老化対策

もう老後などない 超高齢社会の生き方は「人生二毛作」

投稿日:2017年6月7日 更新日:

スカイダイバー

「老後に備えて貯金をしよう」「いや、こんな低金利時代は投資しかない」などなど、老後の資金をいかに準備するかは、とても気になるところですね。

一般に、老後の備えには3千万円は必要だといわれていますが、誰もがみんな、これだけの金額を準備できる見通しはついているのでしょうか?

今回は、従来のような年金で悠々自適といった老後など、もう望めなくなったという現実を踏まえ、長い老年期を生きるための心構えについて考えてみます。

もう老後などないってどういうこと?

日本の現状

日本は、すでに超高齢社会に突入しています。WHOの定義によると、全体の人口の中に占める、満65歳以上の割合(高齢化率)が21%を超えた社会を「超高齢社会」というのだそうです。

社会の高齢化は先進国の証明のようなもので、日本での高齢化は、世界最速のスピードで突き進んでいます。2015年時点で日本の高齢化率は26.7%、すでに日本人の4人に1人以上が65歳以上です。

さらに、2060年には高齢化率は39.9%に達し、2.5人に1人が65歳以上となる見込みです、

長生きすれば迷惑?

秦の始皇帝でさえ遂に手に入れることが叶わなかった不老長寿。現代日本人は、その半分をすでに手中に収めています。

社会が安全で暮らしやすく、医療サービスが行き届いているからこそ、みんなが長生きできる…実にめでたい話ではありませんか。

それなのになんと、「長生きのリスク」などと不名誉な言い方をされています。なんだか長生きすることが迷惑な雰囲気です。

もはや老後などない?

今から50年前の1967年の平均寿命は、男性68.91歳・女性74.15歳。この頃は定年が55歳だったので、年金受給開始後14年~20年で黄泉の国へ旅立たれていました。

2017年現在の平均寿命は、男性80.75歳・女性86.99歳、65歳の年金受給開始後16年~22年で旅立たれています。

この年数だけを見れば、50年前と比べてさほど年金を圧迫しているようには見えませんが、これは平均寿命の「マジック」です。

2015年のデータによれば、平均寿命に達した方の平均余命は、男性で約8.9年・女性で約8.4年、つまり年金受給開始後、25年~30年の寿命を全うされているのです。

定年後の年数が、現役時代の年数にどんどん近づいているということで、もはや老後は、現役時代の「オマケ扱い」では済まされなくなっています。

老後という生き方を変えよう

長い老年期を過ごす人が増えてくれば、年金・医療・介護費が嵩み、若年層に重い負担を強いています。

超高齢社会における最大の問題はココなので、もし高齢者の多くが、大した病気もせずに、最後まで現役人生を全うできるのであれば、長生きはノープロブレムなのです。

若い頃から老後のために切り詰めて貯金したり、子供を持つことをあきらめたりすれば、ますます消費と出生率が落ち込み、日本の未来は文字通りお先真っ暗となってしまいます。

それよりも、元気で稼げる老年期を目指して今から準備を始めた方が、未来は明るいと思いませんか?もはや年金で遊んで暮らすには、定年後の人生は長すぎるのです。

老後は人生二毛作に転換!

二毛作では、同じ土地に1年間で2種類の異なった作物を栽培し収穫します。

これからは人間だって二毛作時代。定年で前半の仕事を終えたら心機一転、今度は別の新たな仕事を始めましょう。

人生の旨味が2倍になり、ボケてるヒマなどありません。日々是充実、これぞまさしく薔薇色の人生ですね。

今日のボタモチ

今日のボタモチは【表裏(ひょうり)】です。

第二の人生を遊んで暮らせることは、幸福なのか?死ぬまで働くことは、不幸なのか?真実は裏にあり?

※今日はボタモチ1個追加!

-老化対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

老後も健康で過ごしたいなら運動と良い生活習慣を今すぐ始めよう

すでに定年が見えてきているのに貯金ができていない、あるいはローンがまだ残っているなど、出遅れてしまった感のある方。何の問題もありません、 今日が人生で一番若い日、ローリスクハイリターンな老後対策である …

将棋で認知症予防?シニアから始める趣味としてもおすすめ!

中学生プロ棋士・藤井聡太四段の活躍で人気急騰中の将棋。お子さんから高齢者まで一緒に楽しめる将棋は、認知症予防や脳トレとしても効果が期待できるものです。 今回は、将棋の脳トレ効果や、これから将棋を始めた …

遠近両用メガネは期待はずれ?上手な使い方のコツは使い分けにあり

遠近両用メガネと使い始めて分かったことは、「これ一本でオールマイティー」とはいかないということです。遠近両用メガネを上手に使っている方々は、自分に合わせて複数のメガネを使い分けておられます。 今回は、 …

ネオジンの鼻パッドなしメガネはずれるのでは?跡がつかないのは本当?

メガネをかけていると、鼻パッドの当たっているところが痛くなって困っていました。そこで遠近両用メガネの購入に際して、鼻パッドなしのメガネを試してみることにしたのです。 今回は、鼻パッドなしメガネの使用感 …

自宅で家族が死亡したとき救急車を呼んだら警察が来るって本当?

家族が自宅で死亡した場合、救急車を呼んだら警察が来て大騒ぎになるという話が広まっています。仕事柄、筆者は高齢者と日常的に接しており、そのなかのおひとりが、ご自宅で誰も知らないうちにひっそりと亡くなられ …

プロフィール

若杉ひふみ
兵庫県生まれの兵庫県育ち
アラ50のO型
現在、昼間は介護予防事業、アフター5はエイジレスライフ実現への考察と実験に勤しむ日々です。
介護予防につながるエイジレスライフの奥義は、好奇心を失わないこと。その実践として「興味本位」な毎日を過ごしています。おいしそうなボタモチはとにかく食べてみよう!ということで、新たな世界との出会いに加え、足腰が強くなるというおまけも付いてきました。
そんなボタモチたちを集めたのがこのブログです。稔り多い人生を祝う「祝活」を目指す日々が、ボタモチとなって棚の上に積み上がり、いつかナイスなタイミングで落ちてくるかも?

検索

カテゴリー

お問い合わせはこちら