へのご奉仕を続けることは苦痛でしかありませんが、夫と離婚すれば嫁を廃業することができるのです。

☆熟年離婚の引き金になりかねない介護問題

清算できる状態になったから

夫の疑問である「なぜ今更」への答えは、「清算できる状態になったから」です。

子育てを終え、母親としての責任を果たすことができました。そして、結婚生活で築いたものは、夫の定年によって清算できる状態になったのです。

つまり、「今更」ではなく「今だから」妻は離婚を決意したのです。

熟年離婚を妻が切り出す理由・・・まとめ

夫はそれを理解できない

おそらく夫の多くは、ここに書いてあることを理解できないでしょう。そして、妻が離婚を翻意するよう、おどしたりなだめたりするのです。

しかし、妻が熟年離婚を切り出したのは「最後通告」であって、今更遅いのです。妻に去られると困るのであれば、ここに至るまでに発せられていたはずである「不穏な空気」に気付くべきでした。

結局、熟年離婚は長年妻を顧みなかったことのツケを、一括請求されたようなものです。潔く完済して、新たな人生を踏み出すのが爽やかでしょう。何せ長寿社会ですから、先はまだまだ長いのです。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【終焉】です。

立つ鳥跡を濁さず、終わりよければ全てよし、人間も引き際が肝心です。有終の美を飾れるよう、心積もりしておきたいものですね。

※今日はボタモチ、1個追加!

-社会生活
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

母の日と父の日にはペアギフト!おすすめの理由&いつ渡す?

今年も母の日と父の日が近づいてきました。もうプレゼントはお決まりでしょうか?ご両親のよろこぶ顔を思い浮かべながら、あれこれとプレゼントを選ぶのは心楽しいひとときですね。 ところで、母の日の盛り上がりに …

日記を続けるコツは気の向くままが正解!もっと楽しく書こう

日記を書くといいことがいっぱいあります。日記を続けるコツは、楽々と楽しく書ける仕掛けをつくること。 お気に入り文具を見つけるヒントから、5年前から日記を書き続けている、筆者の楽ちん事例までをご紹介しま …

塾へ行かない方が学力はつく?自学自習で丈夫な頭を育てよう

塾の費用が高く付いて、アタマとフトコロが痛い…という声が多く聞かれます。小さいうちはまだ知れていますが、進級・進学とともにどんどん費用も上がってゆきます。 また、塾へ行き始めると、そのまま最後まで塾の …

サラリーマンの副業でバレない方法や仕事は?バレたらどうなるの?

先細りの経済状況下、将来に不安を感じるサラリーマンが増えていることから副業への関心が高まっています。国も副業を奨励していますが、今なお副業禁止という会社も少なくありません。 そこで気になるのは、副業し …

敬老の日には何をするの?何歳から?何もしないのはアリ?

以前、筆者の所属する事業所で敬老会の開催を告知した際、「自分は対象者じゃないから興味ない」と言う声が大変多くありました(会員の多くは70歳以上なのに…)。 当日は閑古鳥かもと思っていたら、なんと定員超 …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら